サイトマップ

ロハスな生活で健康&ダイエット薪ストーブ薪ストーブでエコライフ

薪ストーブ

京都から信州へ引っ越してから2度目の冬を迎えました。
今日の最高気温は、−3°。 最近では、一日の最高気温がマイナスなんてこともしょっちゅうです。

昨年の夏にやってきた薪ストーブも、すっかり家族の一員です。
我が家の薪ストーブは、長野県千曲市にあるモキ製作所で製作された国産の薪ストーブ。

このストーブに決めた理由は、お値段も手頃で、(本当はもっと安いのが欲しかったんですが…) 部屋が早く暖まり、鉄製のため高温になるので、薪の量が少なくてすむ、といわれたからです。

しかし、築32年になる実家は隙間風だらけ、ストーブをガンガンに焚いても家中は暖まりません。 おまけに普通の家なら朝と晩だけ焚けばいいところ、実家では朝6時から晩の12時近くまで一日18時間近くも焚いているわけですから、結局普通の家よりも数倍薪が必要なんです。

また、鋳物と違い鉄製のストーブなので、針葉樹や廃材なども焚くことができ、ストーブの表面温度が300度以上にもなるので、お湯はもちろん、煮物もできますし、焼き芋を作ったりピザを焼いたりと、調理もできます。

一時期、クッキングストーブにも憧れていたのですが、暖房重視のため断念したのでした。

実は、薪ストーブを購入した際に、信州エコポイントなるものをいただいたのですが、薪ストーブって本当にエコなの?と思っていました。

だって、木を燃やす訳ですし、CO2は出ないの?とか…
発生するCO2は、木が成長する間に光合成によって体内に溜め込んでいたもので、元々大気中に存在していたものだから、「CO2の収支はゼロ」という考え方なのだそうです。

そうなんだ〜! 全然知りませんでした。

薪ストーブ用の薪も、自分たちで調達できれば費用も安くてすみます。
昨年末も、母校で桜の木を伐採していたのを見つけ、姉夫婦と一緒に軽トラック2台分ずつ桜の木をいただいてきました。 もちろん、ただで…

薪集めには労力も必要ですが、木が燃える香り、ゆらめく炎、そのぬくもり、
信州の寒くて長い冬を快適に過ごすためには、薪ストーブは欠かせない存在です。

薪ストーブ MD-80 

<<薪ストーブ 信州エコポイントロハスな生活で健康&ダイエットのトップへ由良寒鱈まつり どんがら汁>>

コメント一覧

    • 1. konjyou
    • 2012年01月27日 16:43
    • 冨士子さん 薪ストーブは懐かしい
      中学生まで箱根の山の中で生活していましたので
      長い冬の間はず〜と薪ストーブ、

      冬になる前に薪割り・薪きり、これが大変、
      いつかこれをしなくていい環境で生活をしたいと
      思っていましたが、今はとても懐かしいです
    • 2. 冨士子
    • 2012年02月03日 16:33
    • 今生さん
      子供にとっての薪割りはさぞかし大変だったろうと思います。
      私たちでさえも、重労働だと思っていますから。

      でも、薪ストーブはもう手放せませんね〜♪

      このところの寒さで、薪の消費量が増えましたが、
      今年はまだまだ蓄えがありますので、大丈夫です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。