サイトマップ

ロハスな生活

今年も稲刈りのシーズンを迎えました。
実は、稲を刈るにもその見極めが大切なのです。

稲作新米の姉夫婦と私たちには、まだまだその見極め力が不足しています。
中には胴割れしている穂もあれば、まだまだ青い穂もあります。

ということで、JAの技師さんにお願いして見ていただきます。

稲刈り 2012秋













まだまだ先でいいと思っていたのに、すぐにも刈りなさいと言われてしまい、
慌てて、畔草を刈り、稲刈りの準備です。

1つの稲穂の中に、青い穂が1割位残っていても、刈りどきなんだそうです。
そう言われても、素人では迷ってしまいますよね。

やっぱり技師さんは見る目が違います。

我が家の稲刈りの主役は、こちらのコンバイン。
父の代からですから、もう何十年とお世話になっています。

コンバイン













しかし、かなりの年季ものなので、今のコンバインと比べると性能が全くダメ。

コンバインは、稲を刈り取り後、もみだけを残して袋に詰めてくれるものなのですが、うちのコンバインときたら、もみがバラバラではなく、つながったまま出てきてしまうのです。

コンバイン後のもみ













こんな感じです。
それに、稲の茎や草なんかもたくさん入っています。

刈り取った稲は、すぐに乾燥機にかけますが、ゴミがたくさん入ってしまうと、
仕上がりもよくないので、大きな茎をできるだけ取り除いて乾燥機に入れます。

しかし、これがまた大変な作業なんです。

乾燥機


















こちらがその乾燥機。
こちらも父の代から使っています。

数年前に整備に出したので、まだまだ頑張って働いて欲しいものです。

アマガエル













本当なら天日干しのお米が一番美味しいのですが。。。

それには、稲刈り機ももう一台必要ですし、はぜ棒や、はぜ足も必要です。
それに一番必要なのは、人足です。

周辺では、天日干ししてる農家の方もまだいます。
昔のように、親戚が総出で手伝うということがなくなってしまった現在では、ちょっと難しいですよね。

今年は、25箱の苗から、30俵程のお米が取れました。

今年も無事にお米が収穫できたことに感謝して、新米を頂きたいと思います。

ロハスな生活

今日、9月1日は、「北アルプス山麓ブランドの日」です。
実は信州にUターンして2年が経つというのに初めて知りました。

北アルプス山麓ブランドの日













長野県大北地域には、北アルプス山麓ブランド認定品がたくさんあります。
今日は、北アルプス山麓ブランド品の試食販売や、この日のために作られた北アルプス山麓汁の披露、認定品が当たる抽選会などが行われました。

北アルプス山麓ブランド













今日の一番のお目当ては、空くじなしの抽選会でした。
でも、抽選券はたったの1枚だけ…
主人とふたりで散歩がてら出かけてみることに。

すると会場で、抽選券を配っているではないですか?!
すかさず、姉夫婦を呼び、抽選会に参加しました。

主人は、大雪渓酒造の「特別純米酒」を、姉は「白馬紫米」を、義兄は「菜の花オイル」を当て、わたしはなんと「ミニトマト」(参加賞かな?^^;)でした。

それから試食販売のテントに向かい、鉄板で焼かれていた信州黄金シャモを頂きました。

信州黄金シャモ













実は、この信州黄金シャモがとっても美味しかったんです。 
なんと、普段お肉を食べない主人が手を出し、美味しいと言って食べていたのには驚きました。

信州黄金シャモは、約4年の歳月をかけて開発された信州発の新品種なんだそうです。 本当に、普段食べている鶏肉とは全然歯ごたえが違いました。

そして次は、「きのこと野菜一杯の田舎汁」と「信州サーモンの団子汁」の2種類の山麓汁の試食です。

山麓汁













田舎汁の中には、大町黒豚のバラ肉とそば団子が入っていました。
え?そば団子?と思いましたが、なんかおもしろい食感! 
本当に具沢山の汁で美味しかったです。
 
信州サーモンの団子汁













こちらが信州サーモンの団子汁の中身です。
信州サーモンがそのまま入っているのかと思ったら、すり身にされてお団子になっていました。 ちょっと変わった食感でしたが美味しかったです。

この山麓汁の中にも、「白馬青こしょう」や「寒干し大根」をはじめ、味噌やそば粉も山麓ブランド品が使われていました。

私もまだまだ食したことがないブランド認定品がたくさんありますので、これから少しずつ味わってみたいと思います。

イベントはちょっと盛り上がりには欠けていましたが、生産者の方々の熱い思いが伝わってきました。 もっともっとたくさんの人が北アルプス山麓ブランドに出会ってその良さを実感していだけたらと思います。

北アルプス山麓ブランド

ロハスな生活

今年もブルーベリー狩りの季節がやってきました。
今年は、姉の知り合いの方の畑で、ブルーベリー狩りを楽しんできました。

実はその方、毎朝摘み取って出荷されているそうなのですが、人手が足りないのだそうです。 姉が店に買いに行くと、「摘むのが大変だから自分で摘んでくれたら安くしあげる」と言われ、私たちも便乗したのでした。

ブルーベリー狩り













地元のブルーベリー狩りは、安くても1kg 1,000円はします。
それでも安いのに、それよりも更にお安く手に入るなんてラッキーです。

3人で摘むことおよそ1時間、全部で8パック(1パック500g)摘み終えました。

ブルーベリー













左側が主人が摘んだもので、右が私です。
たまたま私が摘んだ木の実は粒が大きかったのですが、まだ熟していない若い実も一緒に摘んでしまいました。 完熟していない甘酸っぱいのも、結構好きなのです。

姉は、義母に4パック送るというので、私たちは摘み取りのお手伝い。

知り合いの方が、「山盛りにしてもっていってね!」と言ってくれたので、
お言葉に甘えて、てんこ盛りです。

ブルーベリー3P













1パック500gという話でしたが、帰って測ってみると、700g近くありました。^^;
ちょっと欲張りすぎちゃいましたね。

するとその直後、いつもお世話になっている別の方からブルーベリーのお土産を頂いてしまいました。 こちらも大粒です。 きっと選別してくれたのでしょう。

さらにその後、親戚からもブルーベリーを頂き、嬉しい悲鳴です。
その分は、妹にお裾分けして、収穫した半分は冷凍保存しました。

さすが信州、ブルーベリーの産地ならではですね。

この辺りの畑には猿が出没するということで、至る所、有刺鉄線で囲まれていました。 猿が実だけ食べてくれればいいけど、枝を折ってしまうから困るのだそうです。

人間も猿も生き延びるためには食べ物が必要ですからね。

ブルーベリー狩りはお盆くらいまでできるそうです。
主人が、お盆の帰省の際にお土産にしたいというので、また行くことになりそうです。

ロハスな生活

今年も、小さいながら実家の畑で野菜作りをしています。
ミニトマト、トマト、きゅうり、なす、スティックブロッコリー、おくら、モロヘイヤ、だだちゃ豆、水菜と、好きな野菜ばかりを選びました。

これまでに、収穫できたのは、なす1本、きゅうり1本、ミニトマト8個位、おくら5本位、ステックブロッコリーは、数え忘れました。

我が家の収穫はこんな程度ですが、安曇市に住む友人も自宅前の畑で野菜を育てていましたが、よくここまで放置してたね〜(苦笑)というくらい大きなきゅうりがなっていました。

特大きゅうり














雨の日が続いたりすると、気がついたら馬鹿でかいきゅうりになっていたりしますが、こんな大きさのきゅうりがゴロゴロしていました。
(ちなみに真ん中のが普通のサイズです。)

捨てるのはもったいないので、数本いただいて帰ることに…
でも、きっと皮は硬いし、実もなっているだろうなあと思いながら、調理することに。

きゅうりの実














普通スーパーなどで売っているきゅうりは、実がなる前のものなので、農家でもない限りこんな実がなったきゅうりにお目にかかることもないと思います。

きゅうりのスライス














皮をむいて、実を取り除いてスライス。
軽く塩もみしてしばらく置いて食べましたが、まあまあでした。

梅味噌














それから、昨年作った梅味噌があるのを思い出し、和えてみることにしました。
梅と味噌と砂糖が絡み合って、酸っぱ甘い梅味噌です。

梅はもうショボショボで食べられません。
でも、きゅうりの梅味噌和え、なかなか美味しかったです。

きゅうりの梅味噌和え














きゅうりは世界一栄養価が低いと言われている野菜ですが、水分が多く、体を冷やしてくれる野菜でもありますから、特に夏にはたくさん食べたいですよね。
それから、むくみの解消になるカリウムやカルシウムが含まれています。

スーパーで安売りのきゅうりを見ても、もう少ししたら家のが取れるからと思うと、買う気になりません。

畑から採れたての野菜を食べられるなんて、本当に贅沢ですし、有難いことだと思います。

ロハスな生活

家々の軒先に吊るされている玉ねぎを見る度に、うちの玉ねぎの収穫はまだかまだかと待ちかねていたのですが、ようやく先週玉ねぎの収穫を行いました。

もちろん、それまでにも大きそうなものを選んでは取って食べていたのですが、玉ねぎの青い茎の部分も普通のネギのようにして食べています。

これがなかなか美味しいんです!
普通はみんな捨てられてしまいますが、ネギのように薬味にしても美味しいですし、ねぎ焼きにしたり、ねぎ味噌にしたり、バクバク食べてしまいました。

でも保存するときは、茎を切ってしまわないと腐ってしまうそうです。
だから、お店で売っているのには、茎がついていないんですよね。

玉ねぎの収穫1













同じ苗からでも、こんなに大きさが違う玉ねぎがありました。
まるで親子のようですよね。

もちろん、玉ねぎになる前に、
もぐらさんに食べられてしまったものもあります。

玉ねぎの収穫2













台風が来た時に、ほとんど倒れてしまった玉ねぎの茎です。

玉ねぎの収穫3













取りあえず、一つ一つ掘り出していきます。

玉ねぎの収穫4













収穫した玉ねぎは、麻紐で縛ってから竿に吊るします。

玉ねぎの収穫5













もちろん、青い茎の部分は切り落としますが、食べられそうなものは残します。

玉ねぎの収穫6













2〜3日すると、ネギの茎から水分が抜けて、紐から抜けて地面に落ちてしまいました。 本当は、もう少し干してから縛ったほうが抜けないと思いますが、十分に乾燥させたら保存します。

玉ねぎの植え付けは、昨年の10月末。
ひと冬越してからの収穫ですから約8ヶ月間もかかりました。

新玉ねぎって、本当においしいですよね。
水にさらさなくても、そのまま食べられます。

玉ねぎには、血液をサラサラにしてくれる栄養成分が含まれていますが、水にさらしてしまうと、その栄養成分が溶け出してしまうそうですから、やはり水にさらさないで食べたいものですね。

玉ねぎは、切ってから時間をおくとそのままでも食べやすくなるそうですから、苦手な人にはおすすめです。

ロハスな食事

わらびは普通にアク抜きすると色があせてしまうので、なんとか青々しいまま保存できないかと思い、ネットで検索してみましたがなかなかヒットせず…
毎年、こごみを届けてくれる知り合いに訪ねてみると、いい方法があると教えてくれました。

蕨の灰汁抜きをする時、銅線を一緒に入れるとずーっと緑色のままなんだそうです。 銅線って、電気のコードとかに使われている、あれ?

ということで、まずは銅線探しです。 
主人がアース線がいいだろうというので探したのですが、見つからず…
スピーカーコードを見つけたので、周りのビニールをはがして使うことにしました。

どのくらいの長さの銅線が必要なのか聞き忘れたので、
取りあえず1メートルくらいで試してみることに…

我が家では、アク抜きには薪ストーブの灰を使いますが、その人はワラを燃やした灰を使うそうです。 そうすると、二晩くらい放っておいても全然大丈夫とのこと。

ストーブの灰を使う場合、あまりたくさん入れすぎるとわらびが溶けてしまうので、今回は灰の量を加減して、一晩置いてみました。
すると…

わらび アク抜き 銅線














わらびが緑色のままでした。
めちゃくちゃ嬉しかったです。

ただ、アク抜きしたわらびの長期保存はおすすめできないとのこと。
やはり、旬のものは旬の時期に頂くのがいいようです。

あく抜きしてから塩漬けする方法は姉が教えてくれたのですが、それはあまりおすすめできないそうです。 確かに、わらびが固くなってしまいます。 
それに、色も黒ずんできます。

姉は、黒く変色したわらびが好きなんだそうですが、私は緑色のわらびが食べたいわけです。

わらび 塩漬け














長期保存のおすすめの方法は、生のままのわらびを塩漬けにすることだそうです。 それこそ、ワラビが多いか塩が多いか?というくらい大量の塩に漬けるそうです。

上の写真は、まだ一段目です。
塩とわらびを交互に漬け、お正月になったら、一段ずつ取り出して食べるそうです。

但し、これが緑色のままなのかどうかは定かではありません。
そこまで聞くのを忘れていました。

わらび 粕漬け














こちらは、あく抜きしたわらびを粕漬けにしたときのものです。
主人は、粕漬けのわらびも美味しいと言っていました。

他には、ぬか漬けにもしましたが、私は粕漬けよりも、ぬか漬けの方が好きですね。 それから醤油漬けも美味しかったです。

わらびは、おしたしや煮物、炊き込みご飯、そばやうどんのつけ汁にも合います。 そうそう、卵とじも美味しいそうですよ。

また来週もわらび取り! 楽しみです。 

ロハスな食事

信州の春は山菜の宝庫です。 
こごみ、タラの芽、わらび、うど、こしあぶら、などなど・・・

まず、最初に食べたのは「こごみ」です。 毎年、実家の庭に出てきます。 
それから、小川村で採ってきたといういただきものの「こごみ」。

実家のこごみは、一度取っても次から新しい芽がまた出てきますから、
何回か楽しめます。 でも、山になっているのは一度きりなんだそうです。 
ということは、蕨と一緒みたいですね。

前にも紹介しましたが、歯ごたえバリバリなこごみなんです。
こごみ@春の山菜

そして、タラの芽。
昨年、実家の家の庭に数本移植したのですが、根付いたのはたったの1本だけ。 でも、地元の人は、畑でタラの芽を育てている人もいますから、野菜みたいなものなんでしょうかね?! もちろん、山で採れるタラの芽の方が断然美味しいそうですよ。

そして、わらびです。
今年は、姉に連れられて、始めての場所に行ってきました。

溜池 わらび取り













こんな場所があるなんて全然知りませんでした。
なんか私の知らない地元がまだまだありそうです。

そしして、いつもの場所へ・・・
この日はまだ芽吹いたばかりのわらびばかり、もう少し日にちを置いた方が良さそうということで、数日後に出かけてみると、先客がいました。

仕方なく、いつもと場所を変えて採ることにしたのですが、思った以上に収穫がありました。 こごみのように、湯がいてすぐに食べられればいいのですが、アク抜きしないと食べられないというのがちょっと面倒なんですよね。

わらび













大鍋2回分の量でしたので、大収穫ですね。
わらびと一緒に収穫したウドは、天ぷらにしていただきました。

わらびは、アク抜きをして塩漬けにすると、色が真っ黒になってしまうので、
なんとか緑色のまま保存できないかと、いくつか違う方法を試してみましたが、果たして結果はどうなるのでしょうか?

結果はまた後日ご報告いたします。

旬の時期に旬のものを自分で採って食べる!
やっぱり田舎暮らしは最高ですね!

ロハスな食事

山形県庄内地方では、この時期になると各地で「寒鱈まつり」が開催されます。

いつもなら、とっくに主人の実家から寒ダラが届いているのですが、今年はシケ続きで船が漁に出られず、せっかく出ても不漁で、恒例の「由良寒鱈まつり」も、由良ブランドの寒ダラではなく、近海もの(秋田産)の鱈でどんがら汁が作られたそうです。 もちろん、生鱈の販売も中止だったようです。

なぜか、いつも決まった時期に食べていた「旬のもの」が食べれらないというのは、やはり寂しいものですね。

こちらは、昨年の「由良寒鱈まつり」に行った時の写真です。

由良寒鱈まつり どんがら汁













初めて地元で食べた「どんがら汁」の味は最高でした。
こんな大きな白子も入っていました。

由良寒鱈まつり どんがら汁 白子













由良のどんがら汁のきめては「あぶらわた」、そして、いっぱいのアラです。
そのアラをしゃぶるようにして食べるのが美味しいのに、観光客の人たちって残しちゃう人がたくさんいるんですよねえ〜、ああもったいない!!

ご飯の上に、味付けされた鱈の子が乗った「たらこ飯」、こちらも美味しかったです。

由良寒鱈まつり たらこ飯













やはり鱈は、オス(白子)もメス(たらこ)も両方食べたいですよね。
昨年は大漁で、親戚の船で捕れた寒ダラをお土産にいただいてきました。

鱈は、いつも義母が全てさばいて送ってくれるのですが、そのままのタラを送った方が鮮度がいいからと、さばき方まで教わってきたのに、今年はその出番もなく終わってしまいそうです。 

寒鱈まつりは、鶴岡の「日本海寒鱈まつり」を皮切りに、酒田の「酒田日本海寒鱈まつり」、遊佐の「遊佐鱈ふくまつり」、そして由良の「由良寒鱈まつり」、道の駅「しゃりん」で行われる「しゃりん寒鱈まつり」など各地で開催されました。

そうそう、2月には東京でもあります。

食べられないとなると余計に食べたくなってしまうものですが、今年は写真を見て我慢しておきます。

手作り

信州の冬に欠かせないのが、野沢菜漬けです。
野沢菜は11月中旬頃から収穫されますが、本漬けをするのは霜が降りてから。

残念ながら今年は、姉が蒔いた野沢菜が不作だったので、我が家で漬ける分は親戚の家から分けてもらいました。 丈の長い立派な野沢菜でした。

野沢菜1













私が、野沢菜を漬けるのは今年が2度目ですが、
味は、調味料の分量や、保存場所によっても変わってきますので、
よく各家庭毎に違うと言われています。

野沢菜はまず、葉先を切り落として、大きな株には切り目を入れます。

野沢菜 













上の写真、右側が葉先を切り落としたもの。

次に野沢菜を洗いますが、野沢温泉辺りでは、共同の温泉場でみんなで一緒に洗っている様子がよくテレビで放映されていますが、ここではそうもいきません。

お湯で洗うと野沢菜が柔らかくなって、漬けるときにも折れないそうなので、
私もお湯で洗おうと思ったのですが、今どきは、普通のホースが接続できる水道の蛇口が無くなって、実家でもたった一箇所家の裏側にあるだけ、仕方なくそこまで洗い桶を運び、洗うことにしました。

野沢菜漬け調味料













野沢菜漬けは、塩漬けが一般的ですが、最近では醤油漬けも流行っているようです。

まずは、定番の塩漬けです。
使う塩は、野沢菜の量の3〜4%、それに生姜、唐辛子、昆布です。

漬物桶に野沢菜を並べては、塩、生姜、唐辛子、昆布を振り、また並べては同じことを繰り返します。 この他に、柿の皮を入れる人もいます。

これでだいたい野沢菜が20キロ。

野沢菜の塩漬け













そして、漬け込んだ後は、一気に水が上がるように、漬けたお菜の量の3倍の重石を載せます。 結構これが重労働なんです。

野沢菜漬け重石













今年は、漬けた翌日にはもう水が上がってきました。
それから、なるべく寒い場所で漬け上がるのを待ちます。

塩漬けの他に、わさび風味の野沢菜漬けに挑戦しようと思ったのですが、
レシピが発見できず、自分で勝手にわさびの粉を使って漬けてみました。

塩漬けの方は、まだ漬かり方が浅いですが、なかなか美味しかったです。

わさび風味の野沢菜は、残念ながらいまいち…でしたので、
これからどうしようか、思案中です。

そば&そば打ち

信州の秋と言えば、やっぱり「そば!」「新そばまつり」です。
北アルプスのふもと、大町市では毎年そばまつりが開催されています。

現在の大町市は、旧美麻村と旧八坂村が合併されましたので、
市内には美味しいそば処がたくさんあります。

ぐるっとそば処スタンプラリー


















そば祭りの期間中「そば処 スタンプラリー」に参加すると、ペア宿泊券をはじめ、地場参品などのプレゼントが当たります。

昨年も「そば処 スタンプラリー」に参加しましたが、プレゼントは何も当たりませんでした。残念!!

●ぐるっとそば処スタンプラリー参加店
開催期間: 2011年 10月1日(土)〜11月30日(水)

<大町市 大町> 
泉味、こばやし、タカラ食道、仁科、蕎麦処 美寿々、訃庄媛鮎ε后◆
訃沢製麺所、訌匆弊淑棺
<大町市 平>
野の花、いろり、すかんぽ亭、ゆ〜ぷる木崎湖、わっぱら家、そば処 高瀬川
<大町市 常盤>
そば処しみず、赤だすき製麺所

◆美麻、新行そばまつりは、10月10日〜10月20日
参加店 : 山品、ヨコテ家、古家荘、麻の館、美郷、ぽかぽかランド美麻

◆八坂、新そばまつりは、
明日香荘 : 10月下旬〜11月中旬(予定)
体験そば処「八坂」 : 10月28日〜11月6日(予定)

我が家でも、よく行くそば処があります。
やっぱり、お蕎麦が美味しい美麻が多いですが、「おひさま ロケ地 中山高原 そばの花畑」にも近いので、ぜひ一度足を運んでみてください。

過去記事、信州そばとおやき で紹介しているのは、美麻の麻の館です。

美麻 麻の館 そば














美麻のおそば屋さんは、美郷さん以外全て食べています。
また、ぽかぽかランド美麻では、日帰り温泉も楽しめます。
もちろん天然温泉ですよ。

さて、今年は何件制覇できるでしょうか?!
楽しみです♪
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。