サイトマップ

ロハスな食事

わらびは普通にアク抜きすると色があせてしまうので、なんとか青々しいまま保存できないかと思い、ネットで検索してみましたがなかなかヒットせず…
毎年、こごみを届けてくれる知り合いに訪ねてみると、いい方法があると教えてくれました。

蕨の灰汁抜きをする時、銅線を一緒に入れるとずーっと緑色のままなんだそうです。 銅線って、電気のコードとかに使われている、あれ?

ということで、まずは銅線探しです。 
主人がアース線がいいだろうというので探したのですが、見つからず…
スピーカーコードを見つけたので、周りのビニールをはがして使うことにしました。

どのくらいの長さの銅線が必要なのか聞き忘れたので、
取りあえず1メートルくらいで試してみることに…

我が家では、アク抜きには薪ストーブの灰を使いますが、その人はワラを燃やした灰を使うそうです。 そうすると、二晩くらい放っておいても全然大丈夫とのこと。

ストーブの灰を使う場合、あまりたくさん入れすぎるとわらびが溶けてしまうので、今回は灰の量を加減して、一晩置いてみました。
すると…

わらび アク抜き 銅線














わらびが緑色のままでした。
めちゃくちゃ嬉しかったです。

ただ、アク抜きしたわらびの長期保存はおすすめできないとのこと。
やはり、旬のものは旬の時期に頂くのがいいようです。

あく抜きしてから塩漬けする方法は姉が教えてくれたのですが、それはあまりおすすめできないそうです。 確かに、わらびが固くなってしまいます。 
それに、色も黒ずんできます。

姉は、黒く変色したわらびが好きなんだそうですが、私は緑色のわらびが食べたいわけです。

わらび 塩漬け














長期保存のおすすめの方法は、生のままのわらびを塩漬けにすることだそうです。 それこそ、ワラビが多いか塩が多いか?というくらい大量の塩に漬けるそうです。

上の写真は、まだ一段目です。
塩とわらびを交互に漬け、お正月になったら、一段ずつ取り出して食べるそうです。

但し、これが緑色のままなのかどうかは定かではありません。
そこまで聞くのを忘れていました。

わらび 粕漬け














こちらは、あく抜きしたわらびを粕漬けにしたときのものです。
主人は、粕漬けのわらびも美味しいと言っていました。

他には、ぬか漬けにもしましたが、私は粕漬けよりも、ぬか漬けの方が好きですね。 それから醤油漬けも美味しかったです。

わらびは、おしたしや煮物、炊き込みご飯、そばやうどんのつけ汁にも合います。 そうそう、卵とじも美味しいそうですよ。

また来週もわらび取り! 楽しみです。 

ロハスな食事

信州の春は山菜の宝庫です。 
こごみ、タラの芽、わらび、うど、こしあぶら、などなど・・・

まず、最初に食べたのは「こごみ」です。 毎年、実家の庭に出てきます。 
それから、小川村で採ってきたといういただきものの「こごみ」。

実家のこごみは、一度取っても次から新しい芽がまた出てきますから、
何回か楽しめます。 でも、山になっているのは一度きりなんだそうです。 
ということは、蕨と一緒みたいですね。

前にも紹介しましたが、歯ごたえバリバリなこごみなんです。
こごみ@春の山菜

そして、タラの芽。
昨年、実家の家の庭に数本移植したのですが、根付いたのはたったの1本だけ。 でも、地元の人は、畑でタラの芽を育てている人もいますから、野菜みたいなものなんでしょうかね?! もちろん、山で採れるタラの芽の方が断然美味しいそうですよ。

そして、わらびです。
今年は、姉に連れられて、始めての場所に行ってきました。

溜池 わらび取り













こんな場所があるなんて全然知りませんでした。
なんか私の知らない地元がまだまだありそうです。

そしして、いつもの場所へ・・・
この日はまだ芽吹いたばかりのわらびばかり、もう少し日にちを置いた方が良さそうということで、数日後に出かけてみると、先客がいました。

仕方なく、いつもと場所を変えて採ることにしたのですが、思った以上に収穫がありました。 こごみのように、湯がいてすぐに食べられればいいのですが、アク抜きしないと食べられないというのがちょっと面倒なんですよね。

わらび













大鍋2回分の量でしたので、大収穫ですね。
わらびと一緒に収穫したウドは、天ぷらにしていただきました。

わらびは、アク抜きをして塩漬けにすると、色が真っ黒になってしまうので、
なんとか緑色のまま保存できないかと、いくつか違う方法を試してみましたが、果たして結果はどうなるのでしょうか?

結果はまた後日ご報告いたします。

旬の時期に旬のものを自分で採って食べる!
やっぱり田舎暮らしは最高ですね!

信州の自然&風景

先週末、実家の田植えも無事に終わり、中山高原の菜の花畑が見頃を迎えたかどうか気になり、出かけてきました。

中山高原のそば畑は、ドラマ「おひさま」のロケ地として知られていますが、
実は春には菜の花畑に変身します。

中山 菜の花畑 1













昨年は、残念ながら菜の花畑は全滅。
冬の間に、鹿に食べられてしまったそうです。

今年は、例年よりも作付面積は小さくなってしまったものの、
斜面一面真黄色の菜の花が咲き誇っていました。

中山 菜の花畑 2













お天気がいいと、菜の花畑が広がる丘の上からは、北アルプスも臨めます。

この日は、ちょっと雲が広がって、山並みがくっきりと浮かんでいませんが、
それでも最高の眺めでした。

中山 菜の花畑 3













最近では、信州でも鹿(ニホンジカ)が増え、捕獲が続いていますが、
捕獲された鹿を資源として活用しようという取り組みが始まっています。

地元でも、鹿肉を使った「ジビエ料理」が考案されたりしていますし、
菜の花畑の隣にも、ジビエ料理が楽しめるお店がありました。

「もみじ」という別名もある鹿肉ですが、いずれにしろ、その命をいただくわけですから、感謝していただきたいものですね。

菜の花の収穫が終わると、中山高原はまた秋に向けて、そば畑に変身します。

信州の自然&風景

桜の開花が遅かった北信州でも、たった一日だけのお花見では寂しいものがあります。 そこで、まだ桜の花が見頃な場所を探して訪れてみました。

こちらは、市内にある「仁科三個」の1つ、中綱湖(なかつなこ)です。

中綱湖 オオヤマザクラ1














こちらの桜は、そめいよしのではなく、オオヤマザクラといいます。
ヤマザクラのようですが、花の色がもっと濃いピンク色をしています。

湖面に映るピンク色!
上の写真ではあまりよくわかりませんが、とても綺麗でした。

中綱湖 オオヤマザクラ2














自生しているオオヤマザクラとしては、ここが本州の南限になるそうです。

なんと、市内の天然記念物に指定されているそうです。
知りませんでした。

中綱湖 オオヤマザクラ3














仁科三湖の一番北にあるのが青木湖ですが、
その湖畔にも満開の大きなオオヤマザクラが立っていました。

冷たい雨で散ってしまったソメイヨシノの後に、
オオヤマザクラが楽しめるなんて!

そうそう、昨年家の庭に植えた桜の木、まだこれから満開です。

信州の自然&風景

信州でも、GWにお花見が楽しめるのは、信濃大町ぐらいでしょうか?
今年は春の訪れが本当に遅くて、今か今かと待ちわびていました。

ようやく梅の花がほころんだと思ったら、すぐ桜の花が開花、
一緒に満開になりました。

観光道路の桜並木













市内のお花見スポットは、何といっても大町公園と観光道路の桜並木です。
ここからの眺めは本当に素晴らしいです。

蓮華岳と観光道路の桜













上の写真は蓮華岳(れんげだけ)です。
蓮華岳は、日本三百名山にも選定されています。

爺ヶ岳と観光道路の桜













こちらは爺ヶ岳(じいがたけ)、春になると種蒔きをしている爺さんの雪形
「種まき爺さん」が見られることでも知られています。

観光道路の桜並木と北アルプス













我が家のお花見は基本的に「歩き」が原則なのですが、
京都のように歩いて回れる観光地ではありませんので、移動は車で。

桜並木に沿って、しばし散策。

桜並木と北アルプスを堪能してから大町公園に向かいましたが、
駐車場が満車状態でしたので早々に退散することに。

桜の花びら













待ち望んでいたお花見も、今年はたったの一日だけ。
あっという間に花開き、冷たい春の雨と共に散ってしまいました。

京都にいた頃のように、連日のお花見三昧ができなくて、ちょっと残念。
まだどこかで人知れず咲いている桜の花を求めて、出かけてみたいと思います。

手作り

薪ストーブに欠かせない、薪集めや薪割り仕事をした後の疲労感を癒してくれるのが、お風呂上がりの手づくりビールです!

手づくりビール ジョッキ













信州に引っ越したら、主人がやりたいと言っていたことがあります。
ひとつは、手作りビールを作ること、もうひとつはどぶろくづくりです。

若い頃はお酒なんて飲まなかったのに、仕事付き合いで飲み始め、
今ではほとんどアル中状態です。^^;

主人は、お酒には特にこだわりがあって、ビールは麦芽100%、日本酒は純米酒しか飲みません。(もちろん、宴席などで、仕方なく飲むこともありました。)
つまり、家計的には酒代がかさむわけです。

そこで、「自分で手作りビールを作れば、家計も助かる!」と力説され、
ビールづくりを始めることにしました。

まずは、「手作りビールキット」なるものを購入。

手づくりビール キット













キットの内容は、1次発酵用ポリタンク(22リットル)、発酵栓、ビールのモルト、打栓器、王冠、消毒用スプレー、洗浄用ブラシ、棒温度計、仕込み記録用紙、手作りビール読本です。

それから、実際に手づくりビールを詰めるビール瓶です。
もちろん酒屋さんで瓶を購入してもいいんですよ!
でも、最近はなかなか売ってくれないみたいなんですよね〜。

モルトの種類は色々ありますが、うちではピルスナーとラガーを使っています。
夏は、やっぱり苦味があって、スッキリ爽快、飲みごたえのあるラガーがおすすめですが、冬はちょっと軽くて、すっきりした味わいのピルスナーがおすすめです。

手作りビールの作り方は本当に簡単ですから、誰にでも作れます。
しかも、本当に美味しいんです!

主人が手作りビールを作り出してから、姉夫婦も作るようになり、手づくりビールの輪が広がりました。 親戚にあげたり、友だちにあげても、みんなが美味しいと絶賛してくれます。

材料は、麦芽、水、砂糖、そしてイースト菌だけ!

作り始めた当初は、主人も気合が入っていたのか、近所の湧き水をわざわざ汲んできて作っていました。 雨の降る日も、雪の降る日もです。

大黒様 女水













経費的には、最初の手づくりビール500mlのお値段は1本600円くらいしていましたが、今はその10分の1で、1本60円以下ですから、本当に経済的です。

もちろんそれ以上に、本当に美味しいんです!
市販されている麦芽100%のビールなんて比べものになりません!
美味しいビールを飲みたい人には本当ににおすすめです。

薪ストーブ

薪ストーブのために集めてきた軽トラック8杯分の間伐材ですが、まずはチェーンソーで切断していきます。 薪の長さは薪ストーブの大きさによって違いますが、うちのストーブの場合は、40センチ位の長さに揃えて伐ります。

それ以上長いと、扉が閉まらないんです。
時々、主人が押し込むこともありますが、そのせいかストーブの内部がちょっと変形してしまいました。^^;
 
薪割り機













昨年の薪割りは、ほとんど薪割り機にお世話になりました。
こちらの薪割り機は姉夫婦からお借りしたもの。 
細い薪なら多少斜めにすれば入るので大丈夫なのですが、太い薪はストーブに入りません。

薪割り













しかし今年は、主人が薪割りにはまってしまったようで、斧で薪を割っています。 斧で割れ目をつけてから、クサビを差し込んでハンマーで割ります。

どうやらスパッと割れる瞬間が快感になってしまったようです。
でも、斧だけでは、なかなかスパッ!なんて割れないものなんですよね〜^^;

薪棚1













本来ならまず、新たな薪置き場を作ることからはじめるのですが、
今回間伐材を積み上げた場所がまさにその薪置き場でした!

そうなんです! 何も考えずに運び込んでしまったので、何度も薪を移動させるはめになってしまいました。

薪棚2012













仕方なく、一度積み上げた場所から、ある程度短くしてから、別の場所へ。
そしてまた、新たに積み上げていきます。

もちろん、その間にも追加で軽トラ数回分の間伐材を運び込んでいますので、足の踏み場もありませんでした。 間伐材を運び込んでから、ほぼ1ヶ月間かかって薪作りが完成しました。

薪棚3













でも、まだ昨年末にいただいてきた母校の桜の木が残っています。
けっこう朽ち果てていて、スカスカのようですが、これからまた薪作りです。^^;

薪ストーブ

2012年桜の開花予想が発表されましたが、信州ではまだまだ春の訪れは先のような今日この頃です。 ちなみに今日は朝から雪なので、最低気温もそれほど低くありません。

本当なら冬の間は、薪ストーブの傍でのんびり過ごしたいところなのですが、そうもいかないのが薪ストーブ生活。 なぜなら、森林や木の間伐時期は、木の休眠期である冬場に行うのが一般的、春になって木が水を吸い上げる前までに切り倒さなければなりません。

薪ストーブ生活を楽しむ人たちの趣味は薪集め(?)ですが、いつでも周囲を観察して、間伐している人を発見したら直ぐに尋ねるというのが常です。

先々週、近郊の河原で間伐をしている人たちを発見、尋ねてみると「持って行ってもいい!」とのこと。 「数日間は重機が入るから、その作業が終わったら持ち出しOK!」との許可をいただきました。

川原の間伐材1













そして数日後、主人と義兄の3人で出かけて行くと、そこには宝の山が…
なんと川原の両岸には、切り倒された「ニセアカシア」の木が山ほど!
私たちの想像をはるかに超えた量の間伐材でした。

それにしても、また雪の中での作業です。

川原の間伐材2













もちろん、太くて長い木は、男2人がかりでも持ち上がりませんから、チェーンソーで切断してから運びます。 そして運んだ後は、薪ストーブに入る長さに切断します。

間伐材 1日目













3人で一日作業をして運んだ薪が、軽トラック4杯ずつ。
そして、翌日もまた軽トラック4杯ずつ運び、薪だらけになってしまいました。

間伐材 2日目













今年はまだまだ薪の在庫に余裕があるので、まさかもう来シーズンの薪集めに出かけるようになるとは思ってもいませんでした。

でも、これだけあっても、たったの2〜3ヶ月分なんですよ!
そしてこれから主人は薪割り、私はチェーンソーでの切断と積み上げ作業が待っています。

寒さを堪えての作業は辛いものですが、ひと仕事した後の心地よい程の疲労感、そしてお風呂上がりの手づくりビールがたまりません!

ロハスな食事

山形県庄内地方では、この時期になると各地で「寒鱈まつり」が開催されます。

いつもなら、とっくに主人の実家から寒ダラが届いているのですが、今年はシケ続きで船が漁に出られず、せっかく出ても不漁で、恒例の「由良寒鱈まつり」も、由良ブランドの寒ダラではなく、近海もの(秋田産)の鱈でどんがら汁が作られたそうです。 もちろん、生鱈の販売も中止だったようです。

なぜか、いつも決まった時期に食べていた「旬のもの」が食べれらないというのは、やはり寂しいものですね。

こちらは、昨年の「由良寒鱈まつり」に行った時の写真です。

由良寒鱈まつり どんがら汁













初めて地元で食べた「どんがら汁」の味は最高でした。
こんな大きな白子も入っていました。

由良寒鱈まつり どんがら汁 白子













由良のどんがら汁のきめては「あぶらわた」、そして、いっぱいのアラです。
そのアラをしゃぶるようにして食べるのが美味しいのに、観光客の人たちって残しちゃう人がたくさんいるんですよねえ〜、ああもったいない!!

ご飯の上に、味付けされた鱈の子が乗った「たらこ飯」、こちらも美味しかったです。

由良寒鱈まつり たらこ飯













やはり鱈は、オス(白子)もメス(たらこ)も両方食べたいですよね。
昨年は大漁で、親戚の船で捕れた寒ダラをお土産にいただいてきました。

鱈は、いつも義母が全てさばいて送ってくれるのですが、そのままのタラを送った方が鮮度がいいからと、さばき方まで教わってきたのに、今年はその出番もなく終わってしまいそうです。 

寒鱈まつりは、鶴岡の「日本海寒鱈まつり」を皮切りに、酒田の「酒田日本海寒鱈まつり」、遊佐の「遊佐鱈ふくまつり」、そして由良の「由良寒鱈まつり」、道の駅「しゃりん」で行われる「しゃりん寒鱈まつり」など各地で開催されました。

そうそう、2月には東京でもあります。

食べられないとなると余計に食べたくなってしまうものですが、今年は写真を見て我慢しておきます。

地球温暖化対策

長野県では平成21年8月から「信州エコポイント事業」がスタートしました。
実家のある信州に引っ越すにあたり、薪ストーブを購入したのですが、
その時にいただいたのが「信州エコポイント」でした。

薪ストーブ MD-80


















そのためには「信州エコポイント事業」に参加する必要があるのですが、
ただ書類に記入するだけの、ごくごく簡単なものです。

「信州エコポイント事業」とは、家庭において温暖化防止のための活動を行ったり、省エネ設備機器を購入することで「信州エコポイント」がもらえ、このポイントは「事業協賛店舗」で特典と引換えることができるというものです。

※省エネ設備機器とは、
太陽光発電システム、太陽熱給湯システム、エコキュート、エコジョーズ、エコフィール、エコウィル、エネファーム、ペレットストーブ、薪ストーブなど

薪ストーブを購入した際には、40ポイントいただきました。
※1ポイントは100円相当です。

その後、実は何の活動もしていなかったのですが、昨年の夏に「プレミアムエコポイント」の案内が届き、ちょっとやってみることにしました。

「プレミアムエコポイント」とは、電力需要が高まる夏季(7月〜9月)と、
冬季(12月〜2月)に節電対策に取り組むことで、各3ヶ月間の電気使用量の合計が前年度より少なかった場合、最大で10ポイントもらえるというものです。

信州は夏でも涼しいので、実家にはエアコンはありません。
今年は、更に涼しかったので、扇風機の出番もあまりありませんでした。

家の周りには、4箇所に朝顔やゴーヤのグリーンカーテンを作り、一番熱い午後には買い物に出かけて涼み、もちろん冷蔵庫の設定温度は「中」、炊飯器も保温は極力使わない、トイレの便座も温度を下げました。

ちょっとしたことの積み重ねで、昨年よりも電気使用量の合計が少なかったので、活動報告書を提出、プレミアムエコポイント5ポイントをゲットしました。

ついでに、「減CO2アクションキャンペーン」にも登録しました。

減CO2アクションキャンぺーン













電気代の無駄使いって結構あるものだなあ、というのが実感です。

一人ひとりの行動はホントに微々たるものかもしれませんが、小さな積み重ねが大きな力となるんですよね。 これ以上、地球環境を悪化させないためにも、一人ひとりができることからはじめてみませんか?

ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。