サイトマップ

手作り

梅干しは、疲労回復に効果があり、からだの機能を活発にしてくれます。
我が家では毎年梅干しをつくっています。
やっと天日干しができるお天気に恵まれました。

おいしい梅干しのつくりかた

ume
材 料
青梅(黄熟したもの) 4kg
塩  500g



1. 梅をさっと洗って一晩水に漬ける。
(梅の品種にもよりますが、長時間漬けておくと茶色く変色することがあります。)

2. 梅をザルにあけて、乾いた布で水気をとる。この時つまようじでヘタも取る。

3. 容器は焼酎などで拭いて消毒し乾燥させておく。
ボールに塩を入れ、梅に少しずつまぶすようにつけ、容器に入れていく。
上になるほど塩をたくさん入れて、残った塩は上からふりかける。

4. これに重石(梅の重さと同じ重さがベスト)をして、ラップをかけ涼しいところに置いておく。1〜2日で梅酢が上がる。(これが白梅酢)
赤じそが出たら葉を摘んで、たっぷりの水で何回も洗う。
ボールに入れて塩を多めにふり、赤黒い汁(アク)が出てやわらかくなるまで強くもむ。 やわらかくなったら、赤じそを固くしぼり、アク汁は全部捨てる。
固くしぼった赤じそに梅酢を少し入れ、軽くもんであざやかな赤色になったらOK。(これが赤梅酢)

5. 梅に赤梅酢を注ぎ込む。梅の漬け液が全体に赤く染まったら、梅の上面に固くしぼった赤じその葉を広げてのせ、梅を覆う。軽く重石をして土用までおく。

6. 土用になりお天気を見はからって梅を3日3晩干す。赤じそは1日程度別に干す。(夜は漬け液に戻すと色付きが良く、柔らかくなりやすい。)

7. 梅と赤じそを交互に容器に入れる。赤梅酢を梅がかぶるまで入れ、落し蓋をしてラップをかけ、2週間ほど置き、赤梅酢を梅が浸る程度に残して保存する。残った赤梅酢は新ショウガを漬けてもOK!

我が家では梅干しが欠かせません。
主人の毎日のお弁当には必ず梅干しを入れています。

それからやっぱり夏は、きゅうりやキャベツの梅干し和えが最高ですね!
さっぱりしていて食欲増進です。

手作り

さあ、今年も梅酒作りの季節がやってきました。

最初の年は、主人に言われるがままに私が梅酒を作りました。
でも、次の年からは梅酒作りは主人に任せることにしました。

だって、梅酒を飲むのは、ほとんど主人なんですから…

主人はお酒にはとってもうるさいんです。
だから、主人の梅酒もすっごいこだわっています。

まず、梅は、自然食品の店から購入します。これは私の担当です。
面倒なことは何でも私に頼む人なんです。

ラベルには、「特別栽培農産物」と書かれていました。
栽培期間中は、化学合成肥料や化学合成農薬は不使用とのこと。
どうしても、自然栽培の梅にこだわってしまいます。

それから、お砂糖は、氷砂糖ではなくて、沖縄名産の黒砂糖。
沖縄産のサトウキビからできた原料を加工したものです。

そして最後に焼酎!
ホワイトリカーなんて絶対に使いません!

琉球泡盛 古酒 久米島の久米仙 43度。


まあ、よくここまでこだわってくれるわ!といった感じでしょう?
「今の季節、梅酒はロックが一番美味しいよ!」と言いながら、お休みの日は決まって梅酒です。

それでは、おいしい梅酒の作り方をご紹介します。

梅酒の作り方

青梅    1kg
氷砂糖  400g (砂糖なら800g)
焼酎     1.8ℓ

1. 梅は実が固くてしっかりしたものを選び、1個ずつていねいに竹串の先でヘタを取る。

2. たっぷりの水でサッと洗い、残った水分は布きんでふく。

3. 熱湯消毒して乾かしたビンに梅と氷砂糖を交互に入れ、上面に氷砂糖をのせる。

4. 焼酎を静かに注ぎ入れて、密閉する。

5. 温度変化の少ない、暗く涼しい場所に保存する。

※梅は半年から1年で取り出す。漬けたままでもOK。
※梅は、傷があると皮が破れたり、濁ったり、カビの原因になります。

★ホワイトリカーの代わりに、果実酒用のブランデーやウイスキーを使うとまろやかな梅酒が楽しめます。
★氷砂糖や砂糖の代わりに、果糖を使えば、甘味が砂糖の1.5倍だから、使う量も通常の7割でOK。糖分を控えたい女性にも最適です。

手作り

我が家では毎年、梅干を漬けています。
その前に、主人が梅酒を作るのですが…

今年は、思い切って、らっきょうも漬けてみようと、買ってみました。
もちろん泥付きです。

らっきょうと言えば、ほとんどが洗いらっきょうですよね?!
今の季節、スーパーなどでもよく見かけます。

らっきょうも、やっぱり農薬や化学肥料を使用しない、特別栽培のらっきょうを自然食品のお店で買いました。rakkyo
でも、泥付きらっきょうを洗うのって
思ったより大変でした。

2袋買ってきたんですけど、1袋で断念…
もう1袋は、主人の姉にあげてしまいました。

何しろ初めてなので…
らっきょうは、取り合えず洗って塩水に漬けました。
これで、2週間くらい冷暗所に置いて、今度は調味液に漬けます。

2週間後が楽しみです。

塩水に漬けてから…
主人が帰ってくるなり、「らっきょうを焼いて食べたら美味しいらしいよ!」
と言うので、塩水から数個取り出して焼いてみることに…

主人は「ネギ焼きと一緒だー!」と言っていましたが、
手作り味噌をつけていただきました。

今年の味噌はちょっと失敗かなあ?と思っていましたが、
なかなか美味しかったです。

お試しあれ!
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。