サイトマップ

ロハスな生活で健康&ダイエットロハスな食事由良寒鱈まつり どんがら汁

ロハスな食事

山形県庄内地方では、この時期になると各地で「寒鱈まつり」が開催されます。

いつもなら、とっくに主人の実家から寒ダラが届いているのですが、今年はシケ続きで船が漁に出られず、せっかく出ても不漁で、恒例の「由良寒鱈まつり」も、由良ブランドの寒ダラではなく、近海もの(秋田産)の鱈でどんがら汁が作られたそうです。 もちろん、生鱈の販売も中止だったようです。

なぜか、いつも決まった時期に食べていた「旬のもの」が食べれらないというのは、やはり寂しいものですね。

こちらは、昨年の「由良寒鱈まつり」に行った時の写真です。

由良寒鱈まつり どんがら汁













初めて地元で食べた「どんがら汁」の味は最高でした。
こんな大きな白子も入っていました。

由良寒鱈まつり どんがら汁 白子













由良のどんがら汁のきめては「あぶらわた」、そして、いっぱいのアラです。
そのアラをしゃぶるようにして食べるのが美味しいのに、観光客の人たちって残しちゃう人がたくさんいるんですよねえ〜、ああもったいない!!

ご飯の上に、味付けされた鱈の子が乗った「たらこ飯」、こちらも美味しかったです。

由良寒鱈まつり たらこ飯













やはり鱈は、オス(白子)もメス(たらこ)も両方食べたいですよね。
昨年は大漁で、親戚の船で捕れた寒ダラをお土産にいただいてきました。

鱈は、いつも義母が全てさばいて送ってくれるのですが、そのままのタラを送った方が鮮度がいいからと、さばき方まで教わってきたのに、今年はその出番もなく終わってしまいそうです。 

寒鱈まつりは、鶴岡の「日本海寒鱈まつり」を皮切りに、酒田の「酒田日本海寒鱈まつり」、遊佐の「遊佐鱈ふくまつり」、そして由良の「由良寒鱈まつり」、道の駅「しゃりん」で行われる「しゃりん寒鱈まつり」など各地で開催されました。

そうそう、2月には東京でもあります。

食べられないとなると余計に食べたくなってしまうものですが、今年は写真を見て我慢しておきます。

<<薪ストーブでエコライフロハスな生活で健康&ダイエットのトップへ薪ストーブ 薪集め>>

コメント一覧

    • 1. 今生
    • 2012年02月10日 23:20
    • もうすぐバレンタイン
      チョコをプレゼントする人は決まりましたか?

      それからどんがら汁 一度美味しい味を体験した人にとって
      食べられないとなると余計に食べたくなってしまう
      これってつらいですよね

      写真だけでも美味しそう
    • 2. 冨士子
    • 2012年02月14日 14:08
    • 今生さん

      今日は、バレンタインデーですが、
      義理チョコ頂けましたか?

      義理チョコが人間関係を円滑にしてくれるだなんて、
      今生さんらしいですね。

      夫婦関係のためにも、チョコレート必要ですかね?!^^;

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。