サイトマップ

ロハスな生活で健康&ダイエットロハスな食事わらびのアク抜きと保存方法

ロハスな食事

わらびは普通にアク抜きすると色があせてしまうので、なんとか青々しいまま保存できないかと思い、ネットで検索してみましたがなかなかヒットせず…
毎年、こごみを届けてくれる知り合いに訪ねてみると、いい方法があると教えてくれました。

蕨の灰汁抜きをする時、銅線を一緒に入れるとずーっと緑色のままなんだそうです。 銅線って、電気のコードとかに使われている、あれ?

ということで、まずは銅線探しです。 
主人がアース線がいいだろうというので探したのですが、見つからず…
スピーカーコードを見つけたので、周りのビニールをはがして使うことにしました。

どのくらいの長さの銅線が必要なのか聞き忘れたので、
取りあえず1メートルくらいで試してみることに…

我が家では、アク抜きには薪ストーブの灰を使いますが、その人はワラを燃やした灰を使うそうです。 そうすると、二晩くらい放っておいても全然大丈夫とのこと。

ストーブの灰を使う場合、あまりたくさん入れすぎるとわらびが溶けてしまうので、今回は灰の量を加減して、一晩置いてみました。
すると…

わらび アク抜き 銅線














わらびが緑色のままでした。
めちゃくちゃ嬉しかったです。

ただ、アク抜きしたわらびの長期保存はおすすめできないとのこと。
やはり、旬のものは旬の時期に頂くのがいいようです。

あく抜きしてから塩漬けする方法は姉が教えてくれたのですが、それはあまりおすすめできないそうです。 確かに、わらびが固くなってしまいます。 
それに、色も黒ずんできます。

姉は、黒く変色したわらびが好きなんだそうですが、私は緑色のわらびが食べたいわけです。

わらび 塩漬け














長期保存のおすすめの方法は、生のままのわらびを塩漬けにすることだそうです。 それこそ、ワラビが多いか塩が多いか?というくらい大量の塩に漬けるそうです。

上の写真は、まだ一段目です。
塩とわらびを交互に漬け、お正月になったら、一段ずつ取り出して食べるそうです。

但し、これが緑色のままなのかどうかは定かではありません。
そこまで聞くのを忘れていました。

わらび 粕漬け














こちらは、あく抜きしたわらびを粕漬けにしたときのものです。
主人は、粕漬けのわらびも美味しいと言っていました。

他には、ぬか漬けにもしましたが、私は粕漬けよりも、ぬか漬けの方が好きですね。 それから醤油漬けも美味しかったです。

わらびは、おしたしや煮物、炊き込みご飯、そばやうどんのつけ汁にも合います。 そうそう、卵とじも美味しいそうですよ。

また来週もわらび取り! 楽しみです。 

<<信州の春は山菜の宝庫ロハスな生活で健康&ダイエットのトップへ田んぼにいる生き物>>

コメント一覧

    • 1. 今生
    • 2012年06月22日 13:19
    • ワラビも含め自然の食材を美味しく頂くための智恵は祖母から母へそして娘へ
      日本の食文化は親子のコミニュケーションによって引き継がれてきましたが
      この流れは続いて欲しいですね
    • 2. 冨士子
    • 2012年06月29日 14:33
    • 日本の食文化、大好きです。
      田舎にいると、自然とのふれあいが多いので、
      それが当たり前のようになってしまいますが、
      全てが贈りものであるということに感謝したいです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。