サイトマップ

手作り

今年もようやく梅雨入りしましたが、6月といえば、梅の季節ですよね。
梅酒に梅干し、それかららっきょうも6月ですね。

今年は、いつもとは違う農家の青梅を使ったので、いつもより早い時期に梅酒をつくりました。もちろん、梅酒作りの担当は主人です。^^

毎年恒例の黒糖泡盛梅酒です。

黒糖泡盛梅酒














梅酒の作り方

梅干用の梅も、今年はいつもの自然食のお店ではなく、楽天市場のお店で買いました。はじめてですが、扱っている梅は、奈良の自然農法の梅です。
こちらの梅は、まだ来週届く予定なので、梅干しを作るのはそれからです。

そして、いつも通りの泥付きらっきょうを、今年は3キロ注文しましたので、まずらっきょうを塩漬けにしました。

この泥付きらっきょうは、なんと主人が洗ってくれました。
3キロといっても、最後の袋は、小粒だったので、4キロくらい洗った気分だったようです。お陰で私は大助かり!でもその後の根切りも結構大変なんですよ。

一番最初の年は、塩漬けらっきょうがあまりにおいしく、甘酢漬けすることなく食べ終わってしまいましたが、今年もこの一晩塩水に漬けたらっきょうがおいしいです。

日本酒のつまみにもピッタリですし、お漬物としてもバッチリです。

地元のいつも行くスーパーでは、らっきょうの歌が流れていて、毎日4粒食べましょうと歌われているほどです♪

らっきょうは2週間ほど塩漬けしたら、塩抜きをして甘酢漬けにします。

らっきょうの漬け方

ロハスな食事

ちょっとロハスな生活してますか?

土付きらっきょうを塩水に漬けてから2週間が経ちました。
今年、生まれて初めてらっきょうを漬けました。

らっきょうって本当は食わず嫌いであんまり好きじゃなかったんですよね!
でも、いつだったか勧められて食べてみたら結構おいしくて、一度漬けてみようと思ったのが昨年のこと。

スーパーなどで売っているらっきょう漬けは、化学調味料や添加物がいっぱいです。ロハスな食事で健康生活を送るためには、材料を選び、調味料も吟味して手作りするのが一番です。

昨年は漬けるはずのらっきょうをすべて塩漬けの段階で食べきってしまい、漬けるらっきょうがありませんでした。でも今年は2キロのらっきょうを買いましたので、1.5キロほどは残っています。

らっきょうを漬けるにあたり、やっぱりこだわりたいのが酢と砂糖ですよね!

酢は、先日ご紹介した「有機純米酢 老梅」を使います。
ちょっと贅沢ですが、ここは出費を惜しまず、これでなくては!

今回砂糖は、黒糖ではなくて「きび砂糖」を使うことにしました。
きび砂糖には、黒砂糖に負けないくらいミネラルが豊富に含まれています。

ミネラルは脂肪燃焼や新陳代謝には必要不可欠です。ミネラルをより摂取することで脂肪燃焼や新陳代謝がさらに促進されます。

きび砂糖はロハスダイエットにはもってこいのお砂糖ですね!

調味液の作り方、らっきょうの漬け方は以前の記事を参考にしてくださいね。

らっきょうの漬け方

らっきょうは調味液に漬けてから4〜5日頃から食べられます。
ちょうど実家に帰る用があるので、ちょっとお裾分けしてきます。

らっきょう漬け

手作り

今年もまたらっきょうの季節がやってきました。
ちょっとロハスな生活してますか?

この時期、よくスーパーなどで見かけるのは「洗いらっきょう」なのですが、
我が家御用達のらっきょうは「土付きらっきょう」です。

今年は、宮崎県有機農業研究会の小泉さんたちの省農薬の「土付きらっきょう」を近くの自然食品のお店で注文しました。

昨年はこの土付きらっきょうを2キロ買って、洗っている途中で嫌になってしまいましたが、今年は一度に2キロ洗わずに、1キロずつに分けて洗いました。

そのたった1キロしかなかった「らっきょう」は塩漬けの段階で食べきってしまったので、今年は最初から、1キロは塩漬けで食べて、もう1キロは漬けてから食べる計画です。

らっきょうの漬け方は以前記事にもしましたのでそちらをご覧ください。

らっきょうの漬け方

次は梅酒と梅干を作る番ですね!
もちろんこちらも有機栽培農産物で梅酒用の青梅と、梅干用の南高梅を注文しました。

手作り

らっきょうを、塩水に漬けてから…
2週間くらい冷暗所に置いて、今度は調味液に漬けます。

2週間後が楽しみです。
と、6月に書いたのですが…

結局、塩漬けにしたらっきょうは、調味液に漬けることなく、酒の肴になって食べられてしまいました。これがなんとも美味しくて!日本酒のアテにピッタリでした。

ああ〜あの時、もう1袋頑張って洗っておけば良かった!と後悔先に立たずです。食べず嫌いのらっきょうがこんなに美味しいものだなんて大発見でした。

来年は絶対もっとたくさん作ります。
らっきょうはカレーのおともにも打ってつけ!

それでは、改めてらっきょうの漬け方です。

らっきょうの漬け方

1.水700mlに塩150gを溶かした塩水に、よく洗ったらっきょうを漬けます。
2.約2週間冷暗所に置き、時々上下をまぜます。
3.一昼夜流水にさらして、少し塩分が残る程度に塩抜きし、ザルにあげて水を切ります。
4.鍋に湯を沸かし、沸騰したら火を止めて、らっきょうを入れ、10秒間浸してザルにあげ、冷まします。
5.容器に入れて、調味液を浸るまで入れます。4〜5日頃から食べることができますが、時間がたつ程おいしくなります。(約1ヶ月頃から)冷暗所もしくは、冷蔵庫で保存してください。

調味液 (らっきょう1kgに対して)
水  150ml
砂糖 250G
食酢 350ml

ひと煮立ちさせて冷ましておく。
これは代表的な作り方です。お好みに応じて工夫してくださいね!

手作り

我が家では毎年、梅干を漬けています。
その前に、主人が梅酒を作るのですが…

今年は、思い切って、らっきょうも漬けてみようと、買ってみました。
もちろん泥付きです。

らっきょうと言えば、ほとんどが洗いらっきょうですよね?!
今の季節、スーパーなどでもよく見かけます。

らっきょうも、やっぱり農薬や化学肥料を使用しない、特別栽培のらっきょうを自然食品のお店で買いました。rakkyo
でも、泥付きらっきょうを洗うのって
思ったより大変でした。

2袋買ってきたんですけど、1袋で断念…
もう1袋は、主人の姉にあげてしまいました。

何しろ初めてなので…
らっきょうは、取り合えず洗って塩水に漬けました。
これで、2週間くらい冷暗所に置いて、今度は調味液に漬けます。

2週間後が楽しみです。

塩水に漬けてから…
主人が帰ってくるなり、「らっきょうを焼いて食べたら美味しいらしいよ!」
と言うので、塩水から数個取り出して焼いてみることに…

主人は「ネギ焼きと一緒だー!」と言っていましたが、
手作り味噌をつけていただきました。

今年の味噌はちょっと失敗かなあ?と思っていましたが、
なかなか美味しかったです。

お試しあれ!
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。