サイトマップ

京都の自然&風景

名古屋から各駅で京都へ戻り、駅から歩いて清水寺へと向かいました。
途中、仕事終わりの主人と待ち合わせをして、八坂の塔に向かって歩き、
そこから三年坂を登って行きました。

清水寺には、もう随分前に行ったきりで、かれこれ20年近くは足を延ばしていなかったと思います。途中、お土産物屋さんをのぞきながら、まるで二人ともおのぼりさん気分でした。

清水寺の舞台と塔













毎年、いつかは夜桜を見に行きたいと思っていたのですが、これでようやく念願が叶いました。本当は母を連れて行きたかったんですけどね、夜は早く帰りたいというので断念しました。

清水寺の夜間拝観は、昼間の拝観が終了してから一度閉門し、午後6時から再び開門されるのですが、余りの人の多さにこの日も、少し早くオープンしていました。

ライトアップの清水寺の塔

















ちょうど日が沈みかけて、西の空が赤く染まっていました。
今年の清水寺の夜間拝観は、4月12日(土)まで。

日本人だけでなく、外国人の姿が多いのにもびっくりでした!

ライトアップの清水寺の塔と桜













清水寺の池と桜のライトアップ













清水寺の池と桜の花びら













本当は、もっときれいなんですよ!
やっぱり、実際に目で見るようには撮れませんね。^^;
デジカメでは限界があります。

ライトアップは、桜の時期より、紅葉の時期の方がもっとキレイかもしれません。それか、もっと桜の花が映えるような光を当てて欲しいと思いました。

でも、桜の花にとっては、夜に光なんて迷惑な話かもしれませんよね。
本当なら、そっとしておいてあげたほうがいいんじゃないの?とか思ったりして…

桜さんたち、ご迷惑をお掛けしました。
また、来年お会いしましょう♪

京都の自然&風景

京都では、毎年桜の時期は途中で雨が降り、桜の花びらが早く散ってしまうことがあるのに、今年は雨も降らず、本当に毎日良いお天気が続いています。
春というよりも、初夏のような陽気です。

ちょっとロハスな生活してますか?

蹴上インクラインの桜一昨日まで実家の母が上京していて、京都で初めてのお花見を楽しみました。

母はもう80歳、杖か手押し車がないと、ひとりでは歩けないほどになってしまったので、上京はもう無理かなあと思っていたのですが、「京おどり」のご招待券をいただいたので、思い切って誘ってみました。

最初は無理だと諦めていたのですが、本人がその気になり実現しました。

父の介護があるのでたったの2泊3日でしたが、岡崎疎水で十石舟に乗ったり、舞妓さんや芸妓さんが踊る「京おどり」を見て、堪能して帰りました。

岡崎疎水で十石舟が運行されていることは以前から知っていたのですが、こういう機会でもなければ、わざわざ乗ろうとは思わなかったでしょうね。

実はこの十石舟とっても人気があって、お昼くらいには乗船券が売切れてしまうほどなんです。でも、乗船券の発売は当日のみなので、主人が仕事前に早めに出て、チケットを買ってくれました。

岡崎疎水の桜













歩けない母に、なんとか歩かずにお花見を楽しませてあげたくて、この舟に乗せてあげることを思いつきました。

本来は朝9:30〜、夕方16:30までの運行予定でしたが、余りの人気に、
朝は8:30〜、夕方は17:30まで運行を延長していました。

十石舟は、5月の連休まで運行していますが、どうせ乗るなら今の桜の時期がおススメです!

宮川町川端の桜













それから、ちょっと早めのお昼を済ませ、いよいよ宮川町の歌舞練場で上演されている「京おどり」を見に出かけました。

京都に住んでいても、やはり余り馴染みがないですよね、舞妓さんとか芸妓さんて、それこそこんな機会でもなければ、一生お目にかかれません。

今回の母の京都の旅は、初めて尽くしでした。

以前から、一度でいいから「新幹線」に乗ってみたいと言っていたので、京都から名古屋までのたったの35分でしたが、「のぞみ」に乗って、子供のように喜んでいました。

もちろん、母ひとりで新幹線に乗って名古屋で乗り継いで帰るなんて無理ですから、一緒に名古屋まで行って特急列車に乗せて、出発を確認してから帰ってきました。

そして、私は清水寺の夜間拝観へ…

京都の自然&風景

京都の桜はちょうどこれからが見頃です。
ちょっとロハスな生活してますか?

私の住む京都市の北部でも、桜の花がチラホラとほころびかけてきました。
近くの宝ヶ池公園には、毎年決まって1本だけ早く咲く桜があるのですが、今日辺りは周辺の桜も花を咲かせ始めていました。

実は数日前の京都新聞に、京都御苑の枝垂れ桜(シダレザクラ)の写真が掲載されていたので、ぜひ直接見てみたいと思い出かけてみました。

京都御苑の桜1













今出川御門から近衛邸跡に向うと、近衛池に向かって一眼レフのカメラを構えた人がたくさんいたので、いったい何を撮っているのだろうと思って見ていたら、池に潜り獲物を獲っているカワセミの姿を狙っていたようでした。

その時、ちょうどカワセミが池から飛び出してきたのですが、一瞬遅かったですね〜、残念ながら、私のカメラに収めることはできませんでした。

それにしても、皆さん立派なカメラをお持ちでした。^^;

京都御苑の桜2













京都でも朝方はまだちょっと肌寒いですが、午後になるとポカポカ陽気です。京都御苑の桜が咲いている場所では、どこも家族連れや観光客の人たちで賑わっていました。

京都御苑の桜3













満開だったのは、糸桜と呼ばれる枝垂れ桜だけで、まだまだソメイヨシノのつぼみは固く、満開の桜を楽しめるのは、もう少し先のようです。

今週末は、たくさんの場所で、桜まつりやライトアップが行われるようです。

私もまだまだお花見に出かける予定ですので、また桜の花の写真をたくさん撮ってきて、アップしたいと思います。

京都の自然&風景

先日、実相院門跡に行った後、雪景色の金閣寺を見たいと出かけたのですが、実はその時は一足遅く、金閣寺に積もった雪はとけていました。

朝のうちは、まだ雪が残っていたようですが、太陽が当たり出して、とけてしまったようです。

もちろん、雪がなくても金閣寺はとっても美しかったのですが、今日また雪が降ったので、今朝はオープン時間に間に合うように出かけました。

それにしても、すごい人です。
やっぱりみんな雪の金閣寺を観たいのですね。

それはもううっとりしてしまうほど、綺麗でした。

今回は、撮影した金閣寺の写真をスライドショーにしてみましたので、お時間がある方はご覧くださいませ。



まだまだ編集がいまいちですが、金閣寺の美しさが伝わればと思います。

京都の自然&風景

京都は朝から雪が降っていましたが、お昼前にはすっかり跡形もなくなっていました。最近にしては珍しく、天気予報が当たりましたね。^^

今日は、朝一番で「実相院門跡」に行ってきました。
以前、新聞に投稿されていた写真がなかなか素敵で、とても気に入っていたので、自分でも撮りたいと思っていました。

ここ岩倉は、京都といっても、市内ではなく、京都北部の天気予報と同じだと思ったほうが良い時があります。実相院門跡は、そんな京都岩倉にあります。

近くに病院や介護施設が多いので、朝から人がたくさん行きかっていました。
雪の写真というよりも、やっぱり京都の寺社仏閣の雪景色を撮りたかったのです。

実は、昨年新しいカメラを買いました。いつもお世話になっている大阪グルメブログさんの写真があまりに素晴らしいので、やっぱり新しいカメラが欲しくなってしまいました。

写真もいいですが、たまには動画にチャレンジしてみました。
まだまだ編集も下手ですが、良かったらご覧ください。



本当は、門が開くまで待っていたかったのですが、あまりの寒さに断念しました。今度はしっかり装備して、出かけたいと思います。

それから、実は金閣寺さんにも行ってきたのですが、金閣寺さんの写真はまた次回にアップしたいと思います。

京都の自然&風景

昨日はあいにくの雨で、カエデの葉もだいぶ落ちてしまったことでしょう。
ちょっとロハスな生活してますか?

せっかく東山まで来たので、ついでに真如堂さんにも行くことにしました。
ここ真如堂さんは、春の桜の時期もお薦めですが、紅葉もまたみごとです。

真如堂参道の紅葉













いつだったか、映画の撮影のための下見でしょうか?
そんな人たちが真如堂さんを訪れているのに出会いました。
京都はなぜか映画のシーンが良く似合います。

真如堂鐘堂













京都は、車でまわるより自分の足で歩くのが一番です。
真如堂さんには駐車場がありませんので、せっかく紅葉を見にきたのに、
見ずに帰ってきたという人がいましたが、本当にもったいない話です。

鷺森神社の紅葉













そしてまた、先週はまだあまり色づいていなかった鷺森神社へ行ってきました。

鷺森神社の参道もまたきれいです。
やっぱり桜の名所は紅葉の名所でもあるんですよね。

鷺森神社参道の紅葉













ひょっとしたらこの日が一番きれいだったかも?

今年も、見事な紅葉を堪能させていただきました。

地球温暖化で、こんな時期まで紅葉が楽しめて、良いような悪いような・・・
でも、やっぱりこれは良いことではありませんよね。

このままでは生物の生態系がどんどん崩れていってしまいます。
少しでも自分にできることから、地球温暖化防止に役立つことに参加していきたいと思います。

地球温暖化防止対策

京都の自然&風景

12月だというのに、京都の紅葉はまだ今が真っ盛りです。
ちょっとロハスな生活してますか?

今回は、京都東山へ紅葉狩りに出かけました。

この辺りには、南禅寺、永観堂、若王子神社、大豊神社、安楽寺、法然院、
そして銀閣寺へと続く哲学の道があります。

永観堂は、「紅葉の永観堂」と呼ばれるだけあって、今年もまた、それはそれはみごとな紅葉を見せてくれました。

永観堂の紅葉













見てください!この真っ赤な紅葉を・・・

拝観料を払って境内に入る必要がないくらい、外からの眺めも素晴らしかったですよ♪^^

そして、ここから哲学の道に沿って北に向かいます。

哲学の道

川面に映る紅葉もまた素敵でしょう。

哲学の道は、桜の名所としても知られていますが、紅葉の時期もまた格別です。

哲学の道の紅葉













そして、狛犬ではなく狛ネズミがいる大豊神社を経て安楽寺へ。

安楽寺は、通常は非公開ですが、春と秋だけ特別拝観が行われます。

ここもまた見事な紅葉でした。

安楽寺













カメラを手に、時の立つのも忘れそうなくらいです。

次から次から人が訪れるので、なかなかシャッターが切れません。^^

そして次は法然院へ。

法然院の萱葺屋根













人の切れ目を待ちながら、ようやくカメラにその風景を収めることができました。この萱葺き屋根の山門がなんともいえません。

そして、ここからちょっと南へ引き返して、白川通りの西側にある真如堂さんへ向かいます。 真如堂さんの紅葉もまたうっとりしてしまいますよ。

主人の連休を利用して、ここぞとばかりに紅葉三昧を楽しんでいます。^^

京都の自然&風景

隠れた紅葉の名所を後に、南へとさらに足を延ばしました。
ちょっとロハスな生活してますか?

京都で暮らし始めた頃、一乗寺に住んでいました。
一乗寺といえば宮本武蔵で有名な「一乗寺下り松」があります。
しかし、京都には二つの「下り松」があるそうです、ご存知でしたか?

ここから東へ上がるとすぐに詩仙堂があります。
今回は、ここはちょっとパスして、一路、曼殊院へ向かいました。

曼殊院の紅葉













思っていたほど観光客も多くなく、紅葉を堪能できました。
曼殊院門跡までは、ちょっとした上り坂です。
お陰でいい運動になりました〜。^^

詩仙堂辺りで追い越した団体さんたちが、知らない間に後ろに迫っていました。

曼殊院門跡の紅葉













ここの散り紅葉は、それはもうみごとですよ!

曼殊院は毎年のように訪れていますから、過去の紅葉の写真もご覧いただけます。 曼殊院の紅葉

曼殊院を後に、鷺森神社へ行ってみましたが、まだほとんど葉は赤く染まっていませんでした。

解脱山の紅葉













次に目指すは、赤山禅院です。
途中、解脱山の紅葉を眺め、修学院離宮の山々の紅葉を満喫します。

この辺りは、いつものお気に入りの散策コースです。

ここからの眺めがまたなんとも言えません。
なぜか、毎年会いに行きたくなってしまうのです。

修学院離宮裏山













京都の紅葉は、自分の足で歩いて見て回るのが一番おススメです。

この日も良く歩きました。
それなのに、疲れるどころか余計元気になってしまいました。
これも、自然が織り成すみごとな紅葉の賜物ですね。

赤山禅院の紅葉

赤山禅院の参道も、色鮮やかな紅葉がきれいでした。

本当はもっとたくさん写真を撮っているのですが、なかなか思うように色が出なかったり、ブレたりしてしまって、アップできません。

そろそろ、新しいカメラに買い替え時なのかもしれませんね〜^^;

それでは、またすてきな紅葉の風景に出会えたら、ご披露したいと思いますので、お楽しみに♪

京都の自然&風景

京都の紅葉は今が一番綺麗です。ちょっとロハスな生活してますか?

八瀬に行く途中で見つけた隠れた紅葉の名所は、小さなお寺さんでした。
ほとんど観光客の人が訪れることもないでしょう。

ちょうどこの日は、常連ご夫婦さんの先客がいました。

散り紅葉













とってもいい所だからと勧められて入ってみたのですが、本当に静かで落ち着くお寺さんでした。

大きな道路からちょっとだけ奥に入っているだけで、こんなにも落ち着くものかとびっくりしてしまいました。

二人とも、ここだけでもう紅葉を目一杯堪能してしまいました。

本堂に映る紅葉













本堂もとても手入れが行き届いている様子で、こんなところからも紅葉を楽しむことができます。

また、本堂からの眺めも最高です。

そして時の経つのも忘れ、いつまででもその場に留まっていたくなってしまうような空間でした。

本堂から見る紅葉













このお寺さんの名前ですが、実はここには書くことができません。
それは、「他言無用ノ事」というお寺さんの意向でもあります。

しかし、どうしても知りたいという方は、メールで問い合わせていただければ、
お教えいたします。

なぜなら、時々観光バスで乗り付けて、食事やトイレ休憩などに利用して、迷惑をかけている人たちがいるようなんです。

実は、このお寺さんの近所にも、紅葉の名所があります。

京都では多くの寺社仏閣が拝観料を取る中で、ここは無料で開放してくれています。そんなお寺さんのご好意に感謝するとともに、この素晴らしい環境を一緒に守っていきたいと思います。

京都の自然&風景

京都、大原三千院へ行く途中にある八瀬も、紅葉が見ごろになっていました。
ちょっとロハスな生活してますか?

こんな風景を目にしたら、思わずバスを途中下車したくなってしまうのは私だけでしょうか?

八瀬紅葉













大原三千院に行った日も、実は帰りに途中下車したのですが、陽が落ちてしまった後だったので、この写真は翌日に行って撮影したものです。

八瀬駅前の真っ赤なカエデは既に散りはじめていましたが、まだまだこれから赤くなる青葉もたくさん残っていました。

八瀬真赤紅葉













こんな真っ赤なカエデを見ると、ついつい写真に収めたくなってしまいませんか?

カエデの色って、日光の当たり方次第で全然違って見えますよね。
一眼レフカメラでもない限り、なかなか鮮明に撮るのは難しいのですが、
それでも頑張ってみました。

八瀬比叡山口ケーブル駅













ここから、ケーブルとロープウエイを乗り継いで比叡山に上ることができます。
この日はちょっと強風でしたので、さすがに行ってみたいとは思いませんでした。

でも、まだ一度も上ったことがないので、京都にいる間に是非一度は行ってみたいと思っています。

そして、この日、実はもっと素晴らしい紅葉の名所を発見しました。
今まで何度もその前を通っていながら、気づくことなく過ごしていました。

次回は是非、その紅葉の写真もアップしたいと思います。
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。