サイトマップ

ロハスな生活

京都に暮らして20年あまり、いずれは夫婦どちらかの郷里に帰りたいと思っていましたが、その時がこんなに早くやってくるなんて、本当に思ってもいませんでした。

ちょっとリタイヤには年齢的に早すぎるのですが、6月末で京都を引き払うことになりました。 行き先は信州、私の実家です。^^

認知症が進み介護施設のお世話になっている父や、広い家で孤独に耐えながら暮らしている母のことを思うと、そろそろ潮時かなあ〜と思っていました。

いよいよ、念願の田舎暮らしが始まります。

姉夫婦の稲作の手伝いや野菜作り…
何でも好きな野菜を自分で育てて、収穫できるんです! 
今年の冬には、野沢菜漬けにも挑戦してみたいと思っています。^^

主人は、ビール作りやワイン作りだけでなく、どぶろく作りにも挑戦したいようですし、他にもそば打ちとか、色々したいことがあるようです。

私は、寒い信州の冬を快適に過ごしたいと思い、家中が暖まるような薪ストーブの設置を考えています。 もちろん薪ストーブでピザを焼いたり、パンを焼いたりしたいと思っています。

今は二人ともほとんど食い気に走っていますが、その他にもパラセーリングやカヌー、ショートスキーなど、お遊びのお誘いもたくさんきています。^^;

本当はもう少し先に帰る予定だったので、家のリフォームも手付かずのまま!
引っ越してから、自分たちで壁に漆喰を塗ったり、色々と手を加えて、住みやすい家にしていきたいと思っています。

何しろ、築30年の古民家ですから…

今は引越しの準備でてんやわんやなので、なかなか更新もできませんが、
また落ち着いたら信州から情報発信していきたいと思っています。

京都の自然&風景

二条城へ行くのは中学の修学旅行以来、ライトアップにでかけるのは、実は今年が初めてです。かねよの「きんし丼」でお腹がふくれたので、腹ごなしにはちょうどいい散歩でした。

京都府立植物園の桜はほんの一角でしたが、二条城の桜は見所がたくさんあります。

二条城ライトアップ5
















二条城の桜の園や清流園といった庭園には、八重紅枝垂桜をはじめ、
里桜や山桜など、約50種類400本以上もの桜が咲き誇るそうです。

二条城ライトアップ6
















二条城ライトアップのパンフレットでは、
真っ白な城の周りに、ピンクの枝垂れ桜が満開に咲いていました。

実は、その光景を一目見たいと思っていたのですが…

二条城ライトアップ7






















とんでもない!!

城より高い桜の木なんて、すぐ裏にはありませんでした。^^;
これはちょっと残念!!

主人に「あれは合成だよ!あたり前じゃん!!」と言われ、
「そっか…」と結局、同じ場所を2周して夜桜を楽しんできました。

今年はすでに、ライトアップの時期は終了していますが、
ぜひ一度行ってみてくださいませ。

京都の自然&風景

今年は、知恩院のライトアップや京都・東山花灯路のライトアップと、
次々とライトアップに出かけていますが、

今回は、京都府立植物園のライトアップです。

京都府立植物園の桜1
















この時期は、昼間一度入園し、またライトアップの頃に再入園できると聞き、
まずは昼間のお花見に出かけてみました。

真っ赤なチューリップと桜の共演です♪

京都府立植物園の枝垂れ桜
















ソメイヨシノは満開、紅枝垂れ桜はまだ7分咲きといった感じでした。

京都府立植物園の桜2
















昼間は、家族連れが多かったですが、
夜もまた、たくさんの家族連れで賑わっていました。

実は、夜の植物園に来るのは、今回がはじめて!

京都府立植物園の夜桜1
















東山花灯路の際に使われていた行灯たちがここでも活躍していました。

京都府立植物園の夜桜3
















本当は、もっと幻想的な夜桜…
しかし、写真に撮るというのは、なかなか難しいものです。

京都府立植物園の夜桜2
















強力なサーチライトと、行灯の灯り、そして、携帯のフラッシュの嵐…

桜の花なのか?綿帽子なのか?といった感じでしょうか…^^;
いつか欲しいですね〜 一眼レフカメラ!!

京都の自然&風景

京都は、過去2番目に早い桜の開花宣言をしたにもかかわらず、
雪が降ったり雨が降ったりで、なかなか穏やかな春の陽気が訪れません。

しかし、京都新聞の「桜だより」によると、あちこちで桜の花が満開になってきているようです。その中でも、今年はじめて平野神社の桜を見に行って来ました。

平野神社の枝垂れ桜
















こちらは一重の枝垂れ桜です。
いかにも京都の桜といった感じですね。

平野神社の宮司さんが、
ここには他の場所にはない桜がたくさんあると話していました。

平野神社の境内の様子
















ここは夜桜でも有名なんだそうですが、赤い毛氈が敷かれたたくさんの床机が並べられていて、ちょっとびっくり!

さぞかし夜は多くの人で賑わうことでしょう。

平野神社鳥居の桜
















大鳥居の横には、ピンク色の枝垂れ桜が咲いていました。

平野神社には全部で50種類もの桜が400本もあり、それぞれ咲く時期がずれるので、1ヶ月もの間、桜の花が楽しめるそうです。

また、主人の仕事が一段落したら、一緒にお花見に行きたいと思います。

京都の自然&風景

京都では、京都御苑をはじめ、枝垂れ桜が満開の時を迎えていましたが、
あいにくの雪で、せっかく開いた花もさぞかしびっくりしたことでしょう。

今朝は、桜の花の上にも雪が残るという、
今まで見たこともないような光景を目の当たりにしました。

桜の花の枝先と雪
















桜の花が咲く頃にある花冷えが、雪雲を連れてきたのでしょうか…

今朝は、いつもより早く目が覚めてしまったので、
気になる外の様子を見に、珍しく一人で散歩に出かけました。

桜の花と雪
















まだ、太陽が昇って間もない頃だったので、あちこちに雪が残っていました。

桜の写真はたくさんありますが、
雪を被った桜の花の写真は、はじめてかも?

椿の花と雪
















こんな日は、金閣寺は大賑わいだろうなあ〜、と
昨年のお正月のことを思い出しながら、しばし近所を散策。

椿の花にかかる雪は見慣れたいつもの光景。
午後になっても気温は上がらず、今日のお花見は断念しました。

昨年の雪の金閣寺の写真はこちら→京都冬景色@金閣寺

京都の自然&風景

先週末から行われている 『京都・東山花灯路』 ですが、知恩院でも
『春の友禅苑ライトアップ』が行われているというので行ってきました。

東山花灯路がはじまったときは、まだつぼみだった知恩院の枝垂れ桜も、
見事な花を咲かせていました。

知恩院友禅苑の枝垂れ桜













この春、初めての夜桜見物で桜を堪能してきました。

春の東山花灯路も、秋の嵐山花灯路も、桜と紅葉の時期を外して行われるのですが、今年はちょうどよい時期だったようです。

知恩院友禅苑のライトアップ













実は、円山公園でも、ライトアップされていない桜の花が咲いていました。

せっかくならライトアップしてあげればいいのに!と思いましたが、この後桜の時期になると、当然ライトアップされるので、それまではそっとしておいてあげるのもいいかも?と思いました。

円山公園の桜













京都市民は、なかなか寒い夜には出かけることはないと思いますが、
やはり寒いとは言え、ここはたくさんの観光客で賑わっていました。

石塀小路の行灯













東山花灯路では、全部で7種類の行灯が使われています。
それぞれ違う行灯の違った灯りを見るのも、また楽しいですよ。

石塀小路の石行灯













知恩院をはじめ、周辺の寺社仏閣のライトアップは有料ですが、
やはりそれだけの価値はあると思います。

京都・東山花灯路は3月22日(月休)までです。
夜はまだまだ冷えますので、暖かくしてお出かけくださいませ。

京都の自然&風景

今年の梅雨は、本当に雨が降りませんね。
ちょっとロハスな生活してますか?

今年も、京都市左京区にある高野川や岩倉川で蛍を楽しんできました。
ホタルの数は、年々減ってきていると言われていますが、それでもたくさんいましたよ!

雨が少ない年はホタルが多いと主人が言っていましたが、ちょうど日曜の夜だったので、家族連れで蛍を楽しむ人たちもたくさんいました。

毎年のように、ホタルを求めて川原沿いを散歩していますが、今年は、高野から岩倉まで約2時間、ホタルと戯れながら散歩してきました。

ホタルの幻想的な光に誘われて、ついついあちこち寄り道してしまいましたが、いいウォーキングダイエットにもなりました。^^

以前にも、紹介しましたが、全国の休暇村でも「ホタル鑑賞会」などが楽しめるようですし、京都や滋賀県でもホタル鑑賞会などのイベントが行われています。

ホタルは、田園地帯の小川や渓流に生息していますが、水がきれいでないと生きていけません。

ところで、ホタルは何を食べて成長しているのかご存知ですか?

ホタルが幼虫の時に食べるのは、川底に住むカワニナという巻き貝です。
このカワニナもきれいな水や清流のある場所にしかいません。

休暇村では、地元の人たちと一緒に河川の清掃などを行って、ホタルを守るという取り組みをしているところもあるようです。

また、ホタルを通して自然の大切さを学ぶという活動も行われています。

ホタルの写真を何枚も撮ったのですが、残念ながらアップできるようなものがありませんでした。^^;

お近くにホタル鑑賞スポットがある方は、ぜひ出かけてみてくださいませ。

休暇村で楽しむホタル鑑賞会

京都の自然&風景

名古屋から各駅で京都へ戻り、駅から歩いて清水寺へと向かいました。
途中、仕事終わりの主人と待ち合わせをして、八坂の塔に向かって歩き、
そこから三年坂を登って行きました。

清水寺には、もう随分前に行ったきりで、かれこれ20年近くは足を延ばしていなかったと思います。途中、お土産物屋さんをのぞきながら、まるで二人ともおのぼりさん気分でした。

清水寺の舞台と塔













毎年、いつかは夜桜を見に行きたいと思っていたのですが、これでようやく念願が叶いました。本当は母を連れて行きたかったんですけどね、夜は早く帰りたいというので断念しました。

清水寺の夜間拝観は、昼間の拝観が終了してから一度閉門し、午後6時から再び開門されるのですが、余りの人の多さにこの日も、少し早くオープンしていました。

ライトアップの清水寺の塔

















ちょうど日が沈みかけて、西の空が赤く染まっていました。
今年の清水寺の夜間拝観は、4月12日(土)まで。

日本人だけでなく、外国人の姿が多いのにもびっくりでした!

ライトアップの清水寺の塔と桜













清水寺の池と桜のライトアップ













清水寺の池と桜の花びら













本当は、もっときれいなんですよ!
やっぱり、実際に目で見るようには撮れませんね。^^;
デジカメでは限界があります。

ライトアップは、桜の時期より、紅葉の時期の方がもっとキレイかもしれません。それか、もっと桜の花が映えるような光を当てて欲しいと思いました。

でも、桜の花にとっては、夜に光なんて迷惑な話かもしれませんよね。
本当なら、そっとしておいてあげたほうがいいんじゃないの?とか思ったりして…

桜さんたち、ご迷惑をお掛けしました。
また、来年お会いしましょう♪

京都の自然&風景

京都では、毎年桜の時期は途中で雨が降り、桜の花びらが早く散ってしまうことがあるのに、今年は雨も降らず、本当に毎日良いお天気が続いています。
春というよりも、初夏のような陽気です。

ちょっとロハスな生活してますか?

蹴上インクラインの桜一昨日まで実家の母が上京していて、京都で初めてのお花見を楽しみました。

母はもう80歳、杖か手押し車がないと、ひとりでは歩けないほどになってしまったので、上京はもう無理かなあと思っていたのですが、「京おどり」のご招待券をいただいたので、思い切って誘ってみました。

最初は無理だと諦めていたのですが、本人がその気になり実現しました。

父の介護があるのでたったの2泊3日でしたが、岡崎疎水で十石舟に乗ったり、舞妓さんや芸妓さんが踊る「京おどり」を見て、堪能して帰りました。

岡崎疎水で十石舟が運行されていることは以前から知っていたのですが、こういう機会でもなければ、わざわざ乗ろうとは思わなかったでしょうね。

実はこの十石舟とっても人気があって、お昼くらいには乗船券が売切れてしまうほどなんです。でも、乗船券の発売は当日のみなので、主人が仕事前に早めに出て、チケットを買ってくれました。

岡崎疎水の桜













歩けない母に、なんとか歩かずにお花見を楽しませてあげたくて、この舟に乗せてあげることを思いつきました。

本来は朝9:30〜、夕方16:30までの運行予定でしたが、余りの人気に、
朝は8:30〜、夕方は17:30まで運行を延長していました。

十石舟は、5月の連休まで運行していますが、どうせ乗るなら今の桜の時期がおススメです!

宮川町川端の桜













それから、ちょっと早めのお昼を済ませ、いよいよ宮川町の歌舞練場で上演されている「京おどり」を見に出かけました。

京都に住んでいても、やはり余り馴染みがないですよね、舞妓さんとか芸妓さんて、それこそこんな機会でもなければ、一生お目にかかれません。

今回の母の京都の旅は、初めて尽くしでした。

以前から、一度でいいから「新幹線」に乗ってみたいと言っていたので、京都から名古屋までのたったの35分でしたが、「のぞみ」に乗って、子供のように喜んでいました。

もちろん、母ひとりで新幹線に乗って名古屋で乗り継いで帰るなんて無理ですから、一緒に名古屋まで行って特急列車に乗せて、出発を確認してから帰ってきました。

そして、私は清水寺の夜間拝観へ…

京都の自然&風景

先日、実相院門跡に行った後、雪景色の金閣寺を見たいと出かけたのですが、実はその時は一足遅く、金閣寺に積もった雪はとけていました。

朝のうちは、まだ雪が残っていたようですが、太陽が当たり出して、とけてしまったようです。

もちろん、雪がなくても金閣寺はとっても美しかったのですが、今日また雪が降ったので、今朝はオープン時間に間に合うように出かけました。

それにしても、すごい人です。
やっぱりみんな雪の金閣寺を観たいのですね。

それはもううっとりしてしまうほど、綺麗でした。

今回は、撮影した金閣寺の写真をスライドショーにしてみましたので、お時間がある方はご覧くださいませ。



まだまだ編集がいまいちですが、金閣寺の美しさが伝わればと思います。

ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。