サイトマップ

ロハスな生活

昨年収穫したそばの実は、結局製粉所にお願いしてそば粉にしていただきました。

「そばが風邪をひく」という言葉を聞いたことがありますか?
そば粉は湿気を嫌うそうです。

そば粉は、早く練り上げないと風邪をひくとも言われているようですし、冷凍保存すると風邪をひくとか、色々言われていますが、やはりそば粉にしたら、早く使い切ってしまうか、密封して涼しい場所に保存しておかないといけないみたいですね。

そろそろ、秋そばの種を蒔く時期が近づいてきました。
昨年の収穫後、何もしていなかったそば畑に行ってきました。

そば畑














草がボーボーで、雑草が1メートル以上も伸びていました。
主人と2人で、約1時間かけて畔の草刈りをしました。 もう汗ビッショリです。

そば畑 草刈り後














その後、入れ違いに姉夫婦がそば畑をトラクターで耕しに行った所、
畑の中に大きな石がゴロゴロあるというので、再び石拾いに借り出されました。

ええ?なんで昨年は気がつかなかたったの?
昨年は、知り合いの人が耕してくれたんです。
やはり、自分で育てる畑じゃないから、どうでもよかったんでしょうね。

石拾いも約1時間ほど頑張りました。
こんな大きな石があったんですよ! もう運ぶにも重い重い!

そば畑 石














そばの種まきは今月末の予定です。

昨年のそば粉、早く食べないと風邪をひいちゃいますね!

100均の洗い桶














結局、そば打ち道具は何一つ揃っていないので、100均で買った洗い桶と、
ホームセンターで買ったコンパネと丸棒で蕎麦打ちをしています。

コンパネと丸棒














これでも、十分に打てます。 ちょっと棒が細すぎるのが難点ですが…
もう少し上手くなったら、奮発して蕎麦打ち道具を揃えたいと思います。

梅雨も明けて本格的な夏がはじまりましたね。
新そばは誰が打っても旨いと言われていますが、果たして夏そばはおいしく打てるのでしょうか?

そば&そば打ち

今年は「そば」からはじまり、「蕎麦」についていろいろ学び、最後まで「そば」に関わった年でした。 初めてのそば打ち体験後、もっと蕎麦打ちが上手くなりたいと思い、他のそば打ち教室を探しました。

地元でも、いくつかのそば打ち教室があると知り、知り合いが参加したことがあるという地元女性部のそば打ち教室に参加することにしました。

そば打ち教室 社













本当は、自分たちで育てたそばで、本当の「自家製年越しそば」を打ちたいと思っていましたが、その後そばの実は放置されたまま、結局そば打ち教室で地元産のそば粉を使い、年越しそばを打つことにしました。

ここのそば打ち教室は、前回の方とはやり方が違います。

そば粉













まず、そば粉だけでお湯を差し、そば粉全体に水分をいきわたらせます。
この時は力を入れず、サラサラさせる感じです

※ちなみに上の写真は、失敗した時のものです。
 こんなにダマになってはダメなんです。

そば粉と小麦粉













それから、小麦粉を入れ、今度は水を差します。
ここで初めて、指を使ってかき混ぜます。
心配しなくてもここまでくれば、先ほどのダマも少なくなっていきます。

そして、そば粉がくっつき出して粒が大きくなってきたらまとめ、
表面がなめらかになるまで、300回以上捏ねます。

そば打ちも回数を重ねる毎にそばの出来もよくなってきたのですが、
実はどうしてもそばが短く切れてしまったのです。

そして今回、ようやくその原因を発見。

そば切り













まず一つ目は、そばを切る時のそばの置き方が逆でした。(上の写真)
前回もそばを切りながら、どうして山が切れてしまうんだろう?と思っていたのですが、その時はそのことを教えてくれる人がいませんでした。

そして二つ目は、そばの茹で方にありました。
私はどうしても、沸騰したお湯の中におそばを入れてから箸でかき混ぜてしまうのですが、それはしちゃダメだったんですね。

大きな鍋にお湯をたっぶり沸かし、そこにパラパラとそばを入れ、それが浮かんでくるのを待つ、そしてコップ一杯の水を差し、再びそばが浮かんでくるのを待ち火を止める。 あとは流水で洗い、水を切って盛りつけます。

とにかく、箸は一切使わないんですね。
そして、今時の信州の水は十分冷たいので氷水でしめる必要もありません。
それをすると返って堅くなってしまいます。

手打ちそば













それから、家庭にあるよほど大きな鍋でないかぎり、一人前ずつ茹でるのが失敗がなさそうです。 わが家の場合、それをしていると私の食べる順番がなかなか回ってこなくなるので、ちょっと横着してました。

でも、これだけで、本当にお蕎麦の味が数倍美味しくなりました。
本当に不思議です。

来年こそは、自家製そば粉で年越しそばを打ちたいと思います。
もちろん、「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」の「三たて」で!!!


2011年もあとわずかです。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ♪

そば&そば打ち

予てから習いたいと思っていた「そば打ち」ですが、ようやくその念願が叶いました。 「そば打ち」といっても、そばの打ち方は人それぞれ違うようですから、自分が一番やりやすい方法で打てるようになるのが一番のようです。

地元で「そば打ち教室」を開いているという方とお知り合いになり、個人的にそば打ちを教えていただけることになりました。

今回は、「そば粉8:強力粉2」の二八そばに挑戦です。 
そば粉をこねる作業は力のある男性なら得意でしょうが、女性にとってはやはり大変な作業なんです。

そこで、普通なら300回はこねなければいけないところを、60回〜70回位にするために「水回し」を丁寧に丁寧にするという方法を教えていただきました。

そば打ち 水回し













水は4回に分けて入れ、遊んでいるところがないくらい、10本の指を使いかき混ぜます。 そして、水を含んで粉が寄ってきて、コロコロしてきたら、1つの塊にします。 それから手のひらで押します。 この押す作業ですが、水回しをきちんとすれば少ない回数でよいとの事です。

そして、こね鉢のフチで形を整え、綺麗な円錐形に整えます。
この時、親指で菊の模様を作っていくのですが、これが全然できませんでした。

そば打ち 円錐形













これがプロの技ですよね。 キメが細かくてとてもなめらかな仕上がり。

そして次は、伸ばす作業です。
のし台に打ち粉をして、まとめたそば粉を広げます。

そば打ち のし1













最初は手で押し広げて20センチくらいまで広げたら、棒を使って伸ばしていきますが、棒は、フチの手前で止めます。

そば打ち のし2













直径が40センチ位まで伸びたら、今度は棒に巻いていきます。

この時、真ん中から両手で左右に払い、手前に引きながら巻く、を繰り返すわけですが、見ている時は本当に簡単そうに見えたのですが、実際には全然思うように手が動きませんでした。 

そば打ち のし3













かなり大きくなってきましたが、「猫の手」が上手くできず、ツメを引っ掛けて、所々穴が空いてしまいました。

そば打ち のし4













最後まで巻き終えたら、斜め45度に置いてから開き、また伸ばす、を繰り返します。 そして直径90センチ位になったら打ち粉をして、折りたたんでいきます。

この時、折り重ねた山は重ならないようにします。

そば打ち そば切り













そして、包丁で切っていきます。
こま板にあわせ、包丁は上からまっすぐ下して、左側へ少し倒してまた繰り返します。

これは主人が切っている時の写真ですが、普段使わない包丁でも結構上手に切っていてびっくり。

そばを切るのにも集中力が必要です、途中疲れてくると同じ幅で切れません。
同じ幅で切らないと、そばを茹でる時に硬さにむらが出ておいしくないそうです。

自家製手打ちそば













そして、ようやく手打ちそばの完成です。

そば打ちは、慣れてくれば簡単そうなのですが、そうなるまでにはまだまだ練習が必要ですね。 初めて打ったそばにしてはなかなかのお味でした。 

やはり新そばだからでしょうか?
新そばは誰が打っても美味しくなるそうですから、そば打ちを習うにはこの時期が一番いいのかもしれません。

そば&そば打ち

そばの実を石臼で挽く前に、もうひとつやらなければならないことがあるのですが、とりあえず先に「そば打ち」を習いに行くことにしました。 

そば打ち教室のことはまた後日ご報告ということで、先ほどの続きです。

そばの実を石臼で挽く前にやらなければならないこととは、そばの実をきれいにすること、「磨き」なんです。 そばの実には「ヘタ」のようなものが付いているので、それを取り除く必要があります。 

もちろんヘタだけじゃなくて、細かいゴミがたくさん付いています。

そばの実ヘタ取り前後









上の写真、右側のそばの実にはヘタが付いていますが、左のそば実はヘタを取り去ったあとのものです。 そばの実が小さすぎてデジカメには限界がありますが、わかるでしょうか?

製粉所に頼めば、もちろん製粉する前に、その「磨き」もしてくれます。
この「磨き」をするには、最低10キロのそばの実が必要だそうです。

そして製粉するにも、5キロ程ないと、製粉できないようです。
もちろん5キロのそばの実も、挽いてしまえば3キロ程になってしまいます。
製粉代は1キロ150円。

石臼の修理代は、この先10年以上使えば元が取れるといったところでしょうか?

そばの実ヘタ有りヘタ無し









もちろん、今の状態のそばの実は製粉所に頼めばすぐにそば粉にしてもらえます。 でも石臼で挽くなら、自分で「磨き」をしなければなりません。

お蕎麦屋さんのご主人曰く、手でよく揉んでヘタやゴミを落とし、水で洗ってまた乾燥させるという方法を用いている人もいるとのこと。

本当に、そばって手がかかるんですね〜。
でも、綺麗にしてあげないと美味しいおそばにならないそうです。

結局2日続けてそば打ちを習い、毎日新そばをいただいてほぼ満腹状態です。
なので、石臼の修理はもうしばらく先送りにすることにしました。

そば&そば打ち

そばの実をそば粉にするまでには、まだまだやらなければならないことがあります。 以前は実家にもそば打ち道具があったそうですが、家中探しても何も見つかりませんでした。 

そしてついに田んぼの小屋で古い石臼を発見!
果たしてこの石臼でそばの実が引けるのでしょうか?
見たところ、表面がかなりすり減っています。

石臼 上













そこで、石臼について調べてみました。
やはり、すり減った石臼でそばの実を引いても、おいしいそばにはならないようです。 そばの実を挽くというよりは潰してしまうだけのようですね。

それから石屋さんに電話して聞いてみましたが、「目立て」といって目だけを研いでも、軸がずれていたら、それも直さないと使えないそうです。 
そこで直接、石屋さんに持っていて見てもらうことにしました。

この石臼はそば用で、思った以上にちゃんと使われていたようです。
しかし、「目立て」をしないと使いものにならないとのこと。
ちゃんと目立てをすれば、この先何十年も使えるそうですが、思った以上に費用がかかります。

ホームセンターなどで中国製の安い石臼も売られていますが、この古い石臼を直して使おうか?それとも、製粉所で粉にしてもらおうか?

もちろん私は、直して使いたいと思っているのですが…
ちなみに、1キロのそばの実を粉にするのには、約1時間かかるそうです。
なんとも気の遠くなるような話ですね〜。

やはり、そばを栽培して、それを自分で打って食べるということは、究極の贅沢のように思えてきました。

果たして、新そばが食べられる日は来るのでしょうか?

そば&そば打ち

天日干ししたそばの実は、風でゴミなどを飛ばす機械にかけます。
乾燥させれば、ゴミは飛んでしまうから心配ないと言われていたのですが…

そば刈り機は○百万円、風でゴミを飛ばすだけの機械でも○十万円するそうです。 きっとこんな機械を持っている人の方が少ないんでしょうね。

そば粗選機













だから、「そばは自分で作ると赤字!買った方が安い!」と言われるんですね。 
何にも考えずにそば作りを始めてしまった私たちですが、逆に知らなかったからできたのかもしれません。

まず、お蕎麦屋さんのご主人所有の、「そば粗選機」と呼ばれる機械にそばの実を入れ、残っている茎や葉っぱ、雑草、虫、小石などを取り除きます。
そして、さらに別の機械にかけ、ゴミを飛ばしました。

そば風選機













2台の機械を使い、風でゴミを飛ばしたはずなのに、野生のえんどう豆の種がたくさん残っていました。 そばの実よりも少し小さいだけなので、飛ばされないんでしょうか? 小石も時々混ざっています。

仕方なく、また少しずつそばの実をふるいにかけ、ゴミを取り除きます。
これがなんとも手間のかかる作業なんです。

ちなみに、えんどう豆の種はニワトリさんのえさになります。

そばの実(粗選後)













この後、そばの実を乾燥機にかけて、最後のゴミ飛ばしをするそうなんですが、実は姉がそばの実を乾燥させすぎてしまい、乾燥機を断念せざるを得なくなってしまったのでした。

「できることなら乾燥機にかけてあげたいだけど…」とご主人。

普通なら17〜18%でいいのに、なんと12%まで乾燥させてしまったのです。
これ以上乾燥させると、そばがおいしくなくなってしまうそうです。
天日干ししながら水分量を確かめるように言われていたのに…

そして、そばの実は製粉しないとそば粉になりません。
製粉所で製粉してもらうのか、それとも自分たちで石臼を使って粉にするのか?

新そばはいったいいつになったら食べられるのか?
まだまだ道のりは長そうですね。

そば&そば打ち

今年初めて栽培したそばの実を収穫したのが先月。
その後ゴミを取り除き、お天気を見計らい天日干しにしました。 

とにかく、そばの実と一緒にそばの茎や雑草やらたくさんのゴミが混ざっていたので、天日干しの前に一度篩(ふるい)にかけることしました。

収穫したそばの実













そこで考えたのが、ビニールシートの上にビールケースを置き、その上にふるいを置いて、まずはできるだけ大きなゴミを取り除くことにしました。

出てきたのはゴミだけじゃなくて、クモやあり、テントウムシ、カエルなど、
昆虫がたくさん…

そばの実のゴミ取り













しかし、なかなか全部は取りきれません。
結局、そばの実はそのままシートの上に広げて2時間程放置。

水分量が17〜18%になるまで乾燥させます。

そばの天日乾燥













大きなゴミを取り除いて、メッシュの収穫袋に2つ、これでだいたい37キロ位。 
予定の収穫高の半分程でしょうか?

それだけ倒れていたそばが多かったということなんですね。

そば乾燥後













そばが倒れてしまうのは、栄養が多すぎるという原因もあるそうです。
休耕田とは言え、田んぼには肥料が残っているので、そばの丈が伸びすぎてしまい、実が重くて倒れてしまうのだそうです。

ああ〜もったいない…

乾燥させたら、次は風でさらに残ったゴミを飛ばす作業に入ります。
もちろん、そんな機械は持っていませんから、そばを刈ってもらったご主人のところで、機械を使わせてもうことにしました。

そばの栽培は簡単だけど、
口に入るまでには、まだまだ時間がかかりそうですね〜。

そば&そば打ち

信州では、各地で新そば祭りが始まりました。

知り合いのつてで借りた休耕田にそばの種を蒔いたのが7月の末。
種蒔きには立ち会えなかったので、刈る時こそは絶対に行きたいと思っていました。

そば畑のそば













そばの白い花の後に実ったそばの実です。

休耕田のそば畑













そして、ようやくそばの刈り取りの時期がやってきました。

そばの栽培ははじめてのことばかりで、人からの話を聞き伝えにこれまでやってきましたが、どうも不確かなことばかりが多く、やはり実際に自分でやってみないとわからないことばかりでした。

そば刈り機を新調したという姉の知り合いに頼んで、そばを刈っていただくことになっていたのですが、先週末に雨が降りそばを刈る日が変更になったので、あいにく姉夫婦は留守、主人と2人で行って来ました。

そば刈り機













姉の話では、稲を刈るコンバインでも刈れるということでしたが、それはどうも無理らしいとわかり、じゃあ手刈りしようか?!と主人と話していたのですが、やはりはじめてなので、そばを刈るのはお任せすることにしました。

そば刈り機を見るのも初めてですが、稲を刈るコンバインとは全然違いますね。

そば刈り機前面













そば畑は7畝(ななせ)程なので、一時間もあれば刈り終わる予定でしたが、倒れているそばが多かったので、くずがたくさん詰まってしまい、途中でそば刈り機が動かなくなってしまいました。

こういうこともあるんですね。
新しい機械だから、寝ているそばも刈り残しなく刈ってくれると言っていましたが、やはり機械にも負担がかかってしまったようです。

いつもなら、寝ているそばは刈らないそうです。
実際、寝てしまったそばは、そばの実も痩せていました。

そばの実













しかし、米袋約2袋程のそばの実を収穫することができました。
そばの茎などのくずも混ざっているので、実質どのくらいの量になるでしょうか?

そば刈り機の持ち主、実はお蕎麦屋さんのご主人なんです。
今度、そば打ちを教えてもらうことになりました。

自分で育てたそばを自分で手打ちして食べるなんて贅沢な夢がもうすぐ叶いそうです。 あっ!でもその前に、のし棒とかそば打ちの道具を揃えないといけないですが…

我が家の新そばが待ち遠しいです♪

※水田などの広さは、1反歩・1町歩(いったんぶ・いっちょうぶ)などと呼ばれていますが、1反歩は300坪、一町歩は3,000坪になります。
そして、1反歩が10畝です。

そば&そば打ち

信州の秋と言えば、やっぱり「そば!」「新そばまつり」です。
北アルプスのふもと、大町市では毎年そばまつりが開催されています。

現在の大町市は、旧美麻村と旧八坂村が合併されましたので、
市内には美味しいそば処がたくさんあります。

ぐるっとそば処スタンプラリー


















そば祭りの期間中「そば処 スタンプラリー」に参加すると、ペア宿泊券をはじめ、地場参品などのプレゼントが当たります。

昨年も「そば処 スタンプラリー」に参加しましたが、プレゼントは何も当たりませんでした。残念!!

●ぐるっとそば処スタンプラリー参加店
開催期間: 2011年 10月1日(土)〜11月30日(水)

<大町市 大町> 
泉味、こばやし、タカラ食道、仁科、蕎麦処 美寿々、訃庄媛鮎ε后◆
訃沢製麺所、訌匆弊淑棺
<大町市 平>
野の花、いろり、すかんぽ亭、ゆ〜ぷる木崎湖、わっぱら家、そば処 高瀬川
<大町市 常盤>
そば処しみず、赤だすき製麺所

◆美麻、新行そばまつりは、10月10日〜10月20日
参加店 : 山品、ヨコテ家、古家荘、麻の館、美郷、ぽかぽかランド美麻

◆八坂、新そばまつりは、
明日香荘 : 10月下旬〜11月中旬(予定)
体験そば処「八坂」 : 10月28日〜11月6日(予定)

我が家でも、よく行くそば処があります。
やっぱり、お蕎麦が美味しい美麻が多いですが、「おひさま ロケ地 中山高原 そばの花畑」にも近いので、ぜひ一度足を運んでみてください。

過去記事、信州そばとおやき で紹介しているのは、美麻の麻の館です。

美麻 麻の館 そば














美麻のおそば屋さんは、美郷さん以外全て食べています。
また、ぽかぽかランド美麻では、日帰り温泉も楽しめます。
もちろん天然温泉ですよ。

さて、今年は何件制覇できるでしょうか?!
楽しみです♪

信州の自然&風景

連続テレビ小説「おひさま」のロケ地として登場したのが、長野県大町市にある中山高原のそば畑。 ちょうど今、秋そばの白い花が満開です。

そばの花













中山高原では、春には菜の花が咲き、その菜種の収穫が終わると、そばの種が蒔かれ、そしてその後収穫されます。

今年の春は残念ながら、菜の花は鹿に食べられてしまって全滅だったそうですが、真っ白なそばの花が斜面を埋め尽くしていました。

中山高原 そばの花













信濃大町は、「黒四ダム」の入り口、として知られていますが、
「おひさま」のロケ地として、少しは全国にアピールできたでしょうか。

おひさま ロケ地













信州は「そば」が有名ですが、中山高原周辺や、かつての美麻村もそばの産地で、毎年10月には「新行そば祭り」が、開催されています。

最近は旧大町市内でも、休耕田でそばを作る農家が増えてきました。
実は今年、我が家でも休耕田を一枚借りて、そばの種を蒔きました。

そば畑













どぶろくを作り出してから、お米の消費が増えたので、本当はもっとお米を作りたいところなのですが、自家製の手打ちそばも食べたいという家族の意見が一致したのでした。

今年の夏は本当に雨が多く、そばの種は蒔いてから雨が降るとよくないということで、なかなか種蒔きができず、みんなやきもきしていたようです。

中山高原マップ













中山高原は、かつては大町スキー場として栄えていました。
実は私が高校生の頃、ここでスキー合宿をしたんですよ。
そう思うと懐かしさでいっぱいになってきます。

ここ最近、北アルプスの山々はずーっと雲で覆われているので、
白いそばの花と雄大な北アルプスの絶景がお見せできなくて残念です。
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。