サイトマップ

地球温暖化対策

ACT5 買い物とごみで減らそう

レジ袋を断ろう!

一人が一年間に使用するレジ袋は230枚だそうです。
そのレジ袋も結局最後はごみになります。ですから買い物の際には自分専用の買い物袋「マイバッグ」を持って出かけましょう。

最近ではお店によってはレジ袋が有料のところもあります。
またマイバッグを持参するとポイントがたまり、お買い物券に交換してくれたりするスーパーなどもあります。

家に帰れば不要になるレジ袋やトレーは、つくる際にも、再生・破棄する際にも、CO2を排出しています。

家庭のごみを減らすためにも、不要なレジ袋やプラスチックのトレーなど、無駄な包装を持ち帰らないようにしましょう。

これは、ひとり一人の意識の問題です。
お店によっては、ダンボールが大量に備えてあって、レジ袋の代わりに使っている人もかなり大勢います。

使用済みのダンボールはお店でゴミに出すより、消費者がリサイクルするほうが安上がりですから、よく考えられていますよね。

チーム・マイナス6%

地球温暖化対策

ACT6 電気の使い方で減らそう

コンセントからこまめに抜こう!

家庭の電力消費の約10%を占めているのが待機電力です。
電気製品を使用していなくても、タイマーなどによって無駄に消費されています。その代表的なものがビデオデッキ、オーディオコンポ、テレビ、電子レンジなどです。

これらの電源プラグをコンセントから抜く習慣をつけましょう。

でも、タイマーってなかなか便利なんですよね!
ですから、まずは、あまり使わないものからはじめましょう。

使うたびに抜いたり差したりするのは面倒ですが、それならスイッチ付きのコンセントはいかがですか?

また、人がいない部屋の電気をこまめに消すことも習慣にしたいですね。

我が家では、テレビの主電源を切るのが習慣になってきました。
ただ、年老いた母だけは、主電源がわからないようで、電源プラグを抜く習慣を身につけました。

それに、ご飯もまとめて炊いて冷蔵庫に保存、食べる時にレンジでチンすることにしました。

小さな努力ですが、昨年よりは随分電力消費が少なくなりましたよ。

チーム・マイナス6%

手作り

らっきょうを、塩水に漬けてから…
2週間くらい冷暗所に置いて、今度は調味液に漬けます。

2週間後が楽しみです。
と、6月に書いたのですが…

結局、塩漬けにしたらっきょうは、調味液に漬けることなく、酒の肴になって食べられてしまいました。これがなんとも美味しくて!日本酒のアテにピッタリでした。

ああ〜あの時、もう1袋頑張って洗っておけば良かった!と後悔先に立たずです。食べず嫌いのらっきょうがこんなに美味しいものだなんて大発見でした。

来年は絶対もっとたくさん作ります。
らっきょうはカレーのおともにも打ってつけ!

それでは、改めてらっきょうの漬け方です。

らっきょうの漬け方

1.水700mlに塩150gを溶かした塩水に、よく洗ったらっきょうを漬けます。
2.約2週間冷暗所に置き、時々上下をまぜます。
3.一昼夜流水にさらして、少し塩分が残る程度に塩抜きし、ザルにあげて水を切ります。
4.鍋に湯を沸かし、沸騰したら火を止めて、らっきょうを入れ、10秒間浸してザルにあげ、冷まします。
5.容器に入れて、調味液を浸るまで入れます。4〜5日頃から食べることができますが、時間がたつ程おいしくなります。(約1ヶ月頃から)冷暗所もしくは、冷蔵庫で保存してください。

調味液 (らっきょう1kgに対して)
水  150ml
砂糖 250G
食酢 350ml

ひと煮立ちさせて冷ましておく。
これは代表的な作り方です。お好みに応じて工夫してくださいね!
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。