サイトマップ

手作り

信州の冬に欠かせないのが、野沢菜漬けです。
野沢菜は11月中旬頃から収穫されますが、本漬けをするのは霜が降りてから。

残念ながら今年は、姉が蒔いた野沢菜が不作だったので、我が家で漬ける分は親戚の家から分けてもらいました。 丈の長い立派な野沢菜でした。

野沢菜1













私が、野沢菜を漬けるのは今年が2度目ですが、
味は、調味料の分量や、保存場所によっても変わってきますので、
よく各家庭毎に違うと言われています。

野沢菜はまず、葉先を切り落として、大きな株には切り目を入れます。

野沢菜 













上の写真、右側が葉先を切り落としたもの。

次に野沢菜を洗いますが、野沢温泉辺りでは、共同の温泉場でみんなで一緒に洗っている様子がよくテレビで放映されていますが、ここではそうもいきません。

お湯で洗うと野沢菜が柔らかくなって、漬けるときにも折れないそうなので、
私もお湯で洗おうと思ったのですが、今どきは、普通のホースが接続できる水道の蛇口が無くなって、実家でもたった一箇所家の裏側にあるだけ、仕方なくそこまで洗い桶を運び、洗うことにしました。

野沢菜漬け調味料













野沢菜漬けは、塩漬けが一般的ですが、最近では醤油漬けも流行っているようです。

まずは、定番の塩漬けです。
使う塩は、野沢菜の量の3〜4%、それに生姜、唐辛子、昆布です。

漬物桶に野沢菜を並べては、塩、生姜、唐辛子、昆布を振り、また並べては同じことを繰り返します。 この他に、柿の皮を入れる人もいます。

これでだいたい野沢菜が20キロ。

野沢菜の塩漬け













そして、漬け込んだ後は、一気に水が上がるように、漬けたお菜の量の3倍の重石を載せます。 結構これが重労働なんです。

野沢菜漬け重石













今年は、漬けた翌日にはもう水が上がってきました。
それから、なるべく寒い場所で漬け上がるのを待ちます。

塩漬けの他に、わさび風味の野沢菜漬けに挑戦しようと思ったのですが、
レシピが発見できず、自分で勝手にわさびの粉を使って漬けてみました。

塩漬けの方は、まだ漬かり方が浅いですが、なかなか美味しかったです。

わさび風味の野沢菜は、残念ながらいまいち…でしたので、
これからどうしようか、思案中です。

手作り

雨が降ったり止んだりのお天気が続きましたが、今日はまた暑いですね。
ちょっとロハスな生活してますか?
泥付きらっきょう
我が家御用達の自然食品のお店は、大手の全国チェーンで自然食品を扱っている「ナチュラルハウス」と地元でお世話になっている「ヘルプ」の2件です。

大手は大手のメリット、地元は地元のメリットがあります。

今年の泥つきらっきょうは地元の自然食のお店「ヘルプ」で注文しました。千葉県産のらっきょうです。らっきょうは、あまり食べた経験がなくて、いわゆる食わず嫌いだったのですが、一度手作りした時からやみつきになってしまいました。

今回も、まだ塩漬けの段階なのですが、これがまたおいしいのなんのって!らっきょうってこんなにおいしかったの?と思いながら、晩酌のお供にされています。

泥つきのらっきょうは洗うのにとても時間がかかります。でも、洗いらっきょうはそのまま使えて簡単ですが、どうしても買う気にはなりません。もちろん自然食品のお店には洗いらっきょうは売っていませんからね。

洗いらっきょう6月は本当にいろいろ忙しいですよね!梅酒に梅干し、らっきょうにびわ…
実は今日も、びわの葉を洗うのに何時間も費やしてしまいました。

びわがガン予防に効果があるってご存知でしたか?
私も昨年、義姉に聞いて、びわ酒を作ったのですが、今年はびわ葉茶にも挑戦したいと思います。

びわの果肉は食べても、種は捨てないでくださいね!びわ酒の作り方、びわ葉茶の作り方はまた次回にご紹介したいと思います。

ロハスな食事

ちょっとロハスな生活してますか?

土付きらっきょうを塩水に漬けてから2週間が経ちました。
今年、生まれて初めてらっきょうを漬けました。

らっきょうって本当は食わず嫌いであんまり好きじゃなかったんですよね!
でも、いつだったか勧められて食べてみたら結構おいしくて、一度漬けてみようと思ったのが昨年のこと。

スーパーなどで売っているらっきょう漬けは、化学調味料や添加物がいっぱいです。ロハスな食事で健康生活を送るためには、材料を選び、調味料も吟味して手作りするのが一番です。

昨年は漬けるはずのらっきょうをすべて塩漬けの段階で食べきってしまい、漬けるらっきょうがありませんでした。でも今年は2キロのらっきょうを買いましたので、1.5キロほどは残っています。

らっきょうを漬けるにあたり、やっぱりこだわりたいのが酢と砂糖ですよね!

酢は、先日ご紹介した「有機純米酢 老梅」を使います。
ちょっと贅沢ですが、ここは出費を惜しまず、これでなくては!

今回砂糖は、黒糖ではなくて「きび砂糖」を使うことにしました。
きび砂糖には、黒砂糖に負けないくらいミネラルが豊富に含まれています。

ミネラルは脂肪燃焼や新陳代謝には必要不可欠です。ミネラルをより摂取することで脂肪燃焼や新陳代謝がさらに促進されます。

きび砂糖はロハスダイエットにはもってこいのお砂糖ですね!

調味液の作り方、らっきょうの漬け方は以前の記事を参考にしてくださいね。

らっきょうの漬け方

らっきょうは調味液に漬けてから4〜5日頃から食べられます。
ちょうど実家に帰る用があるので、ちょっとお裾分けしてきます。

らっきょう漬け

手作り

今年もまたらっきょうの季節がやってきました。
ちょっとロハスな生活してますか?

この時期、よくスーパーなどで見かけるのは「洗いらっきょう」なのですが、
我が家御用達のらっきょうは「土付きらっきょう」です。

今年は、宮崎県有機農業研究会の小泉さんたちの省農薬の「土付きらっきょう」を近くの自然食品のお店で注文しました。

昨年はこの土付きらっきょうを2キロ買って、洗っている途中で嫌になってしまいましたが、今年は一度に2キロ洗わずに、1キロずつに分けて洗いました。

そのたった1キロしかなかった「らっきょう」は塩漬けの段階で食べきってしまったので、今年は最初から、1キロは塩漬けで食べて、もう1キロは漬けてから食べる計画です。

らっきょうの漬け方は以前記事にもしましたのでそちらをご覧ください。

らっきょうの漬け方

次は梅酒と梅干を作る番ですね!
もちろんこちらも有機栽培農産物で梅酒用の青梅と、梅干用の南高梅を注文しました。

手作り

らっきょうを、塩水に漬けてから…
2週間くらい冷暗所に置いて、今度は調味液に漬けます。

2週間後が楽しみです。
と、6月に書いたのですが…

結局、塩漬けにしたらっきょうは、調味液に漬けることなく、酒の肴になって食べられてしまいました。これがなんとも美味しくて!日本酒のアテにピッタリでした。

ああ〜あの時、もう1袋頑張って洗っておけば良かった!と後悔先に立たずです。食べず嫌いのらっきょうがこんなに美味しいものだなんて大発見でした。

来年は絶対もっとたくさん作ります。
らっきょうはカレーのおともにも打ってつけ!

それでは、改めてらっきょうの漬け方です。

らっきょうの漬け方

1.水700mlに塩150gを溶かした塩水に、よく洗ったらっきょうを漬けます。
2.約2週間冷暗所に置き、時々上下をまぜます。
3.一昼夜流水にさらして、少し塩分が残る程度に塩抜きし、ザルにあげて水を切ります。
4.鍋に湯を沸かし、沸騰したら火を止めて、らっきょうを入れ、10秒間浸してザルにあげ、冷まします。
5.容器に入れて、調味液を浸るまで入れます。4〜5日頃から食べることができますが、時間がたつ程おいしくなります。(約1ヶ月頃から)冷暗所もしくは、冷蔵庫で保存してください。

調味液 (らっきょう1kgに対して)
水  150ml
砂糖 250G
食酢 350ml

ひと煮立ちさせて冷ましておく。
これは代表的な作り方です。お好みに応じて工夫してくださいね!
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。