サイトマップ

手作り

梅雨が明けた途端、毎日厳しい暑さが続いていますが、ちょっとロハスな生活してますか?朝顔とゴーヤのグリーンカーテンも着々とツルが伸びています。

今年も、青梅を8キロ注文しました。
ここ数年お世話になっていた自然食品のお店で注文し忘れたお陰で、それよりお得な青梅をゲットすることができました。しかも、有機栽培の青梅です。

有機栽培青梅













奈良吉野の有機栽培【青梅】(南高梅)4kg(箱入り)

昨年は不作で販売はしていなかったようですが、
今年は豊作だったんですね〜♪

本当は梅干用には南高梅を、梅酒用には白加賀を注文したかったのですが、南高梅でも梅酒OKだったので、今年は南高梅で梅酒を作ることにしました。

いつもなら梅干し用に4キロ、梅酒用に1キロあればいいのですが、1箱4キロ入りだったので、結局2箱8キロも買ってしまいました。 5キロは梅干し用に、1キロは主人が作る泡盛黒糖梅酒に、1キロは梅サワーを作ることに、そして最後の1キロは、何にしようか迷ったあげく、梅味噌を作ることにしました。

左から、梅酒、梅サワー、梅味噌です。

梅酒 梅サワー 梅味噌













そしてこちらが、1週間後の梅3種類。
梅と味噌、砂糖が混ざっていい感じになってます。

青梅3種 1週間後













実は届いた時、本当に青くて、いつもの梅のいい香りがしませんでした。
これって早過ぎない?とか思いながら、梅干し用には数日置いて匂いがしてくるのを待ちました。すると、ほんのり甘くいい〜香りがしてきたので、梅干しの下漬けをしました。

今回、何を作ろうか迷った最後の1キロですが、「梅味噌ドレッシング」というレシピがあると知り、美味しそうだったので、挑戦してみました。
梅の味噌漬けもご飯のおかずになるようです。他には、梅肉エキスも作ってみたいと思ったのですが、また来年挑戦してみたいと思います。

手作り

今年も手作りみその仕込みの時期がやってきました。
ちょっとロハスな生活してますか?

先月、いつものように自然食のお店で、大豆とこうじを注文しました。
今年の大豆は、北海道産のJAS認定有機栽培大豆です。こうじは白米。
量はそれぞれ1キロずつです。

煮大豆いつものように大豆は洗って一晩水に漬けておきます。それをことことと3〜4時間煮ます。圧力鍋を使うと時間が短縮されていいのですが、いろいろ他のこともしながらなので、私には普通の鍋の方がちょうどいいんです。

やわらかくなった大豆をザルにあけて冷まします。それからつぶしにかかります。いつもはビニール袋に入れて足でつぶしたりするのですが、今年は手で… 結構時間がかかってしまって疲れました。

塩とこうじをよくばらして混ぜたところに、つぶした大豆を加えてよく混ぜます。
そしてみそ玉を作ります。(これは空気を抜くためです)

みそ玉あとは保存容器に、すき間がないように詰め込んでいきます。私はいつもビニール袋に入れてからタッパーに保存しています。

本当なら、みそが呼吸できるように、瓶(かめ)や樽の方がいいんですけど、梅干用の瓶だけでも3つあるんですよ!これ以上増えると保存場所に困ってしまうので、積み重ねができるものを利用しています。

昨年は、米みそと、麦こうじを使った麦みそを仕込んだのですが、まだその米みそが少し残っています。そして麦みそはちょっと味見しただけでほとんど残っているので、今年は1キロだけにしました。

麦みそこれは昨年仕込んだ麦みそです!
いい色になってます。

今年はこの麦みそが我が家の主役です。
もっと詳しいみその作り方は、
昨年の記事を参考にしてくださいね!

手作り味噌の作り方

手作り

実家に帰りロハスな生活を満喫してきた、管理人の冨士子です。

毎年、梅干し用の梅は自然食品のお店(ナチュラルハウス)で有機栽培農産物の南高梅を注文しているのですが、今年は7月に入っても届きません。お天気のせいでしょうか?

7月初旬は実家に帰る用事があったので、できるだけ6月中に届くようにお願いしていたのですが、案の定私の留守中に届いてしまいました。

おまけに主人は仕事が忙しく帰ってくるのも夜中の12時過ぎ、かわいそうに南高梅はまる2日も宅急便のトラックの中に置かれたままだったのでしょうか…

でも箱を開けるなり、桃のようなあまーい香りがして、それを水に漬けている間も部屋には甘い香りが立ち込めていました。主人が帰ってくるなり、「桃のいい匂い!」と叫んでいましたが、その正体は実は南高梅でした。

また、今年の南高梅はとってもいい出来映えでした。いつもなら届いた梅の中の2〜3個は腐りかけの梅が入っているのですが、今年はそんな梅はひとつもありませんでした。

さて、何をおいても梅干しを作るのが最優先です。梅干しつくりには段階があり、まずは下漬けからです。

おいしい梅干しの作り方は以前の記事を参考にしてください。

おいしい梅干しのつくりかた

それでは、私が毎年注文している有機栽培「青梅」生産者のご紹介です。

谷迫さんグループの青梅(MOA自然農法 吉野普及会)

谷迫さんグループは、奈良吉野で有機質の堆肥を中心に40年余りにわたり有機栽培に取り組んでいます。梅は山間の傾斜で栽培され、管理や収穫は大変な作業だそうです。谷迫さんグループの青梅は皮のしっかりした、肉質が柔らかくうまみ成分が豊富な梅です。

梅の下漬け@梅干しの作り方

手作り

この時期、手作りが楽しいのもロハスな生活です。

らっきょうの塩漬けから数日後、自然食品のお店から、梅酒用の青梅が入荷したと連絡がありました。

今年の梅は、梅酒用も梅干用も、全てナチュラルハウスに注文しました。
梅酒用の青梅は、奈良県吉野産の有機栽培の青梅です。品種は白加賀。
ラベルには、「有機質肥料100%で栽培」とありました。
もちろんJASマーク付き。

ここ数年、我が家の梅酒作りは主人の仕事だったのですが、今年は青梅の入荷と主人の仕事の予定が合わず、私が梅酒を作りました。

もちろん、いつも通り沖縄の泡盛の古酒(く〜す)を使いました。
そして、氷砂糖の代わりに黒砂糖を使い、ちょっといつもより分量を少なめにしました。

毎年、最後の方になると、梅酒がものすごく甘いので、今年は砂糖の量をちょっと控え目にしてみました。

おいしい梅酒の作り方は以前の記事をご覧ください。

梅酒の作り方
梅酒

写真左が昨年作った梅酒です。
我が家では梅は入れっぱなしです。
写真右が今年の梅酒。

飲むなといっても飲むのですから、少々値段が高くついてもやっぱり有機栽培の安全な青梅にこだわって梅酒を作りたいと思います。

手作り

ロハスな生活の楽しみ方は人それぞれですが、私は何でも手作りするのが大好きです。

2月と言えば、一年で一番寒い時期のはずなのですが、今年は本当に暖冬ですね!この時期に欠かせないのが、手作り味噌の仕込みです。

今年は、いつもお世話になっている自然食品のお店で、山形産のJAS認定有機栽培大豆を2Kg注文しました。

手作り味噌は、同じ有機栽培大豆を使った市販の味噌とは、比べ物にならないくらい味が違います。何ともおいしいんですよこれが…

毎年、大豆1キロ分しか味噌を作っていなかったのですが、今年は、米こうじを使った米味噌と、麦こうじを使った麦味噌に挑戦してみたいと思います。

手作り味噌の作り方             

daizu
材料
大豆       1Kg
米こうじ    1Kg 
塩 500g

※麦みそは、米こうじの代わりに麦こうじが約1Kgです。

1.大豆をよく洗い、たっぷりの水に一晩漬けておきます。(3倍くらいに膨らむので大きめの鍋に水を大目に入れます)

2.翌日、大豆がかぶるくらい水を足し、柔らかくなるまで煮ます。(最初は強火で、沸騰したら弱火に。時々かき混ぜ、あくを取り、吹きこぼれたり焦がさないようにします。)柔らかくなるまでだいたい3時間半から4時間くらいかかります。

3.親指と小指でつまんでつぶれるくらいの柔らかさになったら、ザルにとって煮汁をよくきります。(煮汁は捨てないでとっておいてね)

4.二重にしたビニール袋に大豆を入れ、つぶが目立たなくなるまで足でよく踏みつぶします。(熱いので厚めの靴下をはいてね!この時、ビニール袋の口は閉めないで空気を抜きながら踏んでください)

miso5.つぶした大豆をソフトボール位の大きさに丸めて人肌くらいまで冷まします。

6.大き目のボールか、すし桶にこうじを広げ、手でよくもみほぐし、塩を混ぜ合わせます。

7.大豆を加え、よく練り合わせます。(ぼろぼろして硬いようなら煮汁を少し加えてください)

8.混ぜ終わったら、再びボール状にしてミソ玉を作ります。

9.熱湯で消毒したカメの底に塩を少々ふり、カメの中にミソ玉を投げ入れては、すき間なく詰めていきます。(木樽や、ポリバケツを使う場合は、ビニール袋を敷きつめてから入れてください。)

10.全部詰め終わったら、表面に塩を軽くふり、空気が入らないように蓋をします。涼しい場所に置いて、1〜2ヶ月したら食べられます。

今年は主人の休みの日を狙って、手前ミソを仕込みました。いつもの2倍の量ですから、私ひとりなら倍の時間がかかります。今年は、主人の手あかたっぷりの手前ミソが食べられます… ハハハ

手作り味噌を作ろうと思ったきっかけは、実は「クッキングパパ」 なんですよ!
「クッキングパパ」なら漫画を見ながら料理が簡単に作れちゃいます!
特に料理の苦手の方にはおススメです。

手作り味噌の作り方は「クッキングパパ」の40巻です。

ロハス ダイエット

ダイエット オーガニックスタイルとは、
簡単に言うとオーガニック(有機栽培)の食物をとって、美しく健康的に痩せよう!というものです。

一般に行われているダイエットが体重減少のみに焦点を当てているのに対してこのダイエットオーガニックスタイルは体内環境を改善し、体の各々の機能を高める手助けをします。それによって上昇した基礎代謝・免疫力は私たちの体をより健康に導きます。

いつも私たちが食べている食品には様々な添加物、農薬などの有害物質が含まれています。日頃から頻繁に外食・コンビニ弁当・お菓子・インスタントラーメンなどを摂取していると、体の本来あるべき機能が正常に働かなくなります。

そして日々、これらの食品から体内に毒素が蓄積し、肌あれ・アトピー・便秘などの諸症状を引き起こしているのです。

このダイエットオーガニックスタイルは、その自然の恵みによって育てられた栄養たっぷりの食材を摂取することで、人間が本来持っている生命力・自然治癒力を高め、新陳代謝を活発にさせて、健康的にダイエットを行おう!という、まさに今の現代人に一番求められている本物のライフスタイル・体に優しいダイエットスタイルなのです。

あなたの体も、私の体も、基本的には食物から栄養を吸収することで機能しています。つまり、正しい食生活を行えば、必然的に色々な変化が起きてきます。まさに、「体は食べ物から出来ている」という考えをもとに、健康的で内面から美しい体を作り上げていくことが出来るのです。

つまり体が本来の健康的状態を取り戻し、機能が高まった結果として、「必然的」に痩せるというわけです。

ダイエットオーガニックスタイルは、私たち人間の「原点」を見つめた
「自然の摂理にかなったダイエット」です。

ダイエットオーガニックスタイルで「本当に美しいカラダ」を手に入れましょう!
ロハスな生活 プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。