サイトマップ

ロハスな生活

信州に引っ越してから早半年、今年も残すところ後2日となりました。

京都のマンション暮らしとは違い、家が広くなった分一日の運動量が増え、
特にダイエットをせずとも3キロ以上痩せてしまいました。^^

今年の夏は何十年か振りに夏バテ知らずの快適な夏を過ごすことができましたが、やはり冬は寒いです。ここのところ毎日氷点下の気温が続いています。

もちろん、この寒さを乗り切るために家をリフォームし、薪ストーブを入れたのですが、築30年の実家は隙間風だらけで、ストーブをガンガンに焚いてもちっとも暖くなりません。

11月は毎週のように山に入り、間伐材を切り出しては薪作りをしていました。
慣れない山仕事に2人とも体がついていきません。^^;

足場の悪い山歩きや丸太を引き抜いては運ぶ作業で、至るところに打ち身や青あざができ、初めて使うチェーンソーや丸ノコの使い過ぎで、主人は右肘がけんしょう炎、私は両手がしびれたままです。

ようやく来春までの薪の調達ができたかな?ということで今年はもう仕事納めのはずでしたが、明日最後の薪運びが待っています。^^;

雪が降らないことを祈っていますが、窓の外ではしんしんと雪が降っています。

扇沢













もっと早くブログの更新をしたいと思いながら、時間的な余裕も気持ちの余裕もなく、とうとう年末になってしまいました。

こんな私を横目に見ながら、主人は、毎日どぶろく作りやビール作りにいそしんでいます。そのお陰で毎晩おいしい手作りビールやどぶろくを嗜んでいられるわけですが…

来年こそはもう少し本腰を入れてブログの更新をしたいと思っています。
何しろ信州には美味しいおそば屋さんや素晴らしい温泉がたくさんありますから、ぜひぜひご紹介したいと思います。

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

ロハスな生活

京都に暮らして20年あまり、いずれは夫婦どちらかの郷里に帰りたいと思っていましたが、その時がこんなに早くやってくるなんて、本当に思ってもいませんでした。

ちょっとリタイヤには年齢的に早すぎるのですが、6月末で京都を引き払うことになりました。 行き先は信州、私の実家です。^^

認知症が進み介護施設のお世話になっている父や、広い家で孤独に耐えながら暮らしている母のことを思うと、そろそろ潮時かなあ〜と思っていました。

いよいよ、念願の田舎暮らしが始まります。

姉夫婦の稲作の手伝いや野菜作り…
何でも好きな野菜を自分で育てて、収穫できるんです! 
今年の冬には、野沢菜漬けにも挑戦してみたいと思っています。^^

主人は、ビール作りやワイン作りだけでなく、どぶろく作りにも挑戦したいようですし、他にもそば打ちとか、色々したいことがあるようです。

私は、寒い信州の冬を快適に過ごしたいと思い、家中が暖まるような薪ストーブの設置を考えています。 もちろん薪ストーブでピザを焼いたり、パンを焼いたりしたいと思っています。

今は二人ともほとんど食い気に走っていますが、その他にもパラセーリングやカヌー、ショートスキーなど、お遊びのお誘いもたくさんきています。^^;

本当はもう少し先に帰る予定だったので、家のリフォームも手付かずのまま!
引っ越してから、自分たちで壁に漆喰を塗ったり、色々と手を加えて、住みやすい家にしていきたいと思っています。

何しろ、築30年の古民家ですから…

今は引越しの準備でてんやわんやなので、なかなか更新もできませんが、
また落ち着いたら信州から情報発信していきたいと思っています。

冨士子のコラム

新年、あけましておめでとうございます。


北アルプス











あっという間に今年も1週間が過ぎてしまいました。
ちょっとロハスな生活してますか?

今年のお正月は、例年通り、実家がある信州で過ごしました。
大晦日、主人が仕事から帰ったのは翌朝6時。地下鉄の始発でした。
それから寝る間もなく、高速バスに乗って、帰省。

雪は、思ったほど多くありませんでしたが、山は毎日しぐれていて、北アルプスが顔を見せてくれたのは4日目でした。やっぱり信州に帰ったからには、この山をどうしても、ひと目でもいいから見たいと思ってしまうのです。

今年は、白馬塩の道温泉と葛温泉に行ってきました。
お正月だというのに、人も少なく、のんびりできました。
おまけに、安曇野穂高温泉郷の八面大王の足湯にも行ってきましたよ。^^

昔は、お正月は初詣に行くくらいで、あとは家でのんびりしていたものですが、お正月からお蕎麦を食べに行ったりと、食べてばかりいたような気がします。

信州そば













きっと体重増えてるかもなあ〜なんて思ったわりには、変化なしでした。

できれば、大晦日から家族揃って新しい年を迎えたいなあと思います。
そんな日が、近い将来、きっと来ることを願って!

2009年は、毎日毎日を大切にしたいと思います。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

信州の自然&風景

先日、祖母の法事で帰省したのですが、その時、今年初めて北アルプスとご対面しました。今年のお正月、山はずっとしぐれていたので、その姿をみることができなかったのです。

ちょっとロハスな生活してますか?

4月の北アルプスちょうどこの日は青空が広がり、雪山がくっきりと浮かんでいました。子供の頃から、毎日この山を見ながら育ってきましたから、やっぱりホッとします!故郷の景色というのは、歳を重ねるごとに身にしみてきますね。

ちょうど京都では桜が満開でした。
信州では、まだこれから桜の季節が訪れようとしています。

帰省したその日も、実家の辺りではまだ雪が舞っていたらしいです。
それなのに、こんなにたくさんの、『ふきのとう』をいただいてしまいました。

ふきのとう
もちろん、その場ですぐに天ぷらにしていただきました〜!サクサクしてあまりにおいしいもので、写真を撮るのも忘れていました。^^;

残りのふきのとうはやっぱり『ふき味噌』ですね!
あのほろ苦さが何とも食欲をそそります。
子供の頃は苦くて食べれなかったのに、こんなにおいしいと思えるなんて…

ふき味噌
ちょっと見た目はよくありませんが、手前の麦味噌で作りました。
この麦味噌がまたおいしいのなんのって、やっぱり味噌は手作りに限ります。^^

おいしいものを食べている時って、なんて幸せな気分になれるんでしょう!そう思いませんか?

手作り味噌は、思ったよりも簡単にできますから、ぜひ一度挑戦してみてくださいね!

手作り味噌を作ろう!

ロハスな食事

主人が連休で、主婦業をちょっとさぼっています。
ちょっとロハスな生活してますか?

この時期、食卓に欠かせないのが、実家で漬けた野沢菜です。
ご飯のおかずに、お茶受けに、晩酌のおつまみに、と何にでもよく合う野沢菜!主人も私も大好きです。
野沢菜
野沢菜は、各家庭でその味が違いますし、毎年味も変わります。
昨年はとても大きな株が育ったようで、立派な野沢菜漬けになっていました。

信州では、お茶と一緒に必ずこの野沢菜が出されます。
ほれほど信州人は野沢菜漬けが好きなんですよねえ…

野沢菜は古漬けになったら塩抜きをして炒め煮にしてもおいしいですし、
その炒め煮をおやきに入れて焼いてもおいしいんですよ!

祖母が元気だった頃は、このおやきをよく作ってくれました。家で作るおやきは蒸し器で蒸かして作りますが、祖母の実家の方では灰の中を転がして作ります。

「はい(灰)っころがしのおやき」なんて食べたことありますか?
子供の頃はちょっと苦手でしたが、現在流行っている蒸したおやきよりはおいしかったかなあ?

実家では、野沢菜と同じ頃、大根もぬか漬けにします。
実家の方では、「だいこん」といわずに、「だいこ」と言います。
ちなみに、主人の実家では「でえこ」や「でこ」というそうです。

だいこ米ぬかには炭水化物やミネラル、ビタミンが豊富に含まれています。

そして、これらを栄養にして乳酸菌や酵母が繁殖、それが漬けた野菜に移るので、ぬか漬けには、生の野菜にはなかった栄養素が加わります。

その上、生野菜の持つビタミンCも失われにくいので、生のまま野菜を食べるよりもずっと栄養価が高いんですよね!

生のままの大根とぬか漬けした大根を比較してみると、ビタミンB1は16倍、B2は4倍、B6は6倍、カルシウムは2倍になるという、驚きのデータも得られているそうです。

やっぱり日本人にはお漬物ですよねえ!
おいしい漬物を食べている時は、ホント日本人でよかった〜!と思います。

でも、食べすぎは塩分の取りすぎになりますから、気をつけましょう!

野沢菜@信州のお漬物
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。