サイトマップ

薪ストーブ

10月7日、穂高連峰や白馬岳周辺に初雪が降りましたね。
信州では朝晩の冷え込みが日に日に増してきた今日この頃です。

昨年は既に、爺ヶ岳にも初冠雪が見られましたが、今年はまだのようです。

最低気温が10度以下の日が増えてきましたので、そろそろ薪ストーブの出番です。 我が家のストーブは国産の鋼鉄製のストーブなので、毎年耐熱スプレーで錆止めをしますが、これがなかなか大変なんです。

薪ストーブ 塗装前














ストーブの周りを新聞紙で囲って、部屋が汚れないようにしようとしましたが、
部屋中が真っ黒になってしまいました。

特に床は、最終的にスプレーの粉が全部落ちてしまいますので、真っ黒です。
お蔭で靴下も真っ黒。

薪ストーブ 塗装後














でもこれでストーブは綺麗にコーティングされました。
また一年間安心して使えます。

夏の終わりには、煙突掃除もしました。
もちろん、煙突掃除は年一回だけではなく、何回もします。

煙突掃除前














こんなにすすが溜まっていました。
すすが5ミリ溜まったら掃除してくださいと言われましたが、
軽く5ミリは超えてますね。

長い針金の先にブラシが付いた煙突掃除用ブラシで、すすを押し出します。

煙突掃除














やはり煙突の横引きが長いと、すすが詰まりやすくなってしまうんですよね。
これは仕方がないことなんです。

煙突掃除後














ようやく、煙突の先に光が見えました。 これで貫通です。
煙突内のすすをしっかり取り除くと、またストーブが勢いよく燃えてくれます。

これで、いつ雪が降っても大丈夫!
今年は、早いうちに薪集めが終わったので、のんびりと冬を待つことができます。

ロハスな生活

今年も稲刈りのシーズンを迎えました。
実は、稲を刈るにもその見極めが大切なのです。

稲作新米の姉夫婦と私たちには、まだまだその見極め力が不足しています。
中には胴割れしている穂もあれば、まだまだ青い穂もあります。

ということで、JAの技師さんにお願いして見ていただきます。

稲刈り 2012秋













まだまだ先でいいと思っていたのに、すぐにも刈りなさいと言われてしまい、
慌てて、畔草を刈り、稲刈りの準備です。

1つの稲穂の中に、青い穂が1割位残っていても、刈りどきなんだそうです。
そう言われても、素人では迷ってしまいますよね。

やっぱり技師さんは見る目が違います。

我が家の稲刈りの主役は、こちらのコンバイン。
父の代からですから、もう何十年とお世話になっています。

コンバイン













しかし、かなりの年季ものなので、今のコンバインと比べると性能が全くダメ。

コンバインは、稲を刈り取り後、もみだけを残して袋に詰めてくれるものなのですが、うちのコンバインときたら、もみがバラバラではなく、つながったまま出てきてしまうのです。

コンバイン後のもみ













こんな感じです。
それに、稲の茎や草なんかもたくさん入っています。

刈り取った稲は、すぐに乾燥機にかけますが、ゴミがたくさん入ってしまうと、
仕上がりもよくないので、大きな茎をできるだけ取り除いて乾燥機に入れます。

しかし、これがまた大変な作業なんです。

乾燥機


















こちらがその乾燥機。
こちらも父の代から使っています。

数年前に整備に出したので、まだまだ頑張って働いて欲しいものです。

アマガエル













本当なら天日干しのお米が一番美味しいのですが。。。

それには、稲刈り機ももう一台必要ですし、はぜ棒や、はぜ足も必要です。
それに一番必要なのは、人足です。

周辺では、天日干ししてる農家の方もまだいます。
昔のように、親戚が総出で手伝うということがなくなってしまった現在では、ちょっと難しいですよね。

今年は、25箱の苗から、30俵程のお米が取れました。

今年も無事にお米が収穫できたことに感謝して、新米を頂きたいと思います。

ロハスな生活

今日、9月1日は、「北アルプス山麓ブランドの日」です。
実は信州にUターンして2年が経つというのに初めて知りました。

北アルプス山麓ブランドの日













長野県大北地域には、北アルプス山麓ブランド認定品がたくさんあります。
今日は、北アルプス山麓ブランド品の試食販売や、この日のために作られた北アルプス山麓汁の披露、認定品が当たる抽選会などが行われました。

北アルプス山麓ブランド













今日の一番のお目当ては、空くじなしの抽選会でした。
でも、抽選券はたったの1枚だけ…
主人とふたりで散歩がてら出かけてみることに。

すると会場で、抽選券を配っているではないですか?!
すかさず、姉夫婦を呼び、抽選会に参加しました。

主人は、大雪渓酒造の「特別純米酒」を、姉は「白馬紫米」を、義兄は「菜の花オイル」を当て、わたしはなんと「ミニトマト」(参加賞かな?^^;)でした。

それから試食販売のテントに向かい、鉄板で焼かれていた信州黄金シャモを頂きました。

信州黄金シャモ













実は、この信州黄金シャモがとっても美味しかったんです。 
なんと、普段お肉を食べない主人が手を出し、美味しいと言って食べていたのには驚きました。

信州黄金シャモは、約4年の歳月をかけて開発された信州発の新品種なんだそうです。 本当に、普段食べている鶏肉とは全然歯ごたえが違いました。

そして次は、「きのこと野菜一杯の田舎汁」と「信州サーモンの団子汁」の2種類の山麓汁の試食です。

山麓汁













田舎汁の中には、大町黒豚のバラ肉とそば団子が入っていました。
え?そば団子?と思いましたが、なんかおもしろい食感! 
本当に具沢山の汁で美味しかったです。
 
信州サーモンの団子汁













こちらが信州サーモンの団子汁の中身です。
信州サーモンがそのまま入っているのかと思ったら、すり身にされてお団子になっていました。 ちょっと変わった食感でしたが美味しかったです。

この山麓汁の中にも、「白馬青こしょう」や「寒干し大根」をはじめ、味噌やそば粉も山麓ブランド品が使われていました。

私もまだまだ食したことがないブランド認定品がたくさんありますので、これから少しずつ味わってみたいと思います。

イベントはちょっと盛り上がりには欠けていましたが、生産者の方々の熱い思いが伝わってきました。 もっともっとたくさんの人が北アルプス山麓ブランドに出会ってその良さを実感していだけたらと思います。

北アルプス山麓ブランド
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。