サイトマップ

ロハスな生活で健康&ダイエットロハス ダイエットみかんとりんごでフルーツダイエット

ロハス ダイエット

みかんとりんごでフルーツダイエット
果物は太る!といのは誤解なんですって…!

果物は野菜よりダイエットに最適な食材らしいです。
先日の「ある○る」ご覧になりましたか?

果物は甘いのになぜ太らないのでしょうか?
果物には食物繊維が含まれているので、糖の吸収がゆっくりになり、空腹感を感じにくいとか…。

果物の中でもダイエット効果が高いものは、みかんとりんごだそうです。
でも、問題はその食べ方なんです。

みかんダイエット
早摘みの甘酸っぱい青みかんダイエットにどうぞ!青みかん・青いみかん・未成熟みかん青い温州...

1.食前に1個食べる(朝、昼、晩それぞれ1個)
2.すじ・袋ごと食べる
3.青いみかんを食べる

青いみかんに含まれている食物繊維のペクチンが消化酵素の働きを抑えてくれるので、糖が吸収されにくくなるそうです。

ペクチン含有量は、果肉→袋→すじ、の順に増えるので、みかんはすじ・袋ごと食べましょう。

朝食を食べない人も朝1個食べてください。
青く酸っぱいみかんの方がダイエット成分であるシネフリンの含有量が多いそうです。

シネフリンが体内の脂肪細胞に届くと、脂肪分解酵素リパーゼが活性化、蓄えられた脂肪を燃えやすい状態に分解してくれるだけでなく、細胞のミトコンドリアの中で脂肪の燃焼を高める働きもしてくれます。

シネフリンは、脂肪を分解するだけでなく、燃えやすくしてくれるので、基礎代謝もアップ!

りんごダイエット


1、青りんごを食べる (黄王、トキ、王林など)
2.皮ごと食べる
3.食前に半個食べる

青りんごには、脂肪燃焼促進、脂肪の蓄積を抑えるという効果が最も高いプロシアニジンが含まれています。

プロシアニジンはりんごに含まれているポリフェノールの一種で、内臓脂肪を蓄えている器を小さくしてくれるだけでなく、入りきれない内臓脂肪は肝臓へ、肝臓内ではさらに脂肪燃焼酵素を活性化する働きがあります。

プロシアニジンはりんごの実よりも皮に多く含まれています。なんと実の4倍だそうです。プロシアニジンには、脂肪の吸収を抑えるだけでなく、肝臓の脂肪燃焼を高め、脂肪の蓄積を阻害してくれる効果があります。

さて、あなたは みかんダイエットでやせるタイプでしょうか?それともりんごダイエットでやせるタイプでしょうか?

みかんダイエット(みかんでやせるタイプの人)
1.冷え性
2.運動不足
3.水化物中心の食生活

りんごダイエット(りんごでやせるタイプの人)
1.便秘気味
2.脂質中心の食生活
3.内臓脂肪型

さあ、早速私も今日の晩ご飯から挑戦してみたいと思います。
私はみかんダイエットでやせるタイプのようです。

私のダイエットは健康的にやせることですから… 
これなら無理なく続けられそうです。

<<血液を健康にしてくれる食材ロハスな生活で健康&ダイエットのトップへサプリメントで健康維持>>

トラックバック一覧

  1. 1. りんご、みかん で やせる! ダイエットカロリーコントロール

    • [ダイエットカロリーコントロール【キレイの秘密】]
    • 2006年10月24日 22:44
    •   フルーツでやせる!青りんごと青みかん   【りんご】●脂肪食の多い方・内臓脂肪型肥満の方にオススメ!  青リンゴに多く含まれる リンゴポリフェノールにダイエット効果があります。  そのリンゴポリフェノールに含まれるプロシアニジンが、 脂肪の吸....
  2. 2. 脂肪燃焼ダイエット

    • [ダイエット成功法則]
    • 2006年10月30日 14:49
    • こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ脂肪燃焼ダイエットについて情報交換しませんか?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。