サイトマップ

ロハスな生活で健康&ダイエットロハスな生活稲刈り 2012年秋

ロハスな生活

今年も稲刈りのシーズンを迎えました。
実は、稲を刈るにもその見極めが大切なのです。

稲作新米の姉夫婦と私たちには、まだまだその見極め力が不足しています。
中には胴割れしている穂もあれば、まだまだ青い穂もあります。

ということで、JAの技師さんにお願いして見ていただきます。

稲刈り 2012秋













まだまだ先でいいと思っていたのに、すぐにも刈りなさいと言われてしまい、
慌てて、畔草を刈り、稲刈りの準備です。

1つの稲穂の中に、青い穂が1割位残っていても、刈りどきなんだそうです。
そう言われても、素人では迷ってしまいますよね。

やっぱり技師さんは見る目が違います。

我が家の稲刈りの主役は、こちらのコンバイン。
父の代からですから、もう何十年とお世話になっています。

コンバイン













しかし、かなりの年季ものなので、今のコンバインと比べると性能が全くダメ。

コンバインは、稲を刈り取り後、もみだけを残して袋に詰めてくれるものなのですが、うちのコンバインときたら、もみがバラバラではなく、つながったまま出てきてしまうのです。

コンバイン後のもみ













こんな感じです。
それに、稲の茎や草なんかもたくさん入っています。

刈り取った稲は、すぐに乾燥機にかけますが、ゴミがたくさん入ってしまうと、
仕上がりもよくないので、大きな茎をできるだけ取り除いて乾燥機に入れます。

しかし、これがまた大変な作業なんです。

乾燥機


















こちらがその乾燥機。
こちらも父の代から使っています。

数年前に整備に出したので、まだまだ頑張って働いて欲しいものです。

アマガエル













本当なら天日干しのお米が一番美味しいのですが。。。

それには、稲刈り機ももう一台必要ですし、はぜ棒や、はぜ足も必要です。
それに一番必要なのは、人足です。

周辺では、天日干ししてる農家の方もまだいます。
昔のように、親戚が総出で手伝うということがなくなってしまった現在では、ちょっと難しいですよね。

今年は、25箱の苗から、30俵程のお米が取れました。

今年も無事にお米が収穫できたことに感謝して、新米を頂きたいと思います。

<<北アルプス山麓ブランドの日ロハスな生活で健康&ダイエットのトップへ薪ストーブの準備>>

コメント一覧

    • 1. 今生
    • 2012年09月21日 10:37
    • 「今年も無事にお米が収穫できたことに感謝して、新米を頂きたいと思います。」
      この言葉にすべての想いが込められていますね
      美味しい新米の味が口の中に広がってきました
    • 2. 冨士子
    • 2012年10月02日 17:08
    • 今生さん、新米は本当に美味しかったです♪
      この後はまた、そばの刈り取りです。
      昨年のそば粉は、もう風邪っぴきかもしれませんね〜^^;

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。