サイトマップ

薪ストーブ

京都から信州へ引っ越してから2度目の冬を迎えました。
今日の最高気温は、−3°。 最近では、一日の最高気温がマイナスなんてこともしょっちゅうです。

昨年の夏にやってきた薪ストーブも、すっかり家族の一員です。
我が家の薪ストーブは、長野県千曲市にあるモキ製作所で製作された国産の薪ストーブ。

このストーブに決めた理由は、お値段も手頃で、(本当はもっと安いのが欲しかったんですが…) 部屋が早く暖まり、鉄製のため高温になるので、薪の量が少なくてすむ、といわれたからです。

しかし、築32年になる実家は隙間風だらけ、ストーブをガンガンに焚いても家中は暖まりません。 おまけに普通の家なら朝と晩だけ焚けばいいところ、実家では朝6時から晩の12時近くまで一日18時間近くも焚いているわけですから、結局普通の家よりも数倍薪が必要なんです。

また、鋳物と違い鉄製のストーブなので、針葉樹や廃材なども焚くことができ、ストーブの表面温度が300度以上にもなるので、お湯はもちろん、煮物もできますし、焼き芋を作ったりピザを焼いたりと、調理もできます。

一時期、クッキングストーブにも憧れていたのですが、暖房重視のため断念したのでした。

実は、薪ストーブを購入した際に、信州エコポイントなるものをいただいたのですが、薪ストーブって本当にエコなの?と思っていました。

だって、木を燃やす訳ですし、CO2は出ないの?とか…
発生するCO2は、木が成長する間に光合成によって体内に溜め込んでいたもので、元々大気中に存在していたものだから、「CO2の収支はゼロ」という考え方なのだそうです。

そうなんだ〜! 全然知りませんでした。

薪ストーブ用の薪も、自分たちで調達できれば費用も安くてすみます。
昨年末も、母校で桜の木を伐採していたのを見つけ、姉夫婦と一緒に軽トラック2台分ずつ桜の木をいただいてきました。 もちろん、ただで…

薪集めには労力も必要ですが、木が燃える香り、ゆらめく炎、そのぬくもり、
信州の寒くて長い冬を快適に過ごすためには、薪ストーブは欠かせない存在です。

薪ストーブ MD-80 

地球温暖化対策

長野県では平成21年8月から「信州エコポイント事業」がスタートしました。
実家のある信州に引っ越すにあたり、薪ストーブを購入したのですが、
その時にいただいたのが「信州エコポイント」でした。

薪ストーブ MD-80


















そのためには「信州エコポイント事業」に参加する必要があるのですが、
ただ書類に記入するだけの、ごくごく簡単なものです。

「信州エコポイント事業」とは、家庭において温暖化防止のための活動を行ったり、省エネ設備機器を購入することで「信州エコポイント」がもらえ、このポイントは「事業協賛店舗」で特典と引換えることができるというものです。

※省エネ設備機器とは、
太陽光発電システム、太陽熱給湯システム、エコキュート、エコジョーズ、エコフィール、エコウィル、エネファーム、ペレットストーブ、薪ストーブなど

薪ストーブを購入した際には、40ポイントいただきました。
※1ポイントは100円相当です。

その後、実は何の活動もしていなかったのですが、昨年の夏に「プレミアムエコポイント」の案内が届き、ちょっとやってみることにしました。

「プレミアムエコポイント」とは、電力需要が高まる夏季(7月〜9月)と、
冬季(12月〜2月)に節電対策に取り組むことで、各3ヶ月間の電気使用量の合計が前年度より少なかった場合、最大で10ポイントもらえるというものです。

信州は夏でも涼しいので、実家にはエアコンはありません。
今年は、更に涼しかったので、扇風機の出番もあまりありませんでした。

家の周りには、4箇所に朝顔やゴーヤのグリーンカーテンを作り、一番熱い午後には買い物に出かけて涼み、もちろん冷蔵庫の設定温度は「中」、炊飯器も保温は極力使わない、トイレの便座も温度を下げました。

ちょっとしたことの積み重ねで、昨年よりも電気使用量の合計が少なかったので、活動報告書を提出、プレミアムエコポイント5ポイントをゲットしました。

ついでに、「減CO2アクションキャンペーン」にも登録しました。

減CO2アクションキャンぺーン













電気代の無駄使いって結構あるものだなあ、というのが実感です。

一人ひとりの行動はホントに微々たるものかもしれませんが、小さな積み重ねが大きな力となるんですよね。 これ以上、地球環境を悪化させないためにも、一人ひとりができることからはじめてみませんか?

そば&そば打ち

今年は「そば」からはじまり、「蕎麦」についていろいろ学び、最後まで「そば」に関わった年でした。 初めてのそば打ち体験後、もっと蕎麦打ちが上手くなりたいと思い、他のそば打ち教室を探しました。

地元でも、いくつかのそば打ち教室があると知り、知り合いが参加したことがあるという地元女性部のそば打ち教室に参加することにしました。

そば打ち教室 社













本当は、自分たちで育てたそばで、本当の「自家製年越しそば」を打ちたいと思っていましたが、その後そばの実は放置されたまま、結局そば打ち教室で地元産のそば粉を使い、年越しそばを打つことにしました。

ここのそば打ち教室は、前回の方とはやり方が違います。

そば粉













まず、そば粉だけでお湯を差し、そば粉全体に水分をいきわたらせます。
この時は力を入れず、サラサラさせる感じです

※ちなみに上の写真は、失敗した時のものです。
 こんなにダマになってはダメなんです。

そば粉と小麦粉













それから、小麦粉を入れ、今度は水を差します。
ここで初めて、指を使ってかき混ぜます。
心配しなくてもここまでくれば、先ほどのダマも少なくなっていきます。

そして、そば粉がくっつき出して粒が大きくなってきたらまとめ、
表面がなめらかになるまで、300回以上捏ねます。

そば打ちも回数を重ねる毎にそばの出来もよくなってきたのですが、
実はどうしてもそばが短く切れてしまったのです。

そして今回、ようやくその原因を発見。

そば切り













まず一つ目は、そばを切る時のそばの置き方が逆でした。(上の写真)
前回もそばを切りながら、どうして山が切れてしまうんだろう?と思っていたのですが、その時はそのことを教えてくれる人がいませんでした。

そして二つ目は、そばの茹で方にありました。
私はどうしても、沸騰したお湯の中におそばを入れてから箸でかき混ぜてしまうのですが、それはしちゃダメだったんですね。

大きな鍋にお湯をたっぶり沸かし、そこにパラパラとそばを入れ、それが浮かんでくるのを待つ、そしてコップ一杯の水を差し、再びそばが浮かんでくるのを待ち火を止める。 あとは流水で洗い、水を切って盛りつけます。

とにかく、箸は一切使わないんですね。
そして、今時の信州の水は十分冷たいので氷水でしめる必要もありません。
それをすると返って堅くなってしまいます。

手打ちそば













それから、家庭にあるよほど大きな鍋でないかぎり、一人前ずつ茹でるのが失敗がなさそうです。 わが家の場合、それをしていると私の食べる順番がなかなか回ってこなくなるので、ちょっと横着してました。

でも、これだけで、本当にお蕎麦の味が数倍美味しくなりました。
本当に不思議です。

来年こそは、自家製そば粉で年越しそばを打ちたいと思います。
もちろん、「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」の「三たて」で!!!


2011年もあとわずかです。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ♪

ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。