サイトマップ

信州の温泉

信州に引っ越してから、温泉に行く回数が増えました。
それもそのはず、信州は至る所に温泉が湧き出している「温泉大国!」

先日、地元テレビで、1軒105円で温泉が楽しめる方法がある、という番組を見て、早速その手形を手に入れることにしました。

信州物味湯産手形1













これがその「信州物味湯産手形」で、1冊1260円です。
この手形を見せると、なんと12施設の温泉に無料で入浴できるんですよ!

無料入浴できる施設だけでも全部で58ヶ所あります。 
もちろん施設によっては割引だけのところもありますが、私の住む、日本アルプスエリアだけでも、18軒の無料入浴施設があります。

信州物味湯産手形3













入浴料は施設によって様々ですが、だいたい1軒500円として計算しても、
3軒行けば元が取れちゃいます。 しかも1年間有効! 絶対にお得です!

実は、駅前の観光案内所に手形を買いに行ったら、なんと在庫切れ。
テレビの力って本当にすごいですよね!

信州物味湯産手形2













手形には「長野県広域MAP」も付いていて、
「無料入浴」温泉施設だけでなく、手形があれば割引や特典が受けられる施設や桜の花や紅葉の見どころなども満載です。

信州は南北に長いので、まだ訪れたことのない温泉が沢山あります。
とても日帰り入浴では行けない温泉も多々ありますが、ちょっと遠方にも足を延ばしてみたくなりました。

これは温泉好きの人にはたまらない手形だと思います。
是非みなさんもこの手形を入手して、信州で温泉三昧してくださいね!

ロハスな生活

大町あめ市、第11回信濃大町雪まつりが開催されました。
信州にUターンしてから3度目の冬を迎えましたが、あめ市に出かけるのは、
なんと子供の時以来です。

今年は、まちなか のれんめぐり ウォークラリーというイベントがあって、完走(ゴール)すると大抽選会にチャンレンジできると聞き、事前にFAX申し込みをしておきました。 もちろん参加は無料です!

大町 あめ市


















朝から雪が舞い、辺り一面真っ白、きっとみんなの出だしも遅いだろうと思って出かけると、会場には長蛇の列が… 普段、商店街は閑散としていて、歩いている人を見かけるのは、通勤、通学時くらいなのに、みんなどこにいたの? というくらい沢山の人が集まっていてびっくり!!

商店街の5ヶ所のチェックポイントでスタンプをもらい、クイズに正解すると、大抽選会にチャレンジできます。 もちろん空くじなしです。

受付を済ませ、商店街の中にある「のれん」を目指して出発です。
クイズの答えはその「のれん」の中にあります。

のれん

















こちらは、「塩の道博物館」です。
子供たちによる売りだしが行われていました。

塩の道博物館













最近はどこでもゆるキャラが流行っていますが、
大町市のキャラクター「おおまぴょん」も参加していました。 
この日のために、「おおまぴょん弁当」なるものも作られたようです。

おおまぴょん













氷見市や黒部市のひものの販売や模擬店も沢山出店されていました。
陸前高田市のワカメのしゃぶしゃぶも無料サービス!

主人のお目当ては銘酒の利き酒、私は豚汁と以前食べた信州黄金シャモの振る舞いです。 寒い中、温かい豚汁を頂き、体が芯から温まりました。 商店街の皆さん、本当にご馳走様でした。

大抽選会の結果は末等、あめ市のあめ、昔懐かしい福助でしたが、久々に楽しい時を過ごさせていただきました。

福助あめ













普段は人通りの少ない商店街に、人がたくさん集まってわいわいがやがや、
みんなが楽しんでいる姿を見るのはとてもいいものですね。

これからも、楽しいイベントがたくさん企画されて、もっともっと大町市が活性化することを願っています。

ロハス 健康

「空腹」が人を健康にする「一日一食」で20歳若返る!の著者、ナグモクリニック総院長である南雲吉則医師は、もう10年近くも「一日一食」生活を実践しているそうです。

夫婦そろって健康オタクな私たちは、この本が出版された時も、TVの健康番組で南雲医師の生活が紹介されていたのを見ましたが、「一日一食」生活はちょっと無理だよね〜と思っていました。

普段から朝食は食べないので、一日二食しっかり食べていたのですが、
『お腹が「グーッ」と鳴ると、体中の細胞が活性化する!』
との医師の言葉に、ちょっと挑戦してみたくなりました。

しかし、いきなり「一日一食」はきついので、試しに、お昼を軽くしてみることにしました。 もちろん、無理は禁物!お腹が空いたら我慢せずに食べますが、食べない時はいつもお腹がグーグー鳴っています。

朝食を食べないということに関しては、人それぞれ異論もあると思いますが、
大切なのは、自分に合った食生活を見つけることが健康生活につながるのだと思います。

現在も一日二食生活を続けていますが、私にはこれが合っていると思います。体重も5キロ近く減りましたし、体調も良好です。 これ以上減るとちょっと心配ですが、学生時代の頃の体重をキープしています。

ちなみに「一日一食」生活を続けている南雲医師の奥さんは、普通の食事をされているそうなので、やっぱり人それぞれなんですよね。

今、大流行の南雲医師お勧めの「ごぼう茶」も、飲んでいます。
『ゴボウのポリフェノールは、あらゆる植物の中で最高のもの』だそうです。

これまで様々なダイエットを試みてきましたが、私にはこれが一番でした。
これからも、「一日二食」生活で健康ダイエットを続けたいと思います。

「空腹」が人を健康にする

「空腹」が人を健康にする
著者:南雲吉則
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



2012年も、駆け足で過ぎ去ってしまいました。
更新がままならない時もありましたが、ご訪問ありがとうございました。

〜*〜・〜*〜・〜*〜・〜*〜・〜*〜・〜*〜・〜*〜・〜*〜・〜*〜・〜*〜・〜*〜

今年十月に父が永眠致しましたため 新年のご挨拶を申し上げるべきところ
喪中につきご遠慮させていただきます

皆様にはよき新年をお迎えくださいますようお祈り申し上げます。
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。