サイトマップ

ロハスな生活で健康&ダイエット手作り梅干しを作ろう!

手作り

梅干しは、疲労回復に効果があり、からだの機能を活発にしてくれます。
我が家では毎年梅干しをつくっています。
やっと天日干しができるお天気に恵まれました。

おいしい梅干しのつくりかた

ume
材 料
青梅(黄熟したもの) 4kg
塩  500g



1. 梅をさっと洗って一晩水に漬ける。
(梅の品種にもよりますが、長時間漬けておくと茶色く変色することがあります。)

2. 梅をザルにあけて、乾いた布で水気をとる。この時つまようじでヘタも取る。

3. 容器は焼酎などで拭いて消毒し乾燥させておく。
ボールに塩を入れ、梅に少しずつまぶすようにつけ、容器に入れていく。
上になるほど塩をたくさん入れて、残った塩は上からふりかける。

4. これに重石(梅の重さと同じ重さがベスト)をして、ラップをかけ涼しいところに置いておく。1〜2日で梅酢が上がる。(これが白梅酢)
赤じそが出たら葉を摘んで、たっぷりの水で何回も洗う。
ボールに入れて塩を多めにふり、赤黒い汁(アク)が出てやわらかくなるまで強くもむ。 やわらかくなったら、赤じそを固くしぼり、アク汁は全部捨てる。
固くしぼった赤じそに梅酢を少し入れ、軽くもんであざやかな赤色になったらOK。(これが赤梅酢)

5. 梅に赤梅酢を注ぎ込む。梅の漬け液が全体に赤く染まったら、梅の上面に固くしぼった赤じその葉を広げてのせ、梅を覆う。軽く重石をして土用までおく。

6. 土用になりお天気を見はからって梅を3日3晩干す。赤じそは1日程度別に干す。(夜は漬け液に戻すと色付きが良く、柔らかくなりやすい。)

7. 梅と赤じそを交互に容器に入れる。赤梅酢を梅がかぶるまで入れ、落し蓋をしてラップをかけ、2週間ほど置き、赤梅酢を梅が浸る程度に残して保存する。残った赤梅酢は新ショウガを漬けてもOK!

我が家では梅干しが欠かせません。
主人の毎日のお弁当には必ず梅干しを入れています。

それからやっぱり夏は、きゅうりやキャベツの梅干し和えが最高ですね!
さっぱりしていて食欲増進です。

<<梅酒を作ろう!ロハスな生活で健康&ダイエットのトップへらっきょうの漬け方>>

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。