サイトマップ

ロハスな食事

漁港が目の前にある主人の実家では、新鮮な魚介類を堪能してきました。
ちょっとロハスな生活してますか?

さしあみ漁主人の父は定年後も働いています。
今は、さしあみ漁をしている船長さんのお手伝いに行っています。以前はよく市場で売れないような魚はただでもらっていたようですが、重油の高騰に伴い、漁師さんも苦しくなってきたため、あまりいただけないようになってしまったようです。

今回は、お盆ということもあってくださったのだと思います。お盆の間14〜16日は休漁日になっていました。

鯛、ホウボウ、カレイ、舌平目かと思うような長い魚は、実は舌平目ではなくて、地元ではメッタとかメブトと呼んでいるものだそうです。正式名はわからないそうです。魚は義母がすぐに下処理をします。包丁さばきはお手のものですから。

いげし取り翌日は、義父が磯で海藻を取ってきてくれました。地元では「いげし」と呼んでいます。特になすのお味噌汁に入れて食べるのが一番おいしいそうですが、何にでも合います。

岩場なので足元が不安定ですが、ちゃんと潜水服のようなしっかりとした格好をして、ガラス箱で海の中をのぞきながら取ります。しかし、山のように「いげし」を取ってきてくれました。

元々はこんな汚い色をしています。これをよく洗って、さっと熱湯にくぐらせます。するときれいな緑色に変わります。それをまた冷水で洗って、固く絞りパック詰めしておきます。冷凍しておけばかなり長い間保存できるそうです。

実は、冷蔵庫の中の「いげし」を出しながら、義母が「こんなものなら海の中にいくらでもある!」と私に教えてくれたので、それならぜひ私の実家へお土産にして持って帰りたいと思ったのです。でも朝から雨が降ったり止んだりで、いげしのある場所はわかっても、素人の私ではちょっと危ないということでしょう。義父が雨の中を取りに行ってくれました。

いげし網いげし






すべての「いげし」を洗ってパック詰めするまで、なんと3時間以上もかかりました。途中、井戸水が出なくなったり、私もちょっと張り切りすぎて疲れてしまいましたが、楽しかったです。

目の前に海が広がる主人の実家は海の恵みに育まれています。誰も何もしなくてもただ海が与えてくれます。こんな自然と共に生きていけることもまた贈り物なのだと思います。畑のように耕さなくてもいいんです。だたそこにあるんですから。そのことに心から感謝していただきたいと思います。

ただし、誰でも好きなだけ取っていいというものではありません。義父のようにちゃんと漁業権を持った人だけが取ることができます。

ロハスな食事

京都は9日間連続の猛暑日が続いていましたが、ようやく今日、恵みの雨が降りました。ちょっとロハスな生活してますか?

あざみの花実家に帰ったのはもう3週間も前のことなのですが、実は一日だけ姉夫婦と一緒に山に「わらび」を取りに行きました。
もちろん田植えの時に「こしあぶら」を取りに連れて行ってくれた親戚の持ち山です。

本当は、軽トラで山の上まで登っていく予定だったのですが、「車両進入禁止」の立て看板と、事務所にまだ人がいたので、仕方なく歩いて登ることに。いとこがいたら「俺は地主だぞ!」の一言で顔パスなんだけどなあ〜と思いながら、ヒエ取りをした後だというのに、体を酷使しての山登りでした!

木イチゴ空気は澄み景色もよくて、とても気持ちのいい山登りになりました。途中、あざみの花が咲いていたり、木イチゴが群生していたりして、ちょっと食べてみましたが甘酸っぱくておいしかったですよ。まさに自然の恵みです。

これは、わらびがもう開いてしまったものですが、この辺りにまだ出たばかりのわらびが生えています。田植えは5月でしたので、わらび取りには早すぎましたが、実家の辺りでは、6月〜7月にかけてわらびが取れるそうです。

開いたわらび実は、持ち山といっても、一般の人が入らないように規制することはなかなか難しいそうです。前に姉夫婦が取りにきたときも、数人の人がわらびを取りに来ていたそうです。でも、こんな近くにこんな自然の宝庫があったなんて驚きです。

実家に帰ってこれだけ過酷な労働をしたんだから、少しは痩せただろうと思ったのですが、働いた分はしっかりご飯をいただいたので、ちっとも痩せていませんでした。ダイエットってやっぱりそう簡単にはいきませんね!^^;

ロハス ダイエット

東京都と静岡県で桜の開花宣言が出されましたが、京都もあと数日といったところでしょうか?梅の花

ちょっとロハスな生活してますか?

先日、久しぶりに夫と一緒に散歩に出かけました。とても暖かくて気持ちのいい日でした。散歩といっても、私にとっては大事なダイエット!なのです。

これこそ、ウォーキングダイエット!

夫婦揃って健康番組が大好きなので、いつも欠かさず見ているのですが、普段歩く時に、だらだら歩くのではなくて、歩幅をたった3センチ広くするだけで、ダイエットにもなって健康にもいいという情報をゲットしました!

普段より歩幅を3センチ広げて歩くと、少し大股で歩くことになるのですが、これによって太ももの前の部分だけでなくて後ろの筋肉も鍛えることができるんですって。また、こうして歩くとなぜか自然と腕を振るようになってきます。すると背筋も伸びて姿勢までよくなってくるんですよ。

これが全身運動になって、歩幅を3センチ広げて15分間歩くと、1時間の散歩と同じくらいのエネルギーを燃焼する効果があり、それがダイエットにもなるというわけなのです。

実際に歩幅を3センチ広げて歩いてみましたが、本当に全身使ってる!といった感じでした。15分も歩けばもう十分歩いたという感じになります。

この歩き方、普段買い物に行く時にもやっています。買い物中は無理ですけどね^^; 今年はこのウォーキングダイエットでダイエット頑張りたいと思います。

但し、注意することがあります。
足の長い人や短い人がいるので、自分の最大歩幅をちゃんと理解してから歩幅を広げるようにしましょう。決して誰かと競争なんてしないようにしましょうね!^^

また、安全な所を選んで歩くこと。靴もウォーキングシューズなど滑らない靴を選びましょう。

ロハス 健康

今週は冬型の気圧配置が強まって各地で雪が降りました。京都でも寺社仏閣が白く染まって、とてもキレイでしたよ。ちょっとロハスな生活してますか?

先日、京都新聞で「四つの習慣で14年長生き」という見出しの記事を見つけました。これは、イギリスのケンブリッッジ大学の研究チームがアメリカの医学誌に発表したものです。

この研究チームによると、「タバコを吸わない」「飲酒はほどほど」「野菜と果物を十分取る」「適度な運動をする」という四つの習慣のある人は、こうした習慣のない人よりも14年長く生きられる、という調査結果が出たそうです。

この健康調査は、1993年〜1997年にかけて、イギリス南東部の45〜79歳の健康な住民約2万人を対象に実施され、2006年までの死亡率と生活習慣との関係が解析されました。

その結果、四つの習慣のある人は、四つともない人より、同年齢で病気による死亡率が4分の1と低く、14年分の寿命に相当することがわかったそうです。

四つの習慣
1. 喫煙しない
2. 飲酒は控えめ(ワインなら1週間にグラス14杯まで)
3. 野菜や果物を取る(1日に最低こぶし5つ分程度の野菜、果物を取る)
4. 適度な運動(1日30分ほどの軽い運動をする)

どれも健康に良いとされる生活習慣ですよね!
でも、具体的に利益を出したという点で意義があるそうです。

これらの生活習慣は、心臓や血管など循環器系の病気とも深く関連しています。病気を発症してからではなく、日頃からこうした習慣を身につけていれば病気も防げるということですよね?!

たった四つの習慣を続けるだけで、長生きできるなんて!!!
しかも14年分の寿命ですよ!!!

今の私に欠けているのは適度の運動ですねえ^^
たまに飲酒もほどほどを超える時があります…

これを機に私もちょっと生活習慣を見直してみたいと思います。
でも、外は寒いし〜!といってる場合じゃありませんね!

自分の身体は自分で守ってあげましょう!

長生きは四つの習慣から

地球温暖化対策

いよいよ2008年がスタートしました。
今年も「ちょっとロハスな生活」を提案していきたいと思います。

2008年は「京都議定書元年」です。

京都議定書は10年前、地球が温暖化を起こしている原因である二酸化炭素(CO2)の排出を減らそうと世界の国々で取り決められました。
そして日本は2008年から2012年までの間に、1990年の排出量より6%減らすことを約束しました。

この目標達成のために国民的運動として「チームマイナス6%」というプロジェクトを立ち上げ、地球温暖化防止の運動を個人・法人・団体それぞれのレベルで実践しています。

地球の温暖化はすぐそこまできています、まずは一人ひとりが自分の身近でできることからはじめてみませんか?

元はといえば、人間が自分たちの豊かさのために、地球に無理をさせてきたんですよね!このままのペースで温暖化が進むと、海水温が上昇しサンゴ礁が生育できなくなって、今世紀末にはほとんどのサンゴ礁が死滅してしまう可能性が高いそうです。

もちろんサンゴ礁だけではありません。以前は南にいた生物がどんどん北に進出してきています。何千年も変わらなかったヒマラヤの氷河がこの35年ほどで後退し、エベレストのベースキャンプが6キロも上がり、普段雨のふらない標高5000メートルの地で雨が降るなどの異変が起きています。

一人ひとりの行動は小さいかもしれませんが、「塵も積もれば山となる」です!

全国地球温暖化防止活動推進センターが推進している家庭でできる取り組み10項目をご紹介します。

1. 冷房の温度を1°高く、暖房の温度を1°低く設定する
2. 週2日、往復8キロの車の運転をやめる
3. 1日5分のアイドリングストップ
4. 待機電力を50%削減する
5. シャワーを1日1分、家族全員が減らす
6. 風呂の残り湯を洗濯に使いまわす
7. ジャーの保温を止める
8. 家族が同じ部屋でだんらんし、暖房と照明の利用を2割減らす
9. 買い物袋を持ち歩き、省包装の野菜を選ぶ
10. 1日1時間テレビ利用を減らす

どうですか?ちょっとの工夫で、どれもできそうだと思いませんか?

私も最近、炊飯ジャーの保温時間を減らしています。
主人のお弁当を作ったらスイッチを切り、食べる1時間前くらいにまたスイッチを入れます。たったの数時間ですが、少しは役に立ってるのかなあ?なんてくらいに思っています。

もちろん買い物袋はいつもマイバックを持参していますよ。
その分ポイントで還元してもらったり割引してもらったりして一石二鳥です^^

家族のだんらんがCO2の削減につながるなんておもしろいですよね?!
家族が同じ部屋で一緒に過ごし、暖房と照明の利用を2割減らすと、年間一世帯当たり約5500キロとされるCO2排出を約238キロ削減できて、電気代も年間約10,400円の節約になるそうです。

その上、家族で会話を楽しむためにテレビを消し、毎日1時間見る時間を少なくすれば年間約14キロのCO2が減るとのこと。

この美しい地球をいつまでも残していくために、あなたもちょっと一工夫してみませんか?

2008年は京都議定書元年

リンク集

ロハス
ロハスな生活で健康ライフ
ロハス生活
ナチュラル・ロハスな生活で自然な健康・幸せを!!
ロハス道場

健康
安全で健康にいいミネラルウォーターを飲もう
アトピーっ子情報館
自律神経・腰痛・肩こり・便秘・不眠にこれが効いた!図解つき☆
壮絶なアトピー地獄から生還
けんちゃん先生の宇宙につながる幸せ健康哲学!
アルツハイマー型認知症の初期症状と予防
バッチフラワーレメディで癒す心とからだ
予防医学で防ぐ生活習慣病

ダイエット
ダイエット効果検証隊!!
中年からのダイエット体験記・漫画つき
ダイエット!成功の鍵は基礎代謝にあり!
下半身痩せ&下半身太り解消ダイエット!
コアリズム!くわばたりえのくびれ大作戦!
下半身ダイエット
短期集中ダイエット
ダイエット器具の効果について

旅行・温泉・海
箱根日帰り温泉めぐり
京都片泊まりの町屋と宿泊
石垣島の海と自然を満喫しよう!

美容・美肌
アンチエイジングのための美肌と健康対策!
ピーリングの効果と美肌のための秘策
抗加齢・アンチエイジング:日常での実践法
美しい肌、美肌を求めて

花粉症
花粉症予防と対策のための衣・食・住
杉茶ゴールドで花粉症の悩みを解決!
花粉症とつきあう方法

仕事・バイト・派遣
二度と失敗しない仕事探し!転職者向け適職診断
女性のための職業選び
主婦にお勧め人材派遣!短期・単発バイト
短期バイトで稼ぐ!短期バイト情報!
派遣・バイト・登録制アルバイト情報

ロハスの意味

ロハス(lohas)の意味について

ロハス(lohas)とは、Lifestyles Of Health And Sustainability の頭文字をつないだ造語で、「健康と持続可能な社会に配慮したライフスタイル」という意味です。

ロハス(lohas)とは、1998年にアメリカの社会学者ポール・レイと心理学者シェリー・アンダーソンが、10年以上にわたって手懸けたフィールドワークの結果、アメリカ国民の消費行動の意識基準が、それまでとは全く違った新しい潮流・考え方に変化している事を突き止めたことから始まりました。

2人は、その新しい意識・価値感を持つ人々、またその概念そのものに「カルチャラル・クリエイティブ」という名前を付けました。

この概念は、エコロジーや地球環境、人間関係、平和、社会正義、自己実現や自己表現に深い関心を寄せ、消費行動やライフスタイルの規範とするというものです。

日本でこのレポートを紹介したのが、消費生活アドバイザーの大和田順子氏で、2002年9月21日付日本経済新聞でレポートしたのがきっかけとなり、最近ではしばしば目にするキーワードとなりました。


ロハスの意味

ロハス(lohas)が対象となる分野は、次の5つと言われています。

1.Sustainable Economy   持続可能な経済
(地球環境に負荷をかけない、風力発電等の自然エネルギーの活用、サスティナブルな農業、地球温暖化の防止、エネルギー源の水素化の実現など)

2.Healthy Lifestyle   健康的なライフスタイル
(有機野菜や化学添加物の少ない食品を選び、自然系洗剤等を使う。)

3.Alternative Healthcare  代替ヘルスケア
(運動、食育、医学についても気にかけている。予防医学・代替医療を心がけ、なるべく薬に頼らない)

4.Personal Development  自己啓発
(異文化との接触、ヨガや習い事、友人関係への時間投資)

5.Ecological Lifestyle    環境にやさしいライフスタイル
(商品の選択をする場合、価格よりも性能が良い、環境に優しい、デザインが良いが判断の大切なポイントと考えている。)


ロハスの意味

ロハスクラブとは、ロハスな人、ロハスなモノ、ロハス活動の支援、認定を行っているロハス公式評議団体です。

また、毎月開催される「ロハスクラブ評議会」では、評議員の各企業がロハスの取り組みについて「ロハス企業レポート」を発表しています。


●ロハスクラブの事業内容(以下ロハスクラブHPより引用)

(1)インターネット及び書籍などを通じたロハスに関する情報の提供

(2)ロハス関連商品・サービスの審査、承認及び認定

(3)ロハスマークの使用許諾・発行

(4)ロハスデザイン大賞の選定・顕彰

(5)セミナーの開催

(6)イベントの企画・運営

(7)書籍の出版

(8)ロハスに関する商品・サービスに関するコンサルティング業務

(9)広告業

(10)前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

ロハスクラブの活動
◆ロハスデザイン大賞
◆ロハス商品の審査
◆ロハス関連書籍の出版

ロハスな生活

ロハスという言葉が流行る前から、我が家ではロハスな生活をしていました。
私が思うロハスな生活は、古き良き日本の伝統文化だと思います。

ロハスの定義やロハスの分野は、なにか難しそうに書いてありますが、
実は日々の生活のちょっとしたことから、ロハスな生活は始まっています。

私は、大げさに「ロハスな生活をしよう!」なんて言いたいのではなくて、ちょっとロハスな生活してみませんか?と提案しています。

毎日、自分や家族の健康に気遣っている人は立派なロハス族だと思います。
家族の健康を気遣うからこそ、有機野菜や、化学添加物の少ない食品を選んだり、より自然に近いものを摂ろうとします。

日本人は最近の健康ブームのせいか、自分自身の健康には結構気遣っている国民だと思います。でも最近の若い子はずいぶん薬に頼っているらしいですね。

人間には本来自然治癒力が備わっているのですから、薬なんかに頼らなくても、その自然治癒力を高めてあげれば自然と病気にもならなくなるんです。
また病気になってもすぐに回復します。

人間の豊かさは、お金や物ではないと思います。それどころかお金では買えない心の豊かさこそが、人間本来の豊かさではないでしょうか?

「自分さえ良ければいい」という自分中心の生活ではなく、私たちに豊かな恵みを与えてくれる自然に感謝して、これ以上自然環境、地球環境を破壊することの無いようにしたいと思いませんか?

何かを買うときにも環境に配慮して作られた製品を選んだり、地球温暖化防止のために、買い物にはマイバックを持参したり、ほんとに日々のちょっとしたことからロハスな生活が始まります。

余裕があったら、ヨガや習い事をするのもいいですね!
今まさに読書の秋です。

ロハスな生活はちっとも難しくありません。
さあ、あなたもちょっとロハスな生活はじめてみませんか?

ロハスな生活
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。