サイトマップ

地球温暖化対策

ACT2 水道の使い方で減らそう

蛇口はこまめにしめよう!

歯磨きのときやシャワーを浴びるとき、水は出しっ放しですか?
シャワーを1分間出しっ放しにすると、約10リットルもの水を無駄にしていることになるそうです。家族3人なら、約30リットルです。

しかも、ガスや電気を使ってお湯にしたものを、じゃぶじゃぶ捨てているわけですから、二重の無駄遣いです。

その上、水道水が電気を使って送水されていることも考えると、なんと三重の無駄遣いになってしまいます。

正直言って、ここまで考えて水を使ったことはありませんが、ちょっと反省ですね。

歯磨きやシャワーを浴びるときは、こまめに蛇口を閉める習慣をつけませんか?

もちろん、長年の習慣はそう簡単には変えられませんよね。
夏ならシャワーをこまめに止められますが、冬は寒くて体が凍ってしまいます!でも、思い出したらやってみましょう。そのうちに習慣になっていくかもしれません…

水は私たちが生きていくためになくてはならない重要なものですから、大切に使いたいものです。

チーム・マイナス6%

地球温暖化対策

ACT3 自動車の使い方で減らそう

「エコドライブ」をしよう!
「エコドライブ」とは、乗る前にタイヤの空気圧を点検・整備する。

余分な荷物は積まない。急発進・急加速ではなく、ふんわりアクセルを踏んでなめらか発進をしたり、ゆっくりと加速するなど…

どれも、温暖化や大気汚染を防ぐためのものです。

ある県では、平成16年4月から条例でエコドライブの実施に努めることが義務づけられたそうです。同じ条例では、駐車時のアイドリング・ストップも義務づけられています。

停車や駐車時のアイドリング時にも、ガソリンは1分あたり約0.014リットルが消費されています。1日5分でもアイドリングを止めたとすると、年間20時間(240日として)。特に仕事などで車を頻繁に使われる方ほど、削減量も大きくなります。

人の乗り降りの間や、荷物の積み下ろしのときは、できるだけエンジン停止を心がけましょう。また、最近の車はエンジンの暖機はほとんど必要ないと言われています。

チーム・マイナス6%

地球温暖化対策

ACT4 商品の選び方で減らそう

エコ製品を選んで買おう!

エアコンや、冷蔵庫などの家電製品を買うときは、「省エネ性能」表示のある製品に注目してみてください。

中には、年間電気料金が約1万円程度違うものもあるそうです。
古い製品を使い続けるよりも、最初に購入費用を払ってでも新しいものに買い換えた方が、結局はお得になるケースも少なくありません。

エアコンや冷蔵庫などを買い替えるときは、忘れずにチェックしましょう。

私達がエコ製品を積極的に選び、購入・使用することで、メーカーもエコ製品の開発に力を注ぎ、よりよい製品を開発するといった好循環が生まれます。

本当に古い冷蔵庫を最新の機種に買い換えただけで電気代が安くなりました。
うるさい音もしなくなったし、嬉しい限りです。

昔の電気製品はなかなか壊れず長持ちしていました。メーカーがよりよい製品を開発してくれるのは有り難いですが、すぐに壊れるような製品が出回るのはあまり好ましくありませんよね。

チーム・マイナス6%
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。