サイトマップ

手作り

また今年も、恒例の梅干しをつける季節がやってきました。
ちょっとロハスな生活してますか?

実は今年、いつもと違うお店に梅を注文したので、南高梅を注文するつもりが、間違って普通の青梅を注文してしまい、ショックを受けていました。

その後、梅の出荷が遅れるという連絡があり、ダメ元で事情を説明すると、なんと、青梅は一旦キャンセルしてくれて、新に南高梅を注文することができたのでした。

ここ数年は、奈良の自然農法産の青梅を買っているのですが、なんとその梅が楽天市場のお店でも手に入るようになったのです!

自然食のお店に注文しても、梅は産直で送られてくるにしても、支払いのためにお店まで行かなければならなかったりして、いつも不便な思いをしていました。

実は、大手の自然食品店で買うより、楽天市場のこちらのお店で買う方が、値段が安いというのが最大のメリットなのです。^^

ネットショップって、以前はとても怪しいというか、顔が見えない分怖いというか、ちょっと信頼できそうにないと思っていたのですが、全国どこにいても良い物が手に入るというのはとてもいいことだと思います。

我が家では、主人の毎日のお弁当に梅干しは欠かせませんから、梅はとても大切なものなのです。

有機青梅の下漬け













今年の梅は、なんとも大きなサイズでした。もちろんこれが南高梅の特徴なのですが、今までこんな大きな青梅は見たことがありませんでした。

主人がまるでスモモのようだと言っていましたが、香りもスモモのような甘い匂いがして、いっそのこと、このまま食べてしまいたいくらいでした。

とりあえず、今年は5kgの青梅を下漬けしました。
後は、赤じそを入れて、土用干しができたら、本漬けです。

奈良の自然農法産の青梅は、楽天ショップの自然食品のたいようさんで手に入ります。多分、また来年もこちらのお店にお世話になると思います。^^

手作り

今年もようやく梅雨入りしましたが、6月といえば、梅の季節ですよね。
梅酒に梅干し、それかららっきょうも6月ですね。

今年は、いつもとは違う農家の青梅を使ったので、いつもより早い時期に梅酒をつくりました。もちろん、梅酒作りの担当は主人です。^^

毎年恒例の黒糖泡盛梅酒です。

黒糖泡盛梅酒














梅酒の作り方

梅干用の梅も、今年はいつもの自然食のお店ではなく、楽天市場のお店で買いました。はじめてですが、扱っている梅は、奈良の自然農法の梅です。
こちらの梅は、まだ来週届く予定なので、梅干しを作るのはそれからです。

そして、いつも通りの泥付きらっきょうを、今年は3キロ注文しましたので、まずらっきょうを塩漬けにしました。

この泥付きらっきょうは、なんと主人が洗ってくれました。
3キロといっても、最後の袋は、小粒だったので、4キロくらい洗った気分だったようです。お陰で私は大助かり!でもその後の根切りも結構大変なんですよ。

一番最初の年は、塩漬けらっきょうがあまりにおいしく、甘酢漬けすることなく食べ終わってしまいましたが、今年もこの一晩塩水に漬けたらっきょうがおいしいです。

日本酒のつまみにもピッタリですし、お漬物としてもバッチリです。

地元のいつも行くスーパーでは、らっきょうの歌が流れていて、毎日4粒食べましょうと歌われているほどです♪

らっきょうは2週間ほど塩漬けしたら、塩抜きをして甘酢漬けにします。

らっきょうの漬け方

手作り

今年は本当に暖冬ですね。ちょっとロハスな生活してますか?

自然食のお店に注文しておいた山形産の無農薬大豆と米麹が入荷したので取りに行き、主人のお休みの日を狙って、手作り味噌の仕込みをしました。

今年は、はじめて圧力鍋を使って、大豆を煮ました。
結局、3回に分けて大豆を煮ることになり、なんとなくいつもより余計に手間がかかった気がしました。^^;

最近では、マッシャーとかミキサーなどを使って大豆をすりつぶす人もいますが、我が家ではそういった器具は使わずに、手とか足とかで一生懸命大豆をつぶします。

多少、大豆の形が残っていても、それはそれでご愛嬌ということで…
やっぱり、手作り味噌は、市販の味噌とは比べ物にならないくらいおいしいです。

2009年仕込み味噌













上の写真が今年(2009年)仕込んだ味噌です。

下の写真が昨年(2008年)仕込んだ味噌です。
とってもいい色になって、おいしそうでしょう?!

まだ、一昨年の麦味噌が残っているので、昨年仕込んだ味噌をいただくのは、もう少し先になりそうです。

2008年仕込み味噌













本当に、お味噌作りは思った以上に簡単ですから、ぜひ今年は手作り味噌に挑戦してみてくださいね! 作り方は、以前の記事を参考にしてください。

手作り味噌の作り方

手作り

そろそろ手作り味噌を仕込む季節になりました。
ちょっとロハスな生活してますか?

いつもの自然食のお店で、手作り味噌を作るために無農薬大豆と米麹をそれぞれ1キロずつ注文しました。一昨年仕込んだ麦味噌がまだ残っていますし、昨年の米味噌もまだ手つかずのまま残っていますので、今年は1キロだけ仕込みます。

手作り味噌の材料や作り方は、以前の記事を参考にしてください。

手作り味噌の作り方

手作り味噌を作る際の大豆と麹の比率は、各地方や各家庭によってもまちまちだと思います。北陸地方などは、いわゆる「麹味噌」地帯らしく、麹をたっぷり使って仕込むようです。

塩加減も、好みですが、仕込む季節によって加減が必要です。
冬の寒い時期なら、それほど多くしなくても大丈夫ですが、春先から仕込む場合には、保存期間に暑い夏がかかりますから、多めにした方が無難です。

はじめて手作り味噌に挑戦しようと思ったときは、さぞかし大変だろうと思いましたが、実際に作ってみるとそれほど大変でもありませんでした。^^

お料理が好きな人なら、誰でも簡単にできると思います。
ぜひ、今年は手作り味噌に挑戦してみてくださいね。

はじめての味噌作りに挑戦してみたい人にお勧めなのが、材料が全部揃った手作り味噌セットです。これなら簡単にはじめられます!

明らかに市販のお味噌とは味が違いますし、自分で仕込んだ味噌の方が断然美味しいですよ!^^

手作り

京都の7月は31日間毎日真夏日(30℃)が続きました。
ちょっとロハスな生活してますか?

天日干し梅それにしても毎日暑いですね!
今ちょうど梅を干しています。
今年は梅を10キロ下漬けしました。
毎年だいたい4キロくらいなのですが、今年は妹の家の分として4キロ、そして更に2キロ追加して、合わせて10キロです。

実は、実家にヒエを取りに帰っている間に、梅を下漬けしておいたひとつの瓶が濁ってしまいました。こんなことはじめてです。ちょっと重石が重すぎたのかもしれません。

そこで、どうしたらいいのか調べてみましたが、これが「カビ」なのか、それともそうではないのかがよくわからなくて、ネットで見つけた和歌山県の南部町役場に電話して、どうしたらいいのかを聞いてみました。田舎の町役場ですが、とても親切に教えていただきました。ありがとうございました。

結局、これは「カビ」ではなくて、梅がつぶれて果肉が出てしまっただけでしたので、梅は全部取り出して焼酎で洗ってから天日に干しました。それから白梅酢は濾してから煮沸して冷ましました。つぶれて果肉が出た梅はさらに干し、つぶれていない梅だけを瓶に戻して白梅酢を注ぎ、赤じそをかぶせました。

そして、皮が破れてしまった梅が十分に干せたところで瓶に戻しましたが、これまでカビが発生することもなく、ようやく天日干しまでこぎつけることができました。

本来なら梅は土用の時期にお天気を見計らって「土用干し」するのがいいのですが、ちょうど主人の実家で法要があって里帰りしていたので、干す時期を逃してしまいました。^^;その後各地で災害をもたらせた大雨のせいで更に遅れること1週間。

京都の天神さん(北野天満宮)では、先月22日の大暑の日から梅を干しているようです。この梅は、「大福梅」と言って、毎年12月13日から参拝者に配られます。そして、元旦にこの「大福梅」を白湯に入れて食べると、一年間無病息災でいられる!と言い伝えられています。

我が家の梅は「大福梅」ではありませんが、健康のためにも日本人の食卓に梅は欠かせませんよね!さあ、頑張ってあと4キロ干さなくちゃ!それにしても我が家は西ベランダなので、夕方5時以降が一番暑いのです。^^; 

みなさんも水分補給を忘れずに、厳しい夏の暑さを乗り切りましょう!

ロハス 健康

久しぶりに週末はまとまった雨が降りましたね。
ちょっとロハスな生活してますか?

びわ昨年のちょうど今頃、主人の姉から枇杷(びわ)にはガン予防の効果があると聞いて、びわを分けてもらいました。今年もまた先週に続いて、今週もびわと枇杷の葉っぱをたくさんいただきました。

古来から枇杷の木は「薬王樹(やくおうじゅ)」とも呼ばれているほど、薬効が高い植物として知られています。ガン予防だけでなく、疲労回復、下痢止め、咳止め、ぜんそく、むくみ、利尿、糖尿病など慢性疾患にも効くと言われています。

私も昨年はびわの種を焼酎に漬けました。少しだけですが、もうそろそろ1年経つ頃です。びわの種は、皮をむいたほうがいいという人もいますが、ちょっと手間がかかるので、今年も皮付きのまま漬けてしまいました。

一般的にはびわの葉の焼酎漬けや、びわの葉を使った温灸などが良く知られています。「びわの葉酒」(びわ酒)はそのまま飲んでもいいですし、痛いところに塗ると鎮痛効果があるそうです。(※飲む場合は、用量「杯一杯程度!」を守ってくださいね!)

びわ葉それから、びわの葉はお風呂に入れて「びわ葉風呂」にしても疲れが取れていいそうですよ。

母には、びわの葉を靴底に敷いて歩くと疲れが取れると言われたことがあります。

びわの葉は「びわの葉茶」にしようと思いキレイに洗って干しました。雨が降っている間は部屋の中に入れるのですが、びわの葉の香りが部屋中に広がって、いかにも利きそうといった感じです。

びわの葉の処理方法は、人によって様々です。たわしでよく洗うという人と、たわしでゴシゴシ洗うと成分が流れ出てしまうという人もいます。私は言われたとおりたわしで葉の表と裏をゴシゴシ洗ってしまいました。びわの葉の裏には綿毛がついていますから、それを落とした方がいいという人とそのままという人がいるわけです。

びわ酒それから、よく乾燥させて2〜3センチの幅に切って保存します。
薬草茶はそのままよりもブレンドして飲むほうが相乗効果が得られるようです。薬草茶は百種類混ぜた方がいいという人もいるほど。こちらも試してみたいと思います。

今週いただいたびわの葉は、「びわの葉酒」にしてみようと思います。

手作り

雨が降ったり止んだりのお天気が続きましたが、今日はまた暑いですね。
ちょっとロハスな生活してますか?
泥付きらっきょう
我が家御用達の自然食品のお店は、大手の全国チェーンで自然食品を扱っている「ナチュラルハウス」と地元でお世話になっている「ヘルプ」の2件です。

大手は大手のメリット、地元は地元のメリットがあります。

今年の泥つきらっきょうは地元の自然食のお店「ヘルプ」で注文しました。千葉県産のらっきょうです。らっきょうは、あまり食べた経験がなくて、いわゆる食わず嫌いだったのですが、一度手作りした時からやみつきになってしまいました。

今回も、まだ塩漬けの段階なのですが、これがまたおいしいのなんのって!らっきょうってこんなにおいしかったの?と思いながら、晩酌のお供にされています。

泥つきのらっきょうは洗うのにとても時間がかかります。でも、洗いらっきょうはそのまま使えて簡単ですが、どうしても買う気にはなりません。もちろん自然食品のお店には洗いらっきょうは売っていませんからね。

洗いらっきょう6月は本当にいろいろ忙しいですよね!梅酒に梅干し、らっきょうにびわ…
実は今日も、びわの葉を洗うのに何時間も費やしてしまいました。

びわがガン予防に効果があるってご存知でしたか?
私も昨年、義姉に聞いて、びわ酒を作ったのですが、今年はびわ葉茶にも挑戦したいと思います。

びわの果肉は食べても、種は捨てないでくださいね!びわ酒の作り方、びわ葉茶の作り方はまた次回にご紹介したいと思います。

手作り

梅雨だというのに、さっぱり雨が降らない今日この頃ですが、ちょっとロハスな生活してますか?

青梅梅雨の合い間に、毎年恒例の梅酒を作ることにしました。我が家の梅酒は、「黒糖梅酒・琉球泡盛古酒(くーす)仕込み」と命名しました。我が家の梅酒に使うのは、ホワイトリカーではなく、琉球泡盛、久米島の久米仙「でいご・43度」です。

最近「黒糖梅酒」なるものが商品化され、主人がそれを見た瞬間「あっ!うちの真似した!」と言ったので、先手を打ちました。^^

梅酒はほとんど主人がいただくので、先日の主人のお休みの日に作ってもらおうと思ったのですが、どうも気が乗らなかったらしく、結局私に回ってきてしまいました。ということで、今年もまた私が梅酒を作りました。

今年の青梅は、奈良県産の有機質肥料100%で栽培した青梅ということで、いつものようにナチュラルハウスで購入しました。化学合成肥料は未使用。でも無農薬ではなく、減農薬のようです。今年は、無農薬、有機栽培の青梅は入荷しないということなので、仕方がないですね。

梅酒青梅の購入と共に、梅干用の梅を注文してきました。こちらは多分いつもの生産者さんの梅だと思うのですが、今年は、妹家族の分の梅干しも頼まれたので、いつもより多めに作る予定です。

最近では、ビニール袋で作る梅干しの作り方などというものがあるようです。これなら誰でも簡単にできそうですよね!梅干し作りは面倒臭いと思っている方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

おいしい梅酒の作り方は、以前の記事を参考にしてくださいませ。

梅酒の作り方

信州の自然&風景

先日、祖母の法事で帰省したのですが、その時、今年初めて北アルプスとご対面しました。今年のお正月、山はずっとしぐれていたので、その姿をみることができなかったのです。

ちょっとロハスな生活してますか?

4月の北アルプスちょうどこの日は青空が広がり、雪山がくっきりと浮かんでいました。子供の頃から、毎日この山を見ながら育ってきましたから、やっぱりホッとします!故郷の景色というのは、歳を重ねるごとに身にしみてきますね。

ちょうど京都では桜が満開でした。
信州では、まだこれから桜の季節が訪れようとしています。

帰省したその日も、実家の辺りではまだ雪が舞っていたらしいです。
それなのに、こんなにたくさんの、『ふきのとう』をいただいてしまいました。

ふきのとう
もちろん、その場ですぐに天ぷらにしていただきました〜!サクサクしてあまりにおいしいもので、写真を撮るのも忘れていました。^^;

残りのふきのとうはやっぱり『ふき味噌』ですね!
あのほろ苦さが何とも食欲をそそります。
子供の頃は苦くて食べれなかったのに、こんなにおいしいと思えるなんて…

ふき味噌
ちょっと見た目はよくありませんが、手前の麦味噌で作りました。
この麦味噌がまたおいしいのなんのって、やっぱり味噌は手作りに限ります。^^

おいしいものを食べている時って、なんて幸せな気分になれるんでしょう!そう思いませんか?

手作り味噌は、思ったよりも簡単にできますから、ぜひ一度挑戦してみてくださいね!

手作り味噌を作ろう!

手作り

今年も手作りみその仕込みの時期がやってきました。
ちょっとロハスな生活してますか?

先月、いつものように自然食のお店で、大豆とこうじを注文しました。
今年の大豆は、北海道産のJAS認定有機栽培大豆です。こうじは白米。
量はそれぞれ1キロずつです。

煮大豆いつものように大豆は洗って一晩水に漬けておきます。それをことことと3〜4時間煮ます。圧力鍋を使うと時間が短縮されていいのですが、いろいろ他のこともしながらなので、私には普通の鍋の方がちょうどいいんです。

やわらかくなった大豆をザルにあけて冷まします。それからつぶしにかかります。いつもはビニール袋に入れて足でつぶしたりするのですが、今年は手で… 結構時間がかかってしまって疲れました。

塩とこうじをよくばらして混ぜたところに、つぶした大豆を加えてよく混ぜます。
そしてみそ玉を作ります。(これは空気を抜くためです)

みそ玉あとは保存容器に、すき間がないように詰め込んでいきます。私はいつもビニール袋に入れてからタッパーに保存しています。

本当なら、みそが呼吸できるように、瓶(かめ)や樽の方がいいんですけど、梅干用の瓶だけでも3つあるんですよ!これ以上増えると保存場所に困ってしまうので、積み重ねができるものを利用しています。

昨年は、米みそと、麦こうじを使った麦みそを仕込んだのですが、まだその米みそが少し残っています。そして麦みそはちょっと味見しただけでほとんど残っているので、今年は1キロだけにしました。

麦みそこれは昨年仕込んだ麦みそです!
いい色になってます。

今年はこの麦みそが我が家の主役です。
もっと詳しいみその作り方は、
昨年の記事を参考にしてくださいね!

手作り味噌の作り方

ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。