サイトマップ

ロハスな食事

わらびは普通にアク抜きすると色があせてしまうので、なんとか青々しいまま保存できないかと思い、ネットで検索してみましたがなかなかヒットせず…
毎年、こごみを届けてくれる知り合いに訪ねてみると、いい方法があると教えてくれました。

蕨の灰汁抜きをする時、銅線を一緒に入れるとずーっと緑色のままなんだそうです。 銅線って、電気のコードとかに使われている、あれ?

ということで、まずは銅線探しです。 
主人がアース線がいいだろうというので探したのですが、見つからず…
スピーカーコードを見つけたので、周りのビニールをはがして使うことにしました。

どのくらいの長さの銅線が必要なのか聞き忘れたので、
取りあえず1メートルくらいで試してみることに…

我が家では、アク抜きには薪ストーブの灰を使いますが、その人はワラを燃やした灰を使うそうです。 そうすると、二晩くらい放っておいても全然大丈夫とのこと。

ストーブの灰を使う場合、あまりたくさん入れすぎるとわらびが溶けてしまうので、今回は灰の量を加減して、一晩置いてみました。
すると…

わらび アク抜き 銅線














わらびが緑色のままでした。
めちゃくちゃ嬉しかったです。

ただ、アク抜きしたわらびの長期保存はおすすめできないとのこと。
やはり、旬のものは旬の時期に頂くのがいいようです。

あく抜きしてから塩漬けする方法は姉が教えてくれたのですが、それはあまりおすすめできないそうです。 確かに、わらびが固くなってしまいます。 
それに、色も黒ずんできます。

姉は、黒く変色したわらびが好きなんだそうですが、私は緑色のわらびが食べたいわけです。

わらび 塩漬け














長期保存のおすすめの方法は、生のままのわらびを塩漬けにすることだそうです。 それこそ、ワラビが多いか塩が多いか?というくらい大量の塩に漬けるそうです。

上の写真は、まだ一段目です。
塩とわらびを交互に漬け、お正月になったら、一段ずつ取り出して食べるそうです。

但し、これが緑色のままなのかどうかは定かではありません。
そこまで聞くのを忘れていました。

わらび 粕漬け














こちらは、あく抜きしたわらびを粕漬けにしたときのものです。
主人は、粕漬けのわらびも美味しいと言っていました。

他には、ぬか漬けにもしましたが、私は粕漬けよりも、ぬか漬けの方が好きですね。 それから醤油漬けも美味しかったです。

わらびは、おしたしや煮物、炊き込みご飯、そばやうどんのつけ汁にも合います。 そうそう、卵とじも美味しいそうですよ。

また来週もわらび取り! 楽しみです。 

ロハスな食事

信州の春は山菜の宝庫です。 
こごみ、タラの芽、わらび、うど、こしあぶら、などなど・・・

まず、最初に食べたのは「こごみ」です。 毎年、実家の庭に出てきます。 
それから、小川村で採ってきたといういただきものの「こごみ」。

実家のこごみは、一度取っても次から新しい芽がまた出てきますから、
何回か楽しめます。 でも、山になっているのは一度きりなんだそうです。 
ということは、蕨と一緒みたいですね。

前にも紹介しましたが、歯ごたえバリバリなこごみなんです。
こごみ@春の山菜

そして、タラの芽。
昨年、実家の家の庭に数本移植したのですが、根付いたのはたったの1本だけ。 でも、地元の人は、畑でタラの芽を育てている人もいますから、野菜みたいなものなんでしょうかね?! もちろん、山で採れるタラの芽の方が断然美味しいそうですよ。

そして、わらびです。
今年は、姉に連れられて、始めての場所に行ってきました。

溜池 わらび取り













こんな場所があるなんて全然知りませんでした。
なんか私の知らない地元がまだまだありそうです。

そしして、いつもの場所へ・・・
この日はまだ芽吹いたばかりのわらびばかり、もう少し日にちを置いた方が良さそうということで、数日後に出かけてみると、先客がいました。

仕方なく、いつもと場所を変えて採ることにしたのですが、思った以上に収穫がありました。 こごみのように、湯がいてすぐに食べられればいいのですが、アク抜きしないと食べられないというのがちょっと面倒なんですよね。

わらび













大鍋2回分の量でしたので、大収穫ですね。
わらびと一緒に収穫したウドは、天ぷらにしていただきました。

わらびは、アク抜きをして塩漬けにすると、色が真っ黒になってしまうので、
なんとか緑色のまま保存できないかと、いくつか違う方法を試してみましたが、果たして結果はどうなるのでしょうか?

結果はまた後日ご報告いたします。

旬の時期に旬のものを自分で採って食べる!
やっぱり田舎暮らしは最高ですね!

ロハスな食事

春の山菜の中で、「わらび」も欠かせない食材のひとつですね。
実は今年、もう3回もわらびを取りに行ってきました。
わらびは、こごみよりもずーっと長い期間取れるようです。

一番最初に行ったのは、5月の末で、その後が6月の初め、そしてつい先週です。主人は、わらび取り初体験だったので、細いのや茎の硬いのなど、色々でしたが、なかなか楽しんだようでした。

時々、茂みの中に潜んでいるヘビさんに遭遇することもあります。^^;

わらびとヘビ













収穫したわらびは、新聞紙の上に広げしばらく外に置き、くっ付いてきたアリや虫やらを取り除きます。

わらびのアク抜き1













それから、わらびを鍋に入れ、灰をいっぱいにふりかけ、熱湯を注ぎます。

わらびのアク抜き2













灰は、薪ストーブからたくさん取れますから、いくらでもあります。

わらびのアク抜き3













待つこと8時間。ようやくアク抜き完了です。

わらびのアク抜き4













わらびのアク、これがまた結構凄いんです。鍋なんか変色してしまいますからね。ホーロー鍋がオススメですが、アルミの鍋しかないので、いつもこれを使っています。

そして、灰を洗い落としたら、塩漬けします。
すぐ食べる場合は、そのまま調理しますが、全部は食べきれないので、保存する場合はやっぱり塩漬けですね。

数年前に行ったときは、山の上まで自力で上りましたが、今回は軽トラである程度まで連れて行ってもらえたので、メッチャ楽でした。^^

でもわらびは、登りながらの方がよく見つかります。
それに、誰かが歩いた後でも結構見つかるものなので、そこがまたおもしろいんですよね。

ロハスな食事

春は山菜がおいしい季節ですね。ちょっとロハスな生活してますか?

姉が郷里に帰ってから、山菜など季節の恵みをちょくちょく送ってくれるのですが、一番先に届いたのがこごみです。

こごみは、シンプルにかつお節をふりかけて醤油でいただくのが好きですが、今年は、胡麻とマヨネーズで和えもおいしいと聞いて試して見ました。

子供の頃から食べ慣れている私とは違い、あまり食べたことがない主人には、どうやらこちらの方が口に合うようです。^^

こごみ













その次に届いたのが、たらの芽です。

たらの芽はやはり天ぷらが一番おいしいですよね。
油で炒めるという人もいますが、私は断然天ぷらをおススメします。

実はたらの芽は、山でなくても畑で育てることができます。
私も田舎に帰ったら、たらの芽を育てたいと思ってしまうくらい、大好きです。

たらの芽













それから、今週末は田植えで帰省する予定にもかかわらず、わらび、うど、こしあぶら、たらの芽を送ってくれました。(下の写真の左から、こしあぶら、うど、わらび、上にちょこっとあるのがたらの芽)

昨年は、どれももう少し時期が遅かったような気がしますが、今年はますます暖冬で、山菜も成長するのが早いのでしょうかね?

わらびは、上に灰をふりかけてそこに熱湯をかけ、一晩そのまま置いてあく抜きしました。長期保存にはやはり塩漬けですが、お醤油漬けもおいしいです。

わらび、うど、こしあぶら、たらの芽













うどは、スーパーなどでよく見かけるのはもっと白い茎ですが、これはそれよりももっとあくが強いような気がします。皮をむいて酢水に浸しても、ちょっとそのままではあくがきつくて食べられそうになかったので、さっと茹でてみました。

うどの定番は酢味噌和えですが、主人が苦手なので、こごみと同じように胡麻マヨ和えでいただきました。皮は、もちろんきんぴらに!植物繊維をそのまま食べてるなあ〜という感じでしたが、おいしかったです。^^

そして、こしあぶらとたらの芽、うどの葉っぱの部分も天ぷらにしましたが、
どれもサクサクしておいしかったです。

田舎にいると、自分で山に行って採ったり、知り合いからもいただいたりと、思う存分山菜が楽しめて羨ましいですよね。

また田植えの時に、親戚の山に連れて行ってもらえるかもしれません、ということで、今から楽しみです。^^

ロハスな食事

京都は9日間連続の猛暑日が続いていましたが、ようやく今日、恵みの雨が降りました。ちょっとロハスな生活してますか?

あざみの花実家に帰ったのはもう3週間も前のことなのですが、実は一日だけ姉夫婦と一緒に山に「わらび」を取りに行きました。
もちろん田植えの時に「こしあぶら」を取りに連れて行ってくれた親戚の持ち山です。

本当は、軽トラで山の上まで登っていく予定だったのですが、「車両進入禁止」の立て看板と、事務所にまだ人がいたので、仕方なく歩いて登ることに。いとこがいたら「俺は地主だぞ!」の一言で顔パスなんだけどなあ〜と思いながら、ヒエ取りをした後だというのに、体を酷使しての山登りでした!

木イチゴ空気は澄み景色もよくて、とても気持ちのいい山登りになりました。途中、あざみの花が咲いていたり、木イチゴが群生していたりして、ちょっと食べてみましたが甘酸っぱくておいしかったですよ。まさに自然の恵みです。

これは、わらびがもう開いてしまったものですが、この辺りにまだ出たばかりのわらびが生えています。田植えは5月でしたので、わらび取りには早すぎましたが、実家の辺りでは、6月〜7月にかけてわらびが取れるそうです。

開いたわらび実は、持ち山といっても、一般の人が入らないように規制することはなかなか難しいそうです。前に姉夫婦が取りにきたときも、数人の人がわらびを取りに来ていたそうです。でも、こんな近くにこんな自然の宝庫があったなんて驚きです。

実家に帰ってこれだけ過酷な労働をしたんだから、少しは痩せただろうと思ったのですが、働いた分はしっかりご飯をいただいたので、ちっとも痩せていませんでした。ダイエットってやっぱりそう簡単にはいきませんね!^^;

ロハス 健康

日本列島は早くも入梅してしまいましたね、ちょっとロハスな生活してますか?

先月、田植えに帰った時に、親戚の人(従兄弟)に山菜を採りに連れて行ってもらいました。もちろん、親戚が所有している山ですよ。もっと早く教えてよ〜!と思ってしまいました。今年は、地球温暖化のせいか、ゴールデンウィーク頃が山菜のピークだったようです。
こしあぶら
でも、まだ遅出の「こしあぶら」があるかもしれないということで、行ってみました。これが「こしあぶら」です。山の中にはよく似た植物がたくさんあります。「これが、うるしの木だよ!食べたらエライことになる!」と言われて、写真を撮るのも忘れてしまいました。^^;

こしあぶらも、実は似た様な葉っぱがあって、「あれ?これ、こしあぶら?」「違うみたいだよねえ・・・」なんて言いながら、姉夫婦と妹と、従兄弟にその都度確認してもらいながら山歩きを楽しみました。

まあ、さすがに自分ちの山ですから、歩くのが早いこと!早いこと!それに現役の学校の先生だけあって引率はお手のものです。思わず小学校の時の遠足を思い出してしまいました。あの頃は楽しかったなあ〜♪なんて・・・

このこしあぶら、実は木になっている葉を全部採ってしまうと木が枯れてしまうそうです。ですから、少しは残しておかなければなりません。

わらびこの時は、「わらび」には、まだ時期が早すぎたみたいで、みんなで数本しか採れませんでした。

これは、翌週に姉夫婦がまた山に行って採ってきてくれたものです。

あくぬきのために、わらびに灰をかけ、熱湯をそそいで、そのまま灰汁の中に一晩置きました。湯がかなくても次の日にはちゃんと柔らかくなっていました。それから、わらびは長期保存のために塩漬けにしました。

自分で採ってきて食べれるなんてとっても贅沢ですよね!
次はきのこ狩りですね!楽しみだなあ〜♪^^

ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。